トリップアドバイザーの旅行エディターが選んだ、死ぬまでに行きたい世界のおすすめ旅先リスト。口コミで評判の世界の観光スポットを、テーマ別に厳選し写真とともに紹介します。

« 全てのバケットリスト

死ぬまでに行ってみたい、世界の奇妙なビーチ 15

ピンクにブラックにグリーン、貝殻にガラスに古代遺跡……世界にはいろいろなビーチがあるんです。今回は世界の変わり種ビーチ15カ所をご紹介します。

1

カリブ海に浮かぶセントマーチン島のマホビーチは、空港と海の間にある立地。頭のすぐ上を飛行機が通過し、すごい迫力です。  詳しく見る»

2

世界遺産にも登録されている西オーストラリアのシャークベイにあるシェルビーチ。その名の通り小さな貝殻でできたビーチです。  詳しく見る»

3

カリフォルニア州のグラスビーチは元はゴミ捨て場。数十年を経て波に削られたガラスのゴミは、世にも不思議な美しいビーチに生まれ変わりました。  詳しく見る»

4

バハマにあるピンクサンドビーチ。そのほんのり桃色の正体は、細かく砕けたピンクの貝殻。昼間はもちろん夕焼けの時間帯もすばらしいとか。  詳しく見る»

5

ハワイ島にあるプルナウ黒砂海岸は、流れ出た溶岩が海水で急激に冷やされてできたもの。ウミガメがやってくるビーチとしても有名。  詳しく見る»

6

同じくハワイ島のグリーンサンドビーチ。緑色に見えるのはカンラン石(ペリドットの原石)の結晶が砂に混じっているから。  詳しく見る»

7

オーストラリア東海岸のハイアムスビーチは、「世界一白いビーチ」としてギネスブックにも登録。まるで小麦粉のようなビーチは歩くとキュッキュッと音がします。  詳しく見る»

8

ユカタン半島にあるトゥルムビーチには、古代マヤの遺跡があり、ビキニと古代遺跡という不思議な組み合わせを楽しめます。  詳しく見る»

9

バングラディッシュのコックスバザールは全長120キロと世界一長いビーチといわれています。ちなみに日本の九十九里浜は60キロなのでおよそ2倍の長さ。  詳しく見る»

10

南アフリカのボルダーズビーチにはアフリカペンギンが数多く生息。隣接するビーチではペンギンと一緒に泳ぐことも可能です。  詳しく見る»

11

サンディエゴにあるラホヤは自然たっぷり。都会に隣接していながらペリカンやアザラシが海岸をうろうろ。ただしこのビーチはアザラシ専用で人は入れません。  詳しく見る»

12

能登半島の西海岸に面した千里浜渚ドライブウェイは、波打ち際を自動車で走ることができる観光道路。大型のバスも通行します。  詳しく見る»

13

ニュージーランド北島のこのビーチでは、干潮時にスコップを持った人が集まり、波打ち際を掘り出します。あっという間にプライベート温泉に早変わり。  詳しく見る»

14

ニュージーランド南島のモエルキボールダーは、ビーチにまん丸の奇岩がゴロゴロと転がっています。大きいものは3トン近くもあるとか。  詳しく見る»

15

海岸から100メートルほど離れた草原のまっただ中にあるこの景色は、湖ではなく塩水のれっきとした海。海から続く細かな洞窟が、海水を引き込んでできたそうです。  詳しく見る»