推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

北一硝子三号館 CafeBar九番倉

Certificate of Excellence
掲載内容を修正する
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
検索条件は引き続き有効です。
表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。
行き方を確認
〒047-0027 北海道小樽市堺町7-26
0134-33-1993
サイト
お客様がお食事に行く時間の目安として、北一硝子三号館 CafeBar九番倉の営業時間を追加してください。
+ 営業時間を追加
ダイニングオプション: コーヒー & 紅茶

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

すべての39口コミを見る
訪問者の評価
  • 21
    とても良い
  • 15
    良い
  • 3
    普通
  • 0
    悪い
  • 0
    とても悪い
評価
  • 食事
    3.5 / 5
    サービス
    3.5 / 5
  • 価格
    3.5 / 5
    雰囲気
    5 / 5
天井のステンドグラスが素敵な、北一硝子三号館のカフェ

ガラス工芸で有名な、北一硝子 三号館(小樽市指定歴史的建造物)にある、ステンドグラスが素敵なカフェです。天井を見上げると、ステンドグラスには雄大な火の鳥が舞っています!

4 / 52015/04/07に投稿しました
maru-rund
,
東京都
おすすめ:
  • ロマンチック
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 39 件の口コミ

日付 | 評価
  • 英語から
  • 日本語から
  • どれでも
  • 最近の投稿を日本語から
日本語から
東京都
プラチナレビュアー
107件の口コミ 107件の口コミ
レストランについての 47 件の口コミ
27人が「役に立った」と評価 27人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/04/07に投稿しました

ガラス工芸で有名な、北一硝子 三号館(小樽市指定歴史的建造物)にある、ステンドグラスが素敵なカフェです。天井を見上げると、ステンドグラスには雄大な火の鳥が舞っています!

この口コミは役に立ちましたか? はい
京都市
ゴールドレビュアー
27件の口コミ 27件の口コミ
レストランについての 5 件の口コミ
5人が「役に立った」と評価 5人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/02/22に投稿しました

小樽観光時に立ち寄りました。ここはメニューや味よりも、雰囲気が抜群に良いです。昼までもかなり暗めの店内に、暖かみを感じられるランプの照明がとてもきれいです。ヨーロッパの劇場のようで、とても気持ちのよい時間を過ごせました。名物?の特大シュークリームも美味しかったです。

この口コミは役に立ちましたか? はい
プラチナレビュアー
105件の口コミ 105件の口コミ
レストランについての 53 件の口コミ
44人が「役に立った」と評価 44人が「役に立った」と評価
5 / 5 2015/01/29に投稿しました モバイル経由

ここで一休みするのがとても好きです! たくさんのランプだけが照明になっていて、 暗闇とランプの暖かくなんともいえない灯のあの雰囲気は ぜひ味わってほしいステキなステキな喫茶店! 心も身体も休まる ここにしかないとってもオススメな場所です!

この口コミは役に立ちましたか? はい
佐倉市
プラチナレビュアー
88件の口コミ 88件の口コミ
レストランについての 17 件の口コミ
47人が「役に立った」と評価 47人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/12/02に投稿しました

小樽初めてとかガラス細工好きにはたまらない北一硝子。幾度も案内させられて、疲れてはいるのがこのレストランかコーヒーホール。天井には北一硝子の照明が眩いが、おみやげ買いに北一硝子を従いて回るより、ここでコーヒーとスナックなどで待つのが一番!

この口コミは役に立ちましたか? はい 1
Aichi
プラチナレビュアー
115件の口コミ 115件の口コミ
レストランについての 29 件の口コミ
93人が「役に立った」と評価 93人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/11/30に投稿しました

ファミリーで行きました。本当に雰囲気が素敵で、とにかく一見の価値ありです。旅先で優雅で贅沢な気分に浸れます。昼間でも店内はランプの灯りだけで雰囲気はまるで夜のバーのよう。デートには最高の場所だと思います。 特大のシュークリームが名物のようですが、2人では食べきれないくらい大きかったのでやめておきました。 小樽に行ったらまた絶対に訪れたい場所です。一人でも... さらに詳しい情報 

この口コミは役に立ちましたか? はい
神奈川県
プラチナレビュアー
93件の口コミ 93件の口コミ
レストランについての 61 件の口コミ
13人が「役に立った」と評価 13人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/11/09に投稿しました

ランプの明かりが良い雰囲気のレストラン(セルフなので食堂みたいな?)です。観光に疲れてちょっとゆっくりしたいとき、冬の寒さから一時避難したいときなど、ゆっくりコーヒーでも飲んでみてください。他の方も書いていますが閉店時間が早いのでご注意を。

この口コミは役に立ちましたか? はい
yokohama
プラチナレビュアー
236件の口コミ 236件の口コミ
レストランについての 47 件の口コミ
367人が「役に立った」と評価 367人が「役に立った」と評価
4 / 5 2014/09/30に投稿しました

ランプの灯りがとっても素敵なCAFEです。 観光した後に行こうとしたら 18時で閉店とのことでした。 思ったより、閉店時刻が早いのに驚きました。 営業時間は要チェックです。

この口コミは役に立ちましたか? はい 5
東京, 東京都
プラチナレビュアー
76件の口コミ 76件の口コミ
レストランについての 15 件の口コミ
45人が「役に立った」と評価 45人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/08/31に投稿しました モバイル経由

入り口で食券を買って、商品を受け取り、自分で好きな席に運びます。店内は暗いので、1度座ったらあまり動きたくない感じです。まわりに飾られたガラス製品や、ステンドグラスの窓、天井からたくさんぶら下がったランプがいい雰囲気で、ついつい長居をしてしまいます。フラッシュ撮影は禁止です。

この口コミは役に立ちましたか? はい
大阪府
プラチナレビュアー
107件の口コミ 107件の口コミ
レストランについての 52 件の口コミ
45人が「役に立った」と評価 45人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/08/26に投稿しました

小樽、ガラス工芸で有名な北一ガラスがあります その3号館の中にある北一ホールという名前の喫茶 初めて行ったときは、小樽の街を歩きすぎて ちょっと疲れていたのです 幻想的なランプの灯の中でいただくコーヒーは絶品でした そして、疲れも和らぎ、一時、癒されました。 小樽に行ったら、また是非行きたいと思います

この口コミは役に立ちましたか? はい
埼玉
プラチナレビュアー
412件の口コミ 412件の口コミ
レストランについての 159 件の口コミ
221人が「役に立った」と評価 221人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/08/24に投稿しました

楽しんでください。 初めて来たときはセルフではなかったと思うのですが 今はセルフです。 天井高く、ランプでともされたCafeという感じ。 ゆったりした時間を多いに楽しんで下さい

この口コミは役に立ちましたか? はい

北一硝子三号館 CafeBar九番倉を見た人は、こんなところも見ています

 

北一硝子三号館 CafeBar九番倉に行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA Arrow
口コミを書く 写真・動画を追加する

管理者様:施設としてのコメントをいただけませんか?

今すぐ無料でご登録をいただけます - 新規口コミの自動通知、旅行者のご意見へのご返信、貴施設情報掲載ページへの新しいお写真の追加など多くの機能をご利用いただけます。 

登録情報の管理
掲載内容を修正する

レストランの詳細

所在地および連絡先情報

  • 住所: 〒047-0027 北海道小樽市堺町7-26
  • 場所: アジア  >  日本  >  北海道  >  小樽市
  • 電話番号: 0134-33-1993

価格および料理

  • 平均価格: JPY 848 - 969
  • 食事: カフェ

レストランの特徴

  • こだわり: ロマンチック

Q & A

ご不明な点がある場合は、 北一硝子三号館 CafeBar九番倉のスタッフおよび以前の訪問者から回答を得ましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • グルテンを含まないお食事オプションはありますか?
  • ドレス コードはありますか?
  • 屋外のテラスに犬を連れていくことは可能ですか?