推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

明十三陵 Ming Tombs (Ming Shishan Ling)

102213 中国北京昌平区燕山山麓
010-60761424,010-60761034
サイト
掲載内容を修正する
170位北京の観光名所 1,238件中
ジャンル: 建築物, 名所旧跡, 記念碑/像
323件 訪問者の写真
口コミを書く

みんなの口コミ 329件

訪問者の評価
    62
    124
    92
    36
    15
日付 | 評価
  • イタリア語から
  • インドネシア語から
  • スウェーデン語から
  • スペイン語から
  • ドイツ語から
  • フランス語から
  • ポルトガル語から
  • ポーランド語から
  • ロシア語から
  • 英語から
  • 中国語(繁体)から
  • 中国語(簡体)から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
横浜
プラチナレビュアー
189件の口コミ 189件の口コミ
観光名所についての 136 件の口コミ
130人が「役に立った」と評価 130人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/07/12に投稿しました NEW

明十三陵に行ったら、ぜひこの「神道」にも行って見てください。この「神道」は、明十三陵の参道として建造されたものです。約5~6kmに渡り、象、麒麟、龍、駱駝等の石像が並んでいます。この石像の動物達は、すべて、中世の中国で神獣(動物)と考えられていたようです。どの神獣も座っている像と立っている像の2種類があります。明代の兵士の像もありました。約1時間程度の神道の... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい
Fujisawa-shi, Kanagawa, Japan
ブロンズレビュアー
10件の口コミ 10件の口コミ
観光名所についての 5 件の口コミ
1 人が「役に立った」と評価 1 人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/05/19に投稿しました

私が明十三陵に行った日(5月12日)は、とても暑く、しかもひどく乾燥していました。十三陵は広大な盆地のようなところにそれぞれがかなり離れて陵が存在しています。こまめな水分補給は重要です。メインの長陵は一番規模が大きいようですが、お墓には入ることができません。定陵の地下の宮殿には入ることができます。たくさんの観光客で混雑しています。私はこの混雑の中で背中のリュ... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい
プラチナレビュアー
140件の口コミ 140件の口コミ
観光名所についての 71 件の口コミ
130人が「役に立った」と評価 130人が「役に立った」と評価
3 / 5 2014/04/09に投稿しました

明の十三陵は公園のような敷地に集中しているのではなく、広範囲にわたってそれぞれの陵が点在しています。定陵と長陵に行きましたが、けっこう離れていました。ツアーなどでもすべてまわるのではなく、そのうちの1つをピックアップしているケースが多いようです。 路線バスで定陵と長陵に行きました。万里の長城から定陵までバスに乗りました。8元でした。定陵から長陵までは2元。... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
横浜
プラチナレビュアー
189件の口コミ 189件の口コミ
観光名所についての 136 件の口コミ
130人が「役に立った」と評価 130人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/01/26に投稿しました

明十三陵とは、明代の13人(南京から北京へ遷都後の)の皇帝が眠る広大な陵墓です。広大な敷地には、博物館や地下の陵墓等がありました。博物館には、13代の皇帝と皇后の肖像画や、帝冠、宝物、帝座、儀式に使用した衣装等が展示されており、非常に興味深いものがありました。博物館では、写真撮影もOKでした。八達嶺長城からは車で約1時間半ですので、いっしょに観光するのがお勧... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
ゴールドレビュアー
36件の口コミ 36件の口コミ
観光名所についての 29 件の口コミ
27人が「役に立った」と評価 27人が「役に立った」と評価
4 / 5 2013/11/16に投稿しました

2007年3月に訪問。 すばらしく巨大な地下墓陵群である。 子供の頃(1973年頃)、金沢市で日本海博というのがあって、その会場で 明の十三陵の展示があった。ものすごい宝物が埋まっている陵墓という強烈な印象が残った。 あれから40年近く経って、実際に行ってみた。 宝物の展示はほとんどなかったけれど、地下宮殿(お墓ですけど)に降りてみたら... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい
東京, 東京都
プラチナレビュアー
100件の口コミ 100件の口コミ
観光名所についての 43 件の口コミ
35人が「役に立った」と評価 35人が「役に立った」と評価
3 / 5 2013/02/16に投稿しました

慕田峪長城から北京市街への帰りに、十三陵の一つ、「定陵」に寄りました。敷地は広く地下宮殿もそこそこ深い所まで階段で上り下りする為、家族で訪れるには少々疲れる場所でした。ガイドブックには、「古代エジプトの王墓群になぞらえて・・・」とあり、以前訪れたことのあるエジプトの王家の谷をイメージしていました。実際は、中国がとにかく広大であるせいなのか、一つ一つの「陵」が... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
横浜市, 神奈川県
プラチナレビュアー
115件の口コミ 115件の口コミ
観光名所についての 15 件の口コミ
62人が「役に立った」と評価 62人が「役に立った」と評価
4 / 5 2012/12/31に投稿しました

地下に潜って⾏って墓室を⾒学し、発掘時に出てきた埋蔵品を別の建物で⾒学する。 墓室は地下27mにあり、大掛かりなものだった。 墓室の周囲には、厚い⽯で覆われていて、唯⼀、⼀箇所だけが⼊り⼝になっている。 発掘していた⼈がたまたま場所を記した⽯板を⾒つけ出したそうだ。 ⽯板はすべて破棄されることになっていたそうで、たまたま捨てるのを忘れたのだとのこと。... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
東京
プラチナレビュアー
243件の口コミ 243件の口コミ
観光名所についての 210 件の口コミ
141人が「役に立った」と評価 141人が「役に立った」と評価
2 / 5 2012/12/20に投稿しました

日本人は「世界遺産」という響きの弱いからか、北京ツアーには定番ともいえるこの場所です。 私はツアーは普段から利用しないので個人旅行でしたが、名前は聞いていたのでぜひと思い行ってみました。 感想といえば、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。八達嶺とセットで行くことが多いと思いますが、必ずしも交通の便がいいともいえないので、わざわざ個人で行くほどの... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい
柏市, 千葉県
プラチナレビュアー
81件の口コミ 81件の口コミ
観光名所についての 41 件の口コミ
55人が「役に立った」と評価 55人が「役に立った」と評価
3 / 5 2012/11/11に投稿しました

今回は前回訪れた時にいかなかった長陵にいきました。 永楽帝の陵墓で明の十三陵では、最古で最大。 建築物が壮大でした。時間がある方におすすめ。 入場料は35元です。

この口コミは役に立ちましたか? はい
名古屋
プラチナレビュアー
139件の口コミ 139件の口コミ
観光名所についての 69 件の口コミ
79人が「役に立った」と評価 79人が「役に立った」と評価
2 / 5 2012/10/06に投稿しました

八達嶺長城とあわせた現地ツアーで、定陵に行きました。金曜日でしたが地下宮殿、博物館はとても混雑していて、ガイドの説明が聞こえづらかったです。見る目がないだけかもしれませんが、地下宮殿の壁はコンクリートの打ちっぱなしみたい、棺も真っ赤なペンキで塗ってあるような安っぽさ、展示品の多くはレプリカで、宮殿というにはあまりにも地味でした。権力者のお墓と言えば、贅を尽く... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい

明十三陵を見た人は、こんなところも見ています

 

明十三陵に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設側からのコメントはありませんか?

明十三陵 の管理者様、ぜひご登録ください。貴施設のページを充実させたり口コミに回答できる無料ツールをご利用いただけます。

登録情報の管理