すべての記事 日本のイチ押し最新観光スポット

日本のイチ押し最新観光スポット

ショッピングからグルメまで、押さえておきたいスポットをご紹介。

Melinda Joe
著者:Melinda Joe2022年12月12日 6分で読める
夕暮れの時の富士山と東京の街並み
夕暮れの時の富士山と東京の街並み
画像提供: Jackyenjoyphotography/Getty Images

日出ずる国が再び輝くときがやってきました。何年にもわたる新型コロナウイルス(COVID-19)による閉鎖を経て、日本は外国人観光客に完全に開かれました。米国を含む68か国のビザ免除が復活し、3回のワクチン接種証明があればPCR検査が不要になりました。屋内や公共交通機関ではまだ人々はマスクを着用しており、場所によってはマスクの着用が義務付けられている場合もあることにご注意ください。

どの旅行者もきっと新しい経験ができます。ドル円の為替レートも良いので、今が一番良いタイミング。東京京都大阪の新しいホテル、レストラン、観光名所や、アートが盛んな直島でのインスタレーションなど、おすすめのスポットをご紹介します。

東京MIYA

ショッピング

東京は、パンデミック前に計画された大規模な開発プロジェクトのおかげもあり、劇的な変化を遂げました。ファッションの街、渋谷には、MIYASHITA PARKや、屋上に展望台がある46階建て超高層ビルの渋谷スクランブル・スクエアなどの巨大複合施設が誕生しています。

ホテル

フォーシーズンズホテル東京大手町のダイニング・ルーム、ピニェート
フォーシーズンズホテル東京大手町のダイニング・ルーム、ピニェート
画像提供: Courtesy of Four Seasons Hotel Tokyo at Otemachi

新しいホテルの数々が、都会のビジネス地区にコスモポリタンな雰囲気をもたらしています。ペットと一緒に泊まれるスイート・ルームとダイニングを備えたキンプトン新宿、虎ノ門に位置する豪華なゴールド・バーと新しいジェイド・ルームが自慢の東京エディションなどがあります。皇居にほど近いフォーシーズンズ大手町は、ミシュランの星を獲得したフレンチダイニングのエスト、窯焼きピザのピニェート、おしゃれなカクテルを楽しめるバーのヴェルテュなど、食の発信地として脚光を浴びています。

レストラン

東京にはミシュランの星付きレストランが203軒もあり、食の大国であることに間違いありません。そして、エキサイティングな新しいコンセプトのレストランが続々と登場しています。を運営するミシュランの2つ星シェフ、長谷川在祐氏と彼の最高の仲間たちと、フロリレージュの川手寛康氏がチームを組み、デンクシフロリを立ち上げました。店内はカウンター席のみで、ホタルイカを詰めたタコスや赤キャベツの酢味噌和えなど、遊び心のあるコラボレーションを楽しむことができます。

新進気鋭のシェフ、児玉智也氏が率いるアシッドでは、発酵を基調としたジャンルを超えた料理が提供されます。その他の有名店には、イタリアン・キッチンのレンズを通して日本の食文化を探求するグッチ・オステリア・ダ・マッシモ・ボットゥーラや、東京で現代ペルー料理を味わえるヴィルヒリオ・マルティネス氏のマスなどがあります。昨年オープンしたダニエル・カルバート氏のセザンは、アメリケーヌ・ソースを添えたカリカリのアマダイなどの特製料理でグルメ愛好家の間では欠かせない存在となっています。

バー

バーテンダーの後閑信吾氏とバリスタの石谷貴之氏がコラボレートしたゼロウェイスト(廃棄物ゼロ)のカフェバーアッシュでは、サステナブル・カクテルがメニューに並びます。ここでのおすすめは、マティーニ。ジンと自家製ベルモットのブレンドに余ったハーブを加え、レモンをかけたキューブ状のオリーブ・ペーストが添えられています。このオリーブ・ペーストは、他のスピリッツにしみ込ませるために使用されたオリーブから作られています。

京都

ホテル

多くの投資が行われ、京都の宿泊施設の範囲が広がりました。特に高級な宿泊施設が増えています。最も注目に値するのは、三井家のかつての邸宅の敷地内に建てられた161室を擁するホテル、ホテル ザ ミツイです。スイート・ルームからは二条城の景色を眺めることができます。このホテルの傑出している点として、深さ1,000mからの源泉を利用した地下温泉の素晴らしいプールを挙げることができます。

京都のホテル ザ ミツイの温泉スイート
京都のホテル ザ ミツイの温泉スイート
画像提供: Courtesy of Hotel The Mitsui

歴史ある祇園地区にあるブティックホテル、The Shinmonzen(ザ・シンモンゼン)は、白川を見下ろす立地に建てられた安藤忠雄氏設計のアートに満ちた建物に、和と洋の感性を融合させています。有名な錦市場の近くにあるエース・ホテルは、クラフト・カクテル、コーヒー、タコス、DJナイトなどで、京都のダウンタウンに流行りのエネルギーをもたらしています。さらに北の清水寺にほど近いMaana Homesは、11月に3つの新しいスイートをオープン。和紙を張った壁、手編みの竹格子、深い陶器の浴槽など、日本の職人技が光るモダンなインテリアがゲストを迎えます。木造のタウンハウスを改装したこの複合施設には、スタイリッシュな「喫茶 吉新」カフェと、漆と金粉で陶器を修理する技術である金継ぎ体験ができる小売スペースとワークショップであるPOJ Studioが含まれています。

レストラン

今、伝統的で保守的な京都のいたるところで創作料理が盛んになっています。北欧の雰囲気が漂うLurraや、テーブルが2つしかないモダンなイタリア料理の隠れ家的レストランイル ガラージュなどの成功にインスパイアされ、コケのようなトレンディな新店が登場しています。ホテル ザ ミツイ内にある都季では、この地域の風景からインスピレーションを得た繊細な和フレンチを提供しています。また、井上勝仁氏による6席のシェフズテーブルでは、イタリア、スペイン、日本の影響を融合させた料理を提供しています。街から1時間ほど離れた美しい琵琶湖に面したレストランSowerは、4月にオープンして以来、コンテンポラリー・ダイニングの人気スポットとなっています。

観光スポット

今年、国内で最も期待されている新施設の1つであるジブリ・パークのオープンは11月1日です。クラウドファンディング・キャンペーンによってパンデミックによる閉鎖から救われた、東京で大人気のジブリ美術館とは別の施設です。この新しいテーマ・パークは、京都から電車で約2時間の17エーカーの敷地にあります。2022年には、ジブリの大倉庫、青春の丘(ハウルの動く城猫の恩返しなどの映画にインスパイア)、どんどこ森(となりのトトロへのオマージュ)の3つのエリアがオープン。さらに2つ、魔女の谷ともののけの里が2023年に続く予定です。

大阪

ホテル

にぎやかな心斎橋の中心部にある洗練された黒いタワーに日本初のWホテルが誕生し、落ち着いた雰囲気の大阪はスタイルを一新しました。ここは、ネオンが輝くストリートフードの中心地、道頓堀から歩いてすぐの場所です。

観光スポット

大阪の道頓堀の夜景、日本
大阪の道頓堀
画像提供: Alexander Spatari/Getty Images

一方、街の反対側の北区には、40年の構想を経て2022年2月に開館した中之島美術館があります。ここは広大な文化施設で、6,000点を超える近代の傑作のコレクションから作品を展示するための大きな大型展示室やアトリウムを備えています。

直島

観光スポット

草間彌生《水仙の庭》1966/2022ステンレス製球体、著作権:草間彌生
草間彌生《水仙の庭》1966/2022ステンレス製球体、著作権:草間彌生
画像提供: Masatomo MORIYAMA/Courtesy of Benesse Art Site

香川県直島にあるベネッセ・アート・サイトは、昨年8月の台風で美術館のシンボルである草間彌生氏の斑点のある黄色いカボチャが流されてしまい、話題になりました。幸いなことに、今月初めに再現された彫刻が桟橋の端の元の場所に戻されました。草間彌生の新作「ナルシスの庭」では、1700個のミラーボールが登場し、その一部は美術館に最近開設されたバレー・ギャラリーの入り口にある池の水面に浮かんでいます。また、美術館とホテルのハイブリッド施設ベネッセ・ハウスには、アーティスト・杉本博司氏の瞑想的な作品30点を展示する常設ギャラリーも開設されました。