推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Bank Austria Kunstforum

エリア:
Inner City
掲載内容を修正する
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
検索条件は引き続き有効です。
表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。
行き方を確認
住所: Freyung 8, Vienna 1010 , Austria
電話番号: 01 537330
サイト
本日
午前 10:00 - 午後 7:00
営業中
時間帯をすべて表示
営業時間:
午前 10:00 - 午後 9:00
土 - 木 午前 10:00 - 午後 7:00

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

すべての18口コミを見る
訪問者の評価
  • 9
    とても良い
  • 7
    良い
  • 0
    普通
  • 0
    悪い
  • 2
    とても悪い
ミュージアムショップが注目

この美術館で最も興味深いのは、実はミュージアムショップかもしれません。通常、美術館のミュージアムショップと言うと展示されている作品に関連したものを中心に販売していますが、ここの品揃えはちょっと違います。 例えば、ちょっと変わったバラエティグッズなども多数販売されています。私は買いませんでしたが、ウィーン仕様のパソコン用キーボード、レンズ型のカップ、人型をし... 続きを読む

4 / 52014/08/05に投稿しました
MAYANAGI
,
佐倉市, 千葉県
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 18 件の口コミ

日付 | 評価
  • イタリア語から
  • チェコ語から
  • ドイツ語から
  • フランス語から
  • ロシア語から
  • 英語から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
佐倉市, 千葉県
ブロンズレビュアー
7件の口コミ 7件の口コミ
観光名所についての 6 件の口コミ
6人が「役に立った」と評価 6人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/08/05に投稿しました

この美術館で最も興味深いのは、実はミュージアムショップかもしれません。通常、美術館のミュージアムショップと言うと展示されている作品に関連したものを中心に販売していますが、ここの品揃えはちょっと違います。 例えば、ちょっと変わったバラエティグッズなども多数販売されています。私は買いませんでしたが、ウィーン仕様のパソコン用キーボード、レンズ型のカップ、人型をし... その他 

この口コミは役に立ちましたか? はい

Bank Austria Kunstforumを見た人は、こんなところも見ています

ウィーンウィーン
ウィーンウィーン
 

Bank Austria Kunstforumに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

今すぐ無料でご登録をいただけます - 新規口コミの自動通知、旅行者のご意見へのご返信、貴施設情報掲載ページへの新しいお写真の追加など多くの機能をご利用いただけます。 

登録情報の管理

Q & A

ご不明な点がある場合は、 Bank Austria Kunstforumのスタッフおよび以前の訪問者から回答を得ましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

Inner Cityでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Inner City
ウィーンで最も有名なエリアにある、ケルントナー通りとグラーベン。これらの歩行者専用の大通りを歩くと、ウィーンの名所が続々と登場します。ウィーン国立歌劇場。ウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂。ホーフブルグ宮殿の巨大な建造群。ハプスブルグ家の旧王宮。都会的な雰囲気を味わいたいなら、アンナガッセやヴァイブルグガッセ、それにグラーベンのザイファーガッセやハプスブルグガッセのような脇道を歩いてみましょう。ホーフブルグ宮殿を訪れたら、皇帝の住居と、解説の分かりやすいシシィ博物館は必見。アム ホーフやフライウィングといった開放感溢れる広場では、骨董市や季節ごとの市場が頻繁に開催されます。