推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
ターコイズ色のラグーン、柔らかな白砂、そして深いオレンジ色の夕日などのロマンチッ... 詳細
1
ボラボラ
ターコイズ色のラグーン、柔らかな白砂、そして深いオレンジ色の夕日などのロマンチックな光景で、2015年のトラベラーズ チョイス アイランド部門の世界第 9 位に輝きました。 コーラル ガーデンやツピティピティ ポイントをゆったりと泳ぎながら熱帯魚とたわむれたり、かつては活火山だったオテマヌ山までドライブして、絶景を眺めながらくつろぐこともできます。 ラグナリウムでは、サメに餌付けをしたり、亀と泳いだりできます。 1 日の締めくくりは、島内屈指のフランス料理レストランで絶品料理に舌鼓を打ち、星空の下でトロピカル カクテルをお楽しみください。
三角形の環礁内にある小さな島、アイツタキ島。ここには素晴らしいラグーンがあります... 詳細
2
アイツタキ
三角形の環礁内にある小さな島、アイツタキ島。ここには素晴らしいラグーンがあります。 アイツタキ島の小島の 1 つである無人島の真っ白なビーチで、のんびりとピクニックを楽しみましょう。 息をのむほどの美しさにもかかわらず、アイツタキ島はアクセスが難しいため、(今のところ) それほど観光客で混雑することはありません。 人里離れた場所で休暇を楽しみたいなら、アイツタキ島がおすすめです。特に、自由でロマンティックな雰囲気を求めている人にはぴったりです。
確かに、雨はよく降ります。... 詳細
3
タベウニ島
確かに、雨はよく降ります。 しかし、緑豊かな南国のパラダイスには雨が必要なのです。そうでなければ、これほどまでに色鮮やかな花に囲まれることはないでしょう。 黒砂のビーチと種々多彩な色が織りなす、見事なコントラストをお楽しみいただけます。 自然を愛する方たちは、フィジー独特のさまざまな種に出会うことができます。特にボウマ国立歴史公園がおすすめです (ここではボウマの滝も必見です)。
首都スバの所在地であるフィジー諸島最大のこの島には、美しいビーチがいくつもありま... 詳細
4
ビティレブ島
首都スバの所在地であるフィジー諸島最大のこの島には、美しいビーチがいくつもあります。ヤシの木が茂るナタドラ ビーチは、世界の美しいビーチの 1 つとして有名です。絵に描いたような三日月形のビーチにはサラサラの砂がたたえられ、切り立った崖へと続いています。頭上に実るココナッツと真っ青なラグーンが、人々を海水浴に誘います。
世界最大のサンゴ礁は、実は 3,000 もの別々のサンゴ礁から形成されています。... 詳細
5
モーレア
世界最大のサンゴ礁は、実は 3,000 もの別々のサンゴ礁から形成されています。 モーレア島は、シュノーケリングやダイビングの拠点にぴったりで、サンゴに住むさまざまな生き物に出会えます。 泳げない方も、グラスボトム ボートから素晴らしい海の生き物たちを観察できます。 巨大な火山がエメラルドグリーンの海から隆起して形成されたモーレア島は、ハートの形をした素晴らしい楽園です。
エファテ島は、3... 詳細
6
エファテ
エファテ島は、3 つの国が人気テレビ番組「サバイバー」を撮影した場所ですが、番組の内容とは異なり、エファテ島では穏やかな時間を過ごすことができます。 島国であるバヌアツ共和国の一部を成すエファテ島は、かつては英国およびフランス領の南の島でした。島の文化や食生活には、イギリスとフランスの影響が色濃く残っています。 首都ポート ヴィラには多数のレストラン、ショップ、美術館があるほか、スキューバ、ジェット スキー、パラセイリングもお楽しみいただけます。 また、壮大なメレ滝も必見です。
バヌア... 詳細
7
バヌアレブ
バヌア レブ島では、雨林でのハイキング、ココナツ農園のツアー、サブサブ温泉でのリラックスなど、楽しみ方は十人十色です。 地元民が提供するアドベンチャー ツアーでは、ジャングルの谷の中でのリバー チュービング、砂地のトレイルを疾走するマウンテン バイキング、スプリット ロックのサンゴ礁でのスノーケリングをお楽しみいただけます。 ジャンミシェル・クストー (ジャック・クストーの息子) が、環境に優しいダイブ センターを運営しており、初心者からベテランまであらゆるレベルのダイバーにぴったりのコースとパッケージを提供しています。
ココナッツ... 詳細
9
ラロトンガ
ココナッツ ミルクをすすりながら、ハンドメイドのアクセサリーを安く手に入れたり、ライブ ミュージックに合わせて踊ったり…これはラロトンガ島での典型的な土曜日の朝の過ごし方です。 埠頭側にあるプナンガ ヌイ マーケットを数時間かけて一通り回った後は、サンゴ礁に守られたこの火山島のビーチにお出かけください。 穏やかなスイミングやスノーケリングを楽しめる、絵に描いたようなラグーンが多数あります。また、東側のビーチで月明かりの下で散策すると、魔法にかかったような気分になるでしょう。 島内の色鮮やかな雨林を探訪するには、ラロ サファリ ツアーが人気です。