推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

ボストンの、3時間の映画とTVのプライベートツアー

日付および旅行者を選択する
最安値
¥25,706
日付
2 人
オプション
みどころ
    主なポイント
    このガイドなしのプライベートツアーなら、ご自分専用の運転手と車付きで、行き先もお好きなように選べます!ご指定の車両で、運転手が市内をご案内します。非常に有名な映画やテレビ番組の撮影現場をまわり、各場所での滞在時間はご自分で決められます。 この3時間のツアーは、まずご滞在ホテルまたは現地宿泊施設へお迎えに行き、ガイドとともに市街のツアーに出かけます。 
    チャールズタウンを訪れ、『ザ・タウン』の撮影現場を見学します。ベン・アフレックがこの歴史的な地区を彼の映画の舞台とし、銀行強盗、ギャング活動、 FBI の犯人捜査が繰り広げられます。ただし、この地区は歴史や文化に溢れ、たくさんの史跡のある場所でもあります。 
    ボストンのノース・エンドを訪れ、『ナショナル・トレジャー』や『ザ・タウン』をはじめとする様々な映画の撮影された場所を見学します。『フィーバー・ピッチ』でジミー・ファロン扮する「ベン」の住む住宅街にも行きます。 続いて近くのウエスト・エンドへ移動し、『ディパーテッド』の中で警察の本署として使われた精神病院を見学します。 
    その後、地元の人が「サウシー」と呼ぶ、サウス・ボストンのアイリッシュ・アメリカン街を訪れます。映画監督たちは、『ザ・タウン』、『サウシー』、『評決』、『ミスティック・リバー』、『ディパーテッド』、そして『ゴーン・ベイビー・ゴーン』といったアイリッシュ・アメリカン映画の下調べをする際に、しばしばサウス・ボストンのこの地区に「本物」を求めて訪れます。 さらに、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の中で、マット・デイモンとベン・アフレックの出身地のパブという設定で使われたLストリート・タバーンも見学します。
    おまけに映画『21』で使われたボストン・コンベンション・センターのあるサウス・ボストンのウォーターフロントと港地区へも足を伸ばします。 同じ地区で撮影された映画には『ゲーム・プラン』や『ネクスト・ストップ・ワンダーランド』があります。 モークレイ裁判所にちょっと立ち寄り、悪名高きギャング、ジェームズ・「ホイットニー」・バルガーが罪状認否を行った場所をご覧ください。ここは『ディパーテッド』の中でジャック・ニコルソンの演じた役柄作りの背景にある実在のインスピレーションです。 
    ツアーはビーコン・ヒルやボストンのダウンタウンにも訪れ、その地区にある観光スポットや、人気のボストン・コモン、ボストン・パブリック・ガーデンなどをめぐります。『チアーズ』、『テッド』、『アリー my Love』、『処刑人』、MTVの『リアルワールド』、そして『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』などの映画やTV番組に出てきた地区なので、見覚えがあるでしょう。 
    ツアーはご滞在ホテルまたは市内のご宿泊施設にお送りします。これで数々の新しいボストン映画の豆知識ツアーは終了となります。
    すべて表示する
    口コミ (2)
    レビューを絞り込む
    0件
    評価
    0
    0
    0
    0
    0
    旅行者のタイプ
    投稿時期
    言語すべての言語
    評価
    0
    0
    0
    0
    0
    口コミ中のキーワードを検索
    絞込み条件
    絞り込み
    一覧を更新中...
    一致する情報がありません。他のキーワードをお試しください。 口コミをチェックするには、絞り込みの削除や検索条件の変更を試すか、またはしてください。
    Q & A
    ご質問がありますか?
    注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
    送信する
    投稿ガイドライン
    主要な詳細情報
    トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
    • 低価格保証
    • 24時間前までキャンセル料無料
    • 安全性が確保された決済
    • 年中無休のサポート