推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

ラッフルズ卿上陸地点: ツアー&チケット
Raffles Landing Site

保存
すべての写真 (85 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い16%
  • 良い33%
  • 普通50%
  • 悪い1%
  • とても悪い0%
2019/05/10
“ラッフルズ卿像があります。”
2019/05/05
“ラッフルズ像があります。”
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
29°
23°
11
28°
23°
12
28°
23°
1
お問い合わせ
Singapore River; at the end of Old Parliament Lane, Singapore, Singapore
セントラル・エリア/シティ・エリア
掲載内容を修正する
Google
ラッフルズ卿上陸地点のツアーやチケット
ツアーやチケットをすべて表示
レビューを絞り込む
47件
評価
9
13
24
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
9
13
24
1
0
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 47 件中 110
2019年5月11日に投稿しました モバイル経由

シンガポール川とマリーナベイの合流点に近い場所に、ラッフルズ卿の像が建てられています。ここは、ラッフルズ卿が最初にシンガポールに降り立った場所だそうです。

訪問時期:2019年4月
役に立った
2019年5月6日に投稿しました モバイル経由

マーライオンから歩いて10分程度の場所にあります。観光客もあまり多くない感じでした。ラッフルズの像があるだけで他に見るものは特にありません。

訪問時期:2019年5月
役に立った
2019年2月15日に投稿しました

フラトンホテルのそばにあるラッフルズの上陸地点です。1819年1月28日上陸、という表示と白いラッフルズの銅像が立っています

訪問時期:2019年2月
役に立った
2018年5月9日に投稿しました

植民地としてのシンガポールを建設したラッフルズが初めて島に上陸した場所がこことされています。確かに、シンガポール川の河口は内湾のような形状で、船をつけるには格好の場所と感じられました。しかし、実際にイギリス植民地としてシンガポールが開発されたのは19世紀のことであり、1...さらに表示

訪問時期:2018年4月
役に立った
2018年1月11日に投稿しました モバイル経由

ぷらぷら川沿いを歩いていたらありました。わざわざ行くほどではないですが、周りは景色も良くレストランなどもあるので散歩がてら行くなら良いかも。

訪問時期:2018年1月
役に立った
2017年8月24日に投稿しました モバイル経由

イギリスの植民地としてのシンガポールの歴史は、東インド会社上級職員としてインドネシア地域で活動していたThomas Stamford Rufflesが1819年に上陸し、オランダとの競争に勝つための拠点の一つとしての開発を開始したことに始まる、と学生・院生時代に信夫清三...さらに表示

訪問時期:2017年8月
1  役に立った
2017年3月4日に投稿しました

東インド会社のジャワ副総督であったラッフルズ卿が、1819年にシンガポールを「発見」して上陸した場所は、現在のボートキーの対岸です。エンプレス・プレイスの前には、背後の高層ビル群を従えて腕組みするラッフルズ卿の白い像が立っていて、フォトスポットになっています。

訪問時期:2017年1月
役に立った
2016年12月31日に投稿しました

ラッフルズ卿の上陸地点とされている場所で、シンガポール川沿いにあります。 ラッフルズ卿の像もあり、周辺も綺麗に整備されていて、ぶらぶらと散策するのによさそうでした。

訪問時期:2016年1月
役に立った
2016年11月13日に投稿しました

シンガポール川沿いに川を背にした白いラッフルズ卿像が立っており、同地点が上陸地となっているようでした。寧ろ白いラッフルズ卿像の記念撮影スポットとしての方がとおりが良さそうでした。川沿いには説明板が完備しており、こちらには上陸地を示す記載がありました。又、設置されている観...さらに表示

訪問時期:2016年11月
役に立った
2016年9月26日に投稿しました

ラッフルズが初めてシンガポールに上陸したのがこの地だそうで、白いラッフルズの像が建っています。川を背にしているのは、上陸したところを表しているから? 川側から見ると後ろ姿になります。

訪問時期:2016年8月
1  役に立った
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル341件を表示
フラートン シンガポール
6,355件の口コミ
0.06 km 先
ザ フラートン ベイ ホテル
2,458件の口コミ
0.34 km 先
アスコット シンガポール ラッフルズ プレイス
534件の口コミ
0.41 km 先
Wanderloft
1件の口コミ
0.46 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン15,589件を表示
The Lighthouse Restaurant & Rooftop Bar
628件の口コミ
0.08 km 先
ザコートヤード
494件の口コミ
0.08 km 先
Empress
446件の口コミ
0.16 km 先
Town Restaurant
703件の口コミ
0.08 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット2,718件を表示
アジア文明博物館
2,150件の口コミ
0.17 km 先
ボートキー
1,225件の口コミ
0.16 km 先
UOB プラザ
114件の口コミ
0.21 km 先
ラッフルズ卿像
273件の口コミ
0 km 先
Q & A
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン