推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
行き方を確認
Gumpendorferstrasse 22, Vienna A-1060, Austria
(0) 1 208 70 99
掲載内容を修正する
本日
午前 11:30 - 午後 11:30
準備中
時間帯をすべて表示
営業時間:
火 - 日 午前 11:30 - 午後 11:30

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

すべての3口コミを見る
訪問者の評価
  • 1
    とても良い
  • 2
    良い
  • 0
    普通
  • 0
    悪い
  • 0
    とても悪い
評価
  • 食事
    4 / 5
    サービス
    4.5 / 5
  • 価格
    4.5 / 5
    雰囲気
    4 / 5
最近の口コミ
この口コミは機械翻訳で日本語に変換されています 詳細はこちら
トリップアドバイザーの口コミを少しでも多くの方に日本語で読んで頂けるよう、こちらの口コミは自動的に翻訳されています。完璧に翻訳されていないかもしれませんが、皆さんの旅行計画の参考になれば幸いです。
機械翻訳された口コミを常に表示:

4 / 52014/12/22に投稿しました
FlameLady
,
ブラティスラヴァ, スロバキア
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 3 件の口コミ

評価して口コミを書く
ロールオーバーした後、クリックで評価してください
  クリックで評価する
日付 | 評価
  • 英語から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から

Nayeb Restaurantを見た人は、こんなところも見ています

 
ウィーンウィーン
 

Nayeb Restaurantに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する
掲載内容を修正する

レストランの詳細

所在地および連絡先情報

  • 住所: Gumpendorferstrasse 22, Vienna A-1060, Austria
  • 場所: ヨーロッパ  >  オーストリア  >  ウィーン  >  ウィーン>  > Mariahilf
  • エリア: Mariahilf
  • 電話番号: (0) 1 208 70 99

価格および料理

  • 食事: 中近東料理, ペルシャ料理
営業時間
日曜日
午前 11:30 - 午後 11:30
火曜日
午前 11:30 - 午後 11:30
水曜日
午前 11:30 - 午後 11:30
木曜日
午前 11:30 - 午後 11:30
金曜日
午前 11:30 - 午後 11:30
土曜日
午前 11:30 - 午後 11:30

Q & A

ご不明な点がある場合は、 Nayeb Restaurantのスタッフおよび以前の訪問者から回答を得ましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • グルテンを含まないお食事オプションはありますか?
  • ドレス コードはありますか?
  • 屋外のテラスに犬を連れていくことは可能ですか?

Mariahilfでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Mariahilf
ウィーン第 6 区、マリアヒルフ。活気あるストリート ショッピングの聖地、マリアヒルファー シュトラーセがあり、その一帯は歩行者天国です。この地区で最も風変わりな建物と言えば、ハウス デ メーレス (海の家) 水族館。水族館があるのは、なんと第二次世界大戦時の高射砲塔 (ウィーンに残された 6 基中の 1 基) の中。屋上にはバーがあり、ウィーンと市街地を見渡す素晴らしい眺望が楽しめます。一方、最も歴史ある場所として挙げられるのは、ライムントホーフの 18 世紀に造られた通りと、そこに並ぶ小さな店舗やカフェ。この通りは、マリアヒルファー シュトラーセからヴィントミュールガッセまで延びています。19 世紀初頭の劇場の世界を垣間見たいなら、センパーデポがおすすめ。かつては舞台装飾を収納する倉庫でしたが、現在ではアートの展示会や博覧会が催されています。