推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
アジア | 世界 | もっと見る
カプリの険しい岩山や洞窟は、古代ギリシャ人が島に上陸して以来、訪問する人たちを驚... 詳細
1
カプリ島
カプリの険しい岩山や洞窟は、古代ギリシャ人が島に上陸して以来、訪問する人たちを驚嘆させてきました。 芸術家や作家たちが、カプリの美しさや歴史に、何世紀にもわたって不朽の名声を与えてきたのも不思議ではありません。 木製の船に乗って、真っ青な水が広がるグロット アッズーラ (青の洞窟) を探訪しませんか。 また、ジェラート片手に、ローマ皇帝時代からの歴史ある漁港、マリーナ ピッコラやマリーナ グランデを散策するのもおすすめです。
マルタとチュニジアの間に位置するイタリア最南端の島、ランペドゥーザは、地理的には... 詳細
2
ランペドゥーサ島
マルタとチュニジアの間に位置するイタリア最南端の島、ランペドゥーザは、地理的にはアフリカ大陸の一部です。 ペラージェ諸島最大の島であるランペドゥーザは、真水を雨だけに頼る、不毛な島です。 夏には、イタリア本土の都市から LLC の航空便が、シチリア島からフェリーが運航しています。 美しく輝く白い砂浜、澄みわたるターコイズ ブルーの海、そして最高のスキューバ ダイビング体験が、ランペドゥーザを人々の心に刻みます。
蝶の形をしたファヴィニャーナは、ダイバーやビーチ好きが集う美しい場所です。... 詳細
3
ファヴィニャーナ島
蝶の形をしたファヴィニャーナは、ダイバーやビーチ好きが集う美しい場所です。 島内の大通りを走る可愛らしい観光列車「エーガディランディア」や、沿岸定期船に乗ってお楽しみください。 また、フローリオ家のかつての工場 (マグロの缶詰工場だったが、今や博物館となっている) の見物や、丘の上に立つ遺跡サンタ カテリーナ要塞への上級者向けハイキング、そして良きパートナーとともに恋人の洞窟でくつろぎのひと時を過ごすのもおすすめです。
ナポリ湾に浮かぶ島々の中でも最大であり、かつ最も美しいと呼び名の高いイスキア島は... 詳細
4
イスキア島
ナポリ湾に浮かぶ島々の中でも最大であり、かつ最も美しいと呼び名の高いイスキア島は、湯治の地として知られています。 ナポリから最大の町イスキア ポルトへは、フェリーやハイドロフォイルで移動します。 近隣のイスキア ポンテ (本島と橋でつながっている) には、壮麗なアラゴン城とゲベラ タワーがそびえ立ちます。 島の西側沿岸にはフォリオ、北西にはラッコ アメーノ、そして南には賑やかなリゾート タウン、サンタンジェロがあります。 北側にあるカザミッチョラ テルメは、ヨーロッパ最古の温泉の中の 1 つです。
古代ギリシャ人によると、ギリシャ神話の神ヘパイストスはヴルカーノ島を自分専用の鍛... 詳細
8
ヴォルカーノ島
古代ギリシャ人によると、ギリシャ神話の神ヘパイストスはヴルカーノ島を自分専用の鍛冶工房として使っていたそうです。 ヴルカーノ島では、スカラータ アル クラテーレなどの火山によじ登り、温かくドロドロとした硫黄の泥風呂 (Laghetto di Fanghi) で活力を取り戻すこともできます。 ヴルカーノ島の洞窟や海岸線の美しさを満喫するには、カヤックが人気です。
ナポレオンの流刑地として有名なエルバ島の歴史は古く、ローマ時代以前にまでさかのぼ... 詳細
9
エルバ島
ナポレオンの流刑地として有名なエルバ島の歴史は古く、ローマ時代以前にまでさかのぼります。まずリグリア人、その後エトルリア人が移り住みました。 トスカーナ州最大の島で、イタリアでは 3 番目の大きさを誇ります。丘の上の街並みや城から、ハイキング、サイクリング、遊泳、ダイビング、ビーチ遊びなどのレジャーまで、カルチャーの面でもレクリエーションの面でも楽しめます。 マリーナ ディ カンポに空港がありますが、多くの人は、イタリア本土のピオンビーノからフェリーを利用し、島最大の街ポルトフェッライオやリオ マリーナ、ポルト アッズーロに渡ります。
ナポレオンはマッダレーナを占領しようとしたそうですが、その理由は誰もが納得するで... 詳細
10
ラマッダレーナ島
ナポレオンはマッダレーナを占領しようとしたそうですが、その理由は誰もが納得するでしょう。 マッダレーナ諸島の最大の島の、最大の町であるマッダレーナは、美しいビーチと国立公園でその名を馳せています。 プライベート ボートに乗って周辺の無人島を探訪するのも、あるいはスパルマトーレ ビーチのカフェオレ色の砂に寝転がってリラックスするのもおすすめです。