すべての記事 香港のイチ押し情報:最適な日帰りプランを検索

香港のイチ押し情報:最適な日帰りプランを検索

香港のスポットと人々のコラージュ。左上から時計回りに:ソーホーの看板前を歩く男性、マイクを持って歌うKiri T、ザ・ピークの景色を眺める2人の男性、グラフィティの壁、ネオンLED照明装置の前のクラッシュ・アダムス、夜のビクトリア・ハーバーに浮かぶジャンクボート、カジュアルなダイナーで食事をする男性グループ
画像提供: (Clockwise from top left) Pariyanuchy/Tripadvisor, Chris Lusher (lusher_photography), Robson Hatsukami Morgan/Unsplash, BradJill/Tripadvisor, Chris Lusher (lusher_photography), Big Dodzy/Unsplash
Tripadvisor in partnership with Warner Music
著者:Tripadvisor in partnership with Warner Music2024年3月26日 12分で読める

香港には、多彩な音楽シーンとさまざまな側面があります。ライブ・アット・ザ・ビッグ・トップで新進気鋭の音楽アーティストに会い、地元出身の人気スター、Kiri Tのお気に入りのフードや、テキサスのクルーナー歌手、ジョニー・スティムソンが立ち寄る港のスポットなど、香港のイチ押し情報をまとめました。

昔ながらの茶餐庁(香港式のカフェ)やネオンが輝く裏通りから、再生された歴史的建造物やモダン広東レストランまで、この旅行ガイドでは、香港についての知識と魅力のすべてを網羅しています。どこから出発すればよいか迷う方に、香港で最高の1日を過ごす方法をご紹介します。

香港らしさに浸るBGMをピックアップ:

クリックしてSpotifyで再生🎧
「Skateboard Night(スケートボード・ナイト)」 - Zpecial
「Housing Problem(房屋供應問題)」 - ムーン・タン
「Smile(スマイル)」 - ジョニー・スティムソン
「Wanderlust(ワンダーラスト)」 - ポール・パルトハップ
「Psycho(サイコ)」 - Kiri T
「Good Side(グッド・サイド)」 - クラッシュ・アダムス
「hebeolle」 - パン・イェダム
画像提供: Chris Lusher (lusher_photography)

香港でロマンチックな1日を満喫

バン・イェダムの「hebeolle」ポール・パルトハップの「Wanderlust(ワンダーラスト)」クラッシュ・アダムスの「Good Side(グッド・サイド)」を選んだ、恋したい気分のあなたに。香港ののどかなウォーターフロントや魅力的な海辺の街を散策する以上に、ロマンチックな体験はありません。

夜のビクトリア・ハーバーで、赤いジャンクボートが航行する様子。画像上のテキスト:「『Good Side(グッド・サイド)』は香港の雰囲気をよく表しています。人々はみんな陽気で明るく、街は活気にあふれています。 - クラッシュ・アダムス」
香港の観塘海濱花園
西貢の壁のグラフィティ
画像提供: (Clockwise from left) Andres Garcia/Unsplash, Adam Xin/Tripadvisor, BradJill/Tripadvisor

午前:観塘

古くは工業地帯だった、九龍のインダストリアル・シックなエリア、観塘で1日をスタート。ウォーターフロント沿いにきらめくオフィスタワーに囲まれた、クリエイティブな雰囲気が漂うエリアです。かつての工業用建物や工場の中にひっそりと佇むおしゃれなカフェで、エネルギーをチャージしてみては。美味しいコーヒーを飲みたい人は、Coffee Slaveやコーヒーロースタリー兼ベーカリーのFirst Glanceをきっと気に入るはず。ステーキハウスFactory 99も古い工場を利用した興味深いスポットで、地元のオフィスワーカーがよく集まります。

朝食の後は、観塘海濱花園に沿ってロマンチックな散歩をしたら、見事なウォーターフロントの景色を堪能して。旅行者によると、夕暮れ時に訪れるのはもちろんのこと、香港の高層ビル群の夜景を楽しむのにもぴったりです。

もっと冒険するなら、19世紀の遺跡や広い墓地を通り過ぎて、デビルズ・ピークの頂上まで1時間のハイキングに出かけることもできます。ロマンチックなハイキングコースとは思えないかもしれませんが、頂上からの景色を見れば、きっと見方が変わるはず。

午後:西貢

西貢の海辺でランデブーに出かけてみるのはいかが。地元の人たちに人気の週末旅行スポットです。ミシュラン推奨のChuen Kee Seafood Restaurantで、ウォーターフロントでランチタイムをお楽しみあれ。お好みの方法で調理した新鮮な魚介類を提供しています。蒸し物、ソテー、揚げ物など、希望する調理法を伝えることができます。スタッフのおすすめを教えてもらうか、名物料理のロブスターヌードルのチーズソース添えを注文するのもおすすめ。それでも迷ったら、Chip In Fish & Chipsの古き良きフィッシュアンドチップスに勝るものはありません。

パイナップル饅頭やポルトガル風エッグタルトで有名なMiss Hui Homemade Steamed Bunや、Sai Kung Cafe & Bakeryで軽食を買ったら、西貢市の残りのエリアを散策してみて。まずは通りに並ぶ色鮮やかな壁画や、個性的なブティックから見て回ることができます。

街の中心部で午後を過ごすこともできますが、息を呑むほど美しい景色、ハイキングコース、絶景のビーチなどを巡るのがおすすめ。この半島が「香港の裏庭」と呼ばれる理由がきっと分かります。1時間半程度の大浪湾の短いハイキングコースでは、4か所の美しいビーチにも立ち寄ることができます。西環咸田湾大環東灣です。特に夏には、シュノーケリング、スタンドアップパドルボード、グラスボトムカヤックなどのウォータースポーツにも最適です。

夕方:ビクトリア・ハーバー

尖沙咀に戻り、ビクトリア・ハーバーのそばで涼しい夜を過ごすのはいかが。ますは、遊歩道のそばにあるアベニュー・オブ・スターズからスタート。ここでは、彫像ではありますが、 ブルース・リーやアニタ・ムイなどの香港のスターと一緒に、圧巻の高層ビル群をバックに写真撮影ができます。

午後8時の魅惑的なシンフォニー オブ・ライツショーを待つ間、K11 MUSEAK11アートモールなどのショッピングモールに立ち寄ってショッピングをしたり、港を見渡すレストランでロマンチックなディナーを楽しんだりできます。トラベラーズチョイスアワードを受賞したAbove & Beyondホテル・アイコンの最上階にある広東料理店)や麗晶軒リージェント香港のミシュラン星付きレストラン)なら、間違いなしです。

夜の締めくくりには、伝統的な赤い帆のジャンクボートで、リラックスしたハーバークルーズに出かけるもよし。賑やかなテンプル・ストリート・ナイト・マーケットで夜を楽しむもよし。屋台グルメを味わったり、おみやげを探したり。路地裏を散策すると、お気に入りのウォン・カーウァイの映画のワンシーンを再現できます。

宿泊場所

香港で文化とナイトライフを満喫する1日

Zpecialの「Skateboard Night(スケートボード・ナイト)」ムーン・タンの「Housing Problem(房屋供應問題)」、またはKiri Tの「Psycho(サイコ)」を選んだあなたは、穴場スポットを散策するのが好きなクリエイティブタイプ。香港のスタイリッシュなエリア、独創的なアートセンター、受賞歴のあるバーやレストランなら、きっと気に入るはずです。

夜のテンプル・ストリート・マーケットの上空写真。画像上のテキスト:「『Skateboard Night(スケートボード・ナイト)』を聞くと、香港の素晴らしい夜の景色をイメージできます。 - Zpecial」
大坑のダイナーで食事をする男性グループ
ソーホー香港のホテル正面玄関のグラフィティ
画像提供: (Clockwise from left) Chapman Chow/Unsplash, Big Dodzy/Unsplash, ittsu88/Tripadvisor

午前:M+ミュージアム

アートを満喫する冒険の始まりに、Kubrick Bookshop CafeのKubrick Bookshop Cafeを訪れてはいかが。このカフェは、多くの作品を生み出した映画監督、スタンリー・キューブリックをイメージしています。アートハウス映画館のBroadway Cinemathequeに隣接する絶好のロケーションで、朝食とコーヒーを楽しみながら、英語や洋書の幅広い書籍や雑誌を閲覧できます。

食事を終えたら、世界最大級の近現代ビジュアルアート美術館、西九龍M+ ミュージアムへ向かってみて。33のギャラリー、3つの映画館、マルチメディアライブラリーを擁し、コンセプチュアルアーティストの草間彌生、ファッションデザイナーのグオ・ペイ、デジタルアーティストのビープルなど、現代アーティストの作品を展示しています。国際的なアーティストだけでなく、香港の消えつつあるネオンサインを守る保全活動など、地元のアーティストや文化にもスポットライトを当てています。

ヒント:ミュージアムの屋上庭園では、ビクトリア・ハーバーを一望できます。

午後:大坑&PMQ

新旧が見事に融合したトレンディなエリア、大坑へ。Shun Hing Restaurantで、とろとろのスクランブルエッグとチャーシューに舌鼓を打ってみては。道路沿いの大排檔(屋外の屋台グルメ)、Bing Kee Cha Dongでは、豬排麵とアイスミルクティーが人気です。

ランチの後は、このエリアのクリエイティブで若々しいエネルギーに満ちた、おしゃれなブティックをのぞいてみて。スケーターの少年少女は、Psyroot Store(地元のスケートショップ)をきっと気に入るはず。また、小物やアクセサリーを集めるのが好きな方は、Kanamono(日本風の金物店)やThe Minimal(ヴィンテージ雑貨店)も要チェックです。

エネルギーをチャージするなら、Fineprint(オーストラリアスタイルのカフェ)、Muse(カフェ兼雑貨店のコンセプト)、Unar Coffee Company(テイクアウト専用のコーヒーショップ)など、モダンなコーヒーショップへ。スイーツがお好きなら、Cookie Vission(クッキーショップ)やPlumcot(フランス風ペストリーショップ)のデザートがおすすめです。

大坑を訪れるなら、金曜日から日曜日、または祝日が狙い目です。虎豹別墅(タイガーバームガーデン)の1時間半の限定ガイド付きツアーに参加できます。人々に愛される薬用バームを開発した実業家、胡文虎がかつて住んでいた邸宅です。ツアーは人気のため、早めに予約するのがおすすめです。

次に、士丹頓街と鴨巴甸街の交差点にあるPMQで、地元のデザイナーや職人の作品を楽しむひと時を。かつてのポリス・マリード・クォーターズは、クリエイティブなアートセンターに生まれ変わりました。2つの建物には、100を超えるデザインストア、ポップアップ、カフェ、展示会、ワークショップが入っています。職人仕様の絵の具(513 Paint Shop)、竹製品(Bamboa Home)、上質な石けん(Bathe to Basics)、が販売されています。ジュエリー作りや料理教室に参加したり、アートジャミングセッションに参加したりすることもできます。

夕方:ソーホー

クリエイティブなアートの中心地となった歴史的建造物も、ぜひ訪れたいスポットです。中環のソーホー地区の中心にあり、旧中央警察署の敷地となっている大館ヘリテージ&アートセンターです。ブティックショップや展示会のほか、Behind BarsやThe Chinese Libraryなど、素敵な夜のお出かけにぴったりのレストランやバーも充実しています。2軒目をお探しなら、ソーホーエリアの他のバーやクラブ、シーシャラウンジに繰り出してみるのはいかが。移動には、世界最長の屋外エスカレーター、中環のミッドレベル・エスカレーターをぜひ利用したいもの。

他にもディナースポットをお探しなら、贅沢な紅焼牛肉麺で有名な地元で人気のKau Kee Food Cafeや、いつも繁盛しているHo Lee Fookなどのモダンなダイニングもあります。驚くほど卓越したサービスとインテリアで、ぜひ訪れたい店です。どちらもとても混雑しているので、早めに並ぶか予約する必要があります。もっとカジュアルに楽しみたいなら、Little Baoでフュージョンバーガーの包子(蒸し饅頭)を、または上環YardBird焼き鳥、日本酒、カクテルを堪能できます。

カクテルについては、香港にはアジアでトップクラスのバーがあります。『Asia's 50 Best Bars』(アジアズ・フィフティ・ベスト・バーズ)で常にトップの座を占め、リュウゼツランの蒸留酒を専門とするメキシコ風のバー、COAで寝る前の一杯を味わってみては。他にも、エルンスト・ヘミングウェイにオマージュを捧げた、受賞歴のあるThe Old Manもおすすめ。

宿泊場所

香港の自然に触れる1日

ジョニー・スティムソンの「Smile(スマイル)」を選んだあなたは、今この瞬間を生きており、人生のシンプルなことを大切にしているはず。都会の喧騒から離れて、香港の自然や山頂を探索してみては。

ザ・ピークの景色を眺める2人の男性。画像上のテキスト:「私には『Smile(スマイル)』がぴったりだと思います。 夢のような毎日を過ごし、世界中を旅して歌うことができただけでなく、たくさんの笑顔あふれる人々に出会うことができました!- ジョニー・スティムソン」
大澳の漁村
ランタオ島(大嶼島)の大仏の上空写真
画像提供: (Clockwise from left) Robson Hatsukami Morgan, Keith Hardy, Jason Cooper/Unsplash

午前:ランタオ島(大嶼島)

1日を始める前に、高名なシェフ、Grégoire Michaud氏の職人技が光るベーカリーBakehouseや、独創的なエッグタルトで人気のQueen Sophieなど、香港で人気のベーカリーで朝食をテイクアウトしてみては。どちらも市内に複数の支店を展開しているので、近くの店舗が見つかるはずです。昂坪360ケーブルカーの列に並ぶときに備えて、エネルギーをチャージしておくのがおすすめ。 事前にチケットを購入しておけば、列に並ばずに済みます

25分間ケーブルカーに乗って、大嶼島まで美しい景色に浸るひと時を。360度のパノラマビューを一望できる「クリスタルプラス」キャビンがおすすめです。ハイキング、自然、文化を楽しめる群島に到着します。島に到着したら、天壇大仏をお見逃しなく。高さ約34メートル、重さ約250トンの巨大なブロンズ像です。大仏を下から眺めるか、268段の階段を上って間近に見ることもできます。その後は、香港で最も重要な仏教僧院の1つである、隣の寶蓮寺を探索できます。

ヒント:大嶼島は空港に近いので、途中で立ち寄ったり、最終日に楽しめるアクティビティを探したりしている場合に、半日を過ごすのにぴったりです。

午後:大澳の漁村

修道院にはベジタリアン向けのレストランとカフェがあり、島で美味しいランチを堪能できます。ベジタリアン料理の他にも、大嶼島の反対側にある歴史的な大澳の漁村で、午後の探検を楽しむこともできます。Tai O StoreまたはCrossing Boat Restaurantで新鮮なグリルシーフードのランチを楽しんだり、Cheung Choi Keeでエビと豚肉の有名な「ハズバンド・ロールズ」を味わったりできます。

お腹がいっぱいになったら、いざ大澳へ。この村の名物である高床式の家を建てた、地元漁師のコミュニティ、先住民タンカ族の暮らしについて学んでみては。

大澳へ旅する代わりに、島全体をハイキングしてみることもできます。一番挑戦しやすいのは、梅窩から南山までのランタオトレイル(セクション1)の一部です。

夕方:ビクトリア・ピーク&中環(セントラル)

香港を訪れるなら、市内で最も標高の高い地点にあるビクトリア・ピーク(ザ・ピーク)は外せません。ガラス張りの天井のピーク・トラムに乗って頂上まで行き、スカイ・テラス428で夕日を鑑賞してみては。夕暮れが近づくと、きらめく光の海の中で香港の高層ビル群が生き生きと浮かび上がります。有料でテラスに入場しなくても、ヴィクトリア・ピーク・サークル・ウォークをふらりと歩くと、最高の景色を眺めることができます。

景色を満喫した後、夜を締めくくるのにぴったりなのが中環エリア。ミシュラン推奨のYat Lok Restaurantで北京ダックのディナーを堪能するもよし、Luk Yu Tea Houseで点心や焼きそばを味わうもよし。乾杯するなら、アジア風のクラフトカクテルを生で味わえるDraft Landや、マンダリン・オリエンタルの25階でビクトリア・ハーバーのパノラマビューを望む、和風居酒屋のThe Aubreyがおすすめ。

宿泊場所

香港のヒット曲をプレイリストに保存