推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

角屋もてなしの文化美術館

〒600-8828 京都府京都市下京区西新屋敷揚屋町32
075-351-0024
サイト
掲載内容を修正する
77位京都市の観光名所 373件中
14件 訪問者の写真
口コミを書く ANA

みんなの口コミ 9件

訪問者の評価
    6
    3
    0
    0
    0
日付 | 評価
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
東京, 東京都
プラチナレビュアー
195件の口コミ 195件の口コミ
観光名所についての 122 件の口コミ
197人が「役に立った」と評価 197人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/08/10に投稿しました

島原・角屋は春(3月15日~7月18日)と秋(9月15日~12月15日)に通常公開されますが、第39回京の夏の旅・文化財特別公開として 7月12日~9月14日 見学可能です(特別公開時大人料金600円、通常公開時1,000円)。但し この特別公開では 通常公開時では要予約で見学可能な2階(追加料金800円要)や美術館の見学は不可となっておりますが 日本で現存... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
東京
プラチナレビュアー
747件の口コミ 747件の口コミ
観光名所についての 448 件の口コミ
484人が「役に立った」と評価 484人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/05/20に投稿しました

京都島原の花街にあった遊宴の場である「揚屋」として唯一の現存している建築です。1階は台所、お帳場、お庭などで自由に見学できますが、2階の緞子の間、網代の間、扇の間、翠簾の間、青貝の間というふうに、とても凝った作りのおもてなしの建築です。こちらは要予約です。素晴らしい素材の使い方にため息がでます。西本願寺からも近いですが、最寄りの駅はJR丹波口駅です。保存会が... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
東京, 東京都
プラチナレビュアー
92件の口コミ 92件の口コミ
観光名所についての 26 件の口コミ
28人が「役に立った」と評価 28人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/01/29に投稿しました

少しでも興味を持たれたことがある方には是非行っていただきたい場所です。2Fの見学は予約が必要だったり、有料だったりしますが、その価値があると思います。実際に見学した人にしか分からない感動があると思います。新撰組の残した柱の刀の傷があったりしますが、中庭も、目にする全てから日本建築の美と歴史を感じさせられます。

この口コミは役に立ちましたか? はい
高松市, 香川県
ゴールドレビュアー
26件の口コミ 26件の口コミ
観光名所についての 11 件の口コミ
5人が「役に立った」と評価 5人が「役に立った」と評価
5 / 5 2013/11/19に投稿しました

日本に残る唯一の揚屋建築…新撰組の刀傷がある角屋…有名ですよね。そして何より歴史上の人物が実際に通ったお店です。真夏と真冬は閉館されますが、春と秋には…期間中でも趣向を変えながら、実際にもてなしに使われた掛け軸やお道具が飾られます。建物の技術や大家による襖絵…その時々の展示品など…見ごたえ満載なのですが・・・季節や時間によって、お部屋の雰囲気もすごく変わるん... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい 2
京都市, 京都府
シルバーレビュアー
18件の口コミ 18件の口コミ
観光名所についての 17 件の口コミ
19人が「役に立った」と評価 19人が「役に立った」と評価
5 / 5 2013/05/22に投稿しました

京都市下京区の花街、嶋原に日本で唯一残る揚屋、角屋(すみや)は17世紀中期の面影を伝えています。揚屋とは現在でいう料亭とお茶屋を兼業した施設で太夫(たゆう)や芸妓(げいこ)を招いて芸能を鑑賞し、文化芸術が盛んでした。かつては角屋以外に多くの揚屋が存在しましたが今は角屋一軒のみとなりました。 角屋は日本建築の美を凝縮し見る人を楽しませてくれます。ほかに「... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい
プラチナレビュアー
124件の口コミ 124件の口コミ
観光名所についての 101 件の口コミ
131人が「役に立った」と評価 131人が「役に立った」と評価
4 / 5 2013/03/24に投稿しました

京都の島原の正式地名は「西新屋敷」らしい。今はなくなってしまった花街のひとつであった。 その島原を象徴とする一つに「角屋」があげられる。 貴重な揚屋建築の遺構として国の重要文化財となっている建物である。 現在、ここは公開されており揚屋の中の素晴らしい調度品などを見ることができるが、見学時間は午後四時までなのので注意したい。

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
東京
プラチナレビュアー
151件の口コミ 151件の口コミ
観光名所についての 73 件の口コミ
134人が「役に立った」と評価 134人が「役に立った」と評価
5 / 5 2010/11/27に投稿しました

ガイド見学のみ、2Fの見学は予約必要。 旧島原遊郭地域にある、揚屋(料理屋)。 特に2Fの内装はすばらしいにつきる。 狩野派などによる国宝級の襖絵や装飾の数々。 部屋一面が螺鈿細工で飾られた螺鈿の間。 流線を描くふすま細工・・。 後世に残して欲しい建築である。

この口コミは役に立ちましたか? はい 2
Yokohama
ブロンズレビュアー
8件の口コミ 8件の口コミ
観光名所についての 7 件の口コミ
16人が「役に立った」と評価 16人が「役に立った」と評価
4 / 5 2010/01/13に投稿しました

2階座敷のデザインの大胆さ,螺鈿の豪華さが圧巻。 幕末の新撰組が遊んだ場所として有名だが、 蕪村(俳人、画人)なども遊んだ場所であり、 近世上方の町人文化の雰囲気を味わえる。 時代小説ファン、デザイン好きは 高い見学料を支払っても十分満足できるだろう。

この口コミは役に立ちましたか? はい 2
東京
レビュアー
4件の口コミ 4件の口コミ
観光名所についての 3 件の口コミ
4人が「役に立った」と評価 4人が「役に立った」と評価
4 / 5 2009/12/08に投稿しました

かの新撰組も出入りし、芹沢鴨が暗殺される直前に宴をひらいていたという揚屋さん。新撰組の残した柱の刀の傷も観ることができます。2階の特別公開の座敷は事前予約が必要なのですが、訪ねた時たまたま空きがあった為予約なしで見学することができました。 2階の青貝の螺鈿の青貝の間は必見です。 近くには浅田次郎の輪違屋糸里の舞台となった輪違屋さん(見学不可)もあるので新... さらに詳しい情報

この口コミは役に立ちましたか? はい

角屋もてなしの文化美術館を見た人は、こんなところも見ています

 

角屋もてなしの文化美術館に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA 口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設側からのコメントはありませんか?

角屋もてなしの文化美術館 の管理者様、ぜひご登録ください。貴施設のページを充実させたり口コミに回答できる無料ツールをご利用いただけます。

登録情報の管理