推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
Google
Town Hall Pharmacyのツアーやチケット
¥9,866
詳細
¥23,420
詳細
ツアーやチケットをすべて表示
旅行者の評価
  • とても良い48%
  • 良い36%
  • 普通14%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
2019/10/22
“ヨーロッパ最古の薬局”
2019/08/13
“観光客だらけ”
お問い合わせ
Raekoja plats 11, Tallinn 10146, Estonia
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+372 5887 5701
電話
掲載内容を修正する
588件口コミ1Q&A
評価
  • 274
  • 216
  • 86
  • 10
  • 2
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
ラエコヤ広場にあるこの市議会薬局はヨーロッパ最古の薬局と言われており、1422年創業でいまも店は開いています。タリン市庁舎のちょうど真向かいに位置しています。
続きを読む
+1
このお店は”Raeapteek"と言う名前ですね。   市長舎薬局と訳すそうです。  ヨーロッパ最古の薬局らしいです。開業が1415年前後で、600年も前から営業しているんですね。中に入ります。  現在は博物館になっているらしいのですが、販売も行っているのか、薬局らしいカウンターもあります。むかしながらの薬の調剤機械や沢山の歴史的なものが展示されていました。ここでは、写真のような”蛙””蛇””鰐”などや、”焼いた蜂””ミミズの油”なども薬として販売していたそうです。なかなか、ユニークな博物館でした。
続きを読む
ラエコヤ広場からすぐのところにある現役の薬局です。通常の薬はもちろんのこと、昔のレシピで作られたワインなども販売されています。正直通常のお客さんはほどんいなくて観光客ばかりという感じですが、展示室もあって楽しめます。
続きを読む
+1
1422年に市庁舎広場に創業したこの薬局、なんとヨーロッパ最古の薬局といわれている。目印は白壁にある、蛇が器の脚に絡んだ独特なサイン。 展示コーナーでは、ユニコーンの角の粉末やミイラのかけらなど、当時使用されていた薬を見ることができるし、17世紀~20世紀の医療関係の骨董品が展示されている。ちょっと見損なったが、薬局コーナーでは“失恋の治療薬”などという不思議な薬も売られているとか。人気のスポットらしく、店内は観光客でごった返していた。
続きを読む
旧市庁舎広場の角にあります。入口は小さく目立ちませんが 壁に器の足に絡んだ蛇が目印でちょっと独特でした。なぜ蛇かというと 瀕死の人の手当てを蛇の血で治療したら回復したしたそうです。店内は手前に売り場、奥には古い器具や薬が並べてあります。売り場にハーブで作ったハンドクリームが売っていたので買いました。3.4ユーロ。お土産にしました。
続きを読む
前へ
周辺
周辺のホテル近隣のホテル92件を表示
ホテル テレグラーフ
1,995件の口コミ
0.07 km 先
スリー クラウンズ レジデンツ
591件の口コミ
0.08 km 先
Kinga Apartments
7件の口コミ
0.1 km 先
ホテル ビル イン
420件の口コミ
0.13 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン1,323件を表示
Tchaikovsky
1,009件の口コミ
0.06 km 先
Ribe
1,002件の口コミ
0.06 km 先
Balthasar
654件の口コミ
0.02 km 先
Kaerajaan
593件の口コミ
0.06 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポットをすべて表示
タリン市庁舎
1,241件の口コミ
0.08 km 先
Church of the Holy Spirit Puhavaimu Kirik
462件の口コミ
0.05 km 先
Great Guild Hall
344件の口コミ
0.09 km 先
Masters Yard
77件の口コミ
0.1 km 先