推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
大田市のホテル(15件)

旅館 吉田屋

保存する
旅館 吉田屋が保存リストに追加されました
旅館
  |   〒699-2501 島根県大田市温泉津町温泉津イ707-1
ホテルの設備
写真はありません
大田市で 15 軒中 12 位のホテル / 旅館
このホテルの価格を取得できません
パートナー サイトはこのホテルの価格を提供していません。大田市の他の施設を検索してください
チェックイン チェックアウト 2名1室 1名1室 2名1室
口コミを書く ANA Arrow

みんなの口コミ 1件

横浜
プラチナレビュアー
239件の口コミ 239件の口コミ
ホテルについての 168 件の口コミ
164人が「役に立った」と評価 164人が「役に立った」と評価
1 / 5 2014/05/13に投稿しました

 名湯の誉れ高い温泉津温泉で、「新たな起業モデルとまちおこし」の成功例として報じられた旅館なので、どんな様子か期待していたが裏切られた。宿泊施設に対してこの評価をつけるのは初めてだが、正直な感想である。なお、温泉旅館としての期待を持たなかったり、違う宿泊目的での場合は2.5~3.0点程度を与える方もいるはず、と申し添える(理由は以下に書いていきます)。

 まず、この宿のサイトに書かれているが、この宿の性格は「情報発信・自給自足旅館」「新・自給ライフ研修旅館」なのだそうだ(旅館営業は週末のみ、ほかは農業などに従事とのこと)。
 温泉津温泉に2軒ある共同浴場「薬師湯(旧名・藤の湯)」の、ほぼ真向い、2~3軒横には「元湯」があるという絶好の立地にもかかわらず、この宿には温泉がひかれていない。理由は経費・温泉地の湯量などを考慮してということだそうなのだが(詳細は宿のブログの最初のほうに書かれている。また、以前は温泉がひかれていた)、内湯は非温泉で、お茶や薬草などの“変わり風呂”となっている(21時まで、朝風呂はなし)。代わりに「元湯」の入浴券(「薬師湯」では使えない)が渡されるのだが、1枚だけであとは自費で温泉の窓口で支払わなければならない。この地に来て、温泉に1回しか入らない人はどの程度いるのだろうか。温泉地にある旅館ではあるが、「温泉旅館」ではないことに、恥ずかしながら到着してから思い知らされた。
 部屋に来て、目立ったのは分厚いファイル。通常なら地域の名所案内や名物紹介というところだが、ここにあったのはそうではない。冒頭に「ごあいさつ~新・自給ライフ研修旅館吉田屋として」と題する1ページがあり、「震災時、岩手在住の女性企業家が被災し、物資運搬を皮切りに現地加工所の建設、手作りソーラーパネルなどを支援した。被災地だけでなく、エネルギー自給の仕組みを知りたいという方が多いので、旅館にも気軽に学べるコーナーを作り、お客様とも新・自給ライフノウハウを共有していきたいと思っている」という趣旨のことが書かれている。
 ファイルには、続いて国内外の「誰がこういう活動をしている」というNPOや市民団体の活動紹介。しかも遠隔地ばかりで地元温泉津での例はなかったはず――この宿、あるいはスタッフの活動には、地元との連携を感じにくい――そういえば、フ...
さらに詳しい情報 

この口コミは役に立ちましたか? はい

旅館 吉田屋に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

旅館 吉田屋の追加情報

住所: 〒699-2501 島根県大田市温泉津町温泉津イ707-1
場所: 日本 > 中国地方 > 島根県 > 大田市
ホテルのスタイル :
大田市で 15 軒中 12 位のホテル / 旅館
客室数: 8

管理者様:施設側からのコメントはありませんか?

旅館 吉田屋 の管理者様、ぜひご登録ください。貴施設のページを充実させたり口コミに回答できる無料ツールをご利用いただけます。