推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
掲載内容を修正する
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
検索条件は引き続き有効です。
表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。
行き方を確認
住所: Campo S. Geremia 275, 30121 Venice, Italy
電話番号: 39 41 5242812
サイト

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

すべての16口コミを見る
訪問者の評価
  • 5
    とても良い
  • 9
    良い
  • 2
    普通
  • 0
    悪い
  • 0
    とても悪い
黄金の食器が沈んでいるかも

スペイン・カタロニアの商人出身のラビア家の屋敷で、 豪華な宴会を開き、宴に使った黄金の食器を 「それを持っていようと居まいと、(ラビア・オ・ノ・ラビア)私は常にラビアだ!」と叫びながら 窓から運河へと投げ込んだと言う逸話の残っている屋敷です。 一族の繁栄ぶりを見せ付けたと言う事ですが、あらかじめ運河に網を張り、後で皿を回収できるようにしていたという噂... 続きを読む

3 / 52015/03/12に投稿しました
h_show
,
北九州市, 福岡県
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 16 件の口コミ

日付 | 評価
  • イタリア語から
  • ポルトガル語から
  • ロシア語から
  • 韓国語から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
北九州市, 福岡県
プラチナレビュアー
515件の口コミ 515件の口コミ
観光名所についての 441 件の口コミ
217人が「役に立った」と評価 217人が「役に立った」と評価
3 / 5 2015/03/12に投稿しました

スペイン・カタロニアの商人出身のラビア家の屋敷で、 豪華な宴会を開き、宴に使った黄金の食器を 「それを持っていようと居まいと、(ラビア・オ・ノ・ラビア)私は常にラビアだ!」と叫びながら 窓から運河へと投げ込んだと言う逸話の残っている屋敷です。 一族の繁栄ぶりを見せ付けたと言う事ですが、あらかじめ運河に網を張り、後で皿を回収できるようにしていたという噂... その他 

この口コミは役に立ちましたか? はい

Palazzo Labiaを見た人は、こんなところも見ています

 

Palazzo Labiaに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

今すぐ無料でご登録をいただけます - 新規口コミの自動通知、旅行者のご意見へのご返信、貴施設情報掲載ページへの新しいお写真の追加など多くの機能をご利用いただけます。 

登録情報の管理

Q & A

以下は、以前の訪問者が尋ねた内容で、Palazzo Labiaの代表者および他の訪問者からの回答もあります。
1 件の質問
質問する
ご不明な点がある場合は、 Palazzo Labiaのスタッフおよび以前の訪問者から回答を得ましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

Cannaregioでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Cannaregio
ベネチアで 2 番目に大きな地区カンナレージョは、乗降客の多いサンタ ルチア駅のあるエリア。ベネチアの外に広がるエリアに移り住んだたくさんのベネチア人。地元の人が通称「テラ フィルマ (硬い土地)」と呼ぶベネチア以外の場所から通勤してきます。カナル グランデにかかる橋のうち 2 つがカンナレージョにかかっています。2008年に完成した新しいコスティトゥツィオーネ橋は、今でも地元で議論の的。一方、スカルツィ橋は駅へと通じる人通りの多い橋です。近くのリスタ ディ スパーニャ通りには、ケーキやコーヒーなどの名物を扱うショップが立ち並び、堅実なベネチア人にも人気。カンナレージョでユダヤ人が隔離されていたゲットーには、5 つの由緒あるシナゴーグが残っていて、今でもユダヤ人社会が息づいています。フォンダメンタ ノーヴェの船着き場は賑やか。人々はリアルト橋やサン マルコ広場に向けて歩き出し、ヴァポレット(水上タクシー)はムラーノ島やほかの島々に向かいます。運河沿いの道を歩くと目に入るのは、絵葉書のような閑静な街並み、そして水面から直接建っているカ ドーロのような邸宅。