推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

富岡製糸場

口コミ648件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

富岡製糸場

口コミ648件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
648件口コミ0Q&A
評価
  • 123
  • 280
  • 183
  • 50
  • 12
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
Holms11さんが口コミを投稿しました(10月24日)
東京23区, 東京都投稿464評価156
興味がありながら、世界遺産に登録され、それからの混み具合をニュースなどで見聞きして足が向きませんでした。 思い立って、平日に行きました。想像以上でした。若いころ読んだ『女工哀史』のイメージが強く、「女工さんはここで悲惨な暮らしをしていました。没落士族の娘が多かったので家に戻ることもできませんでした」とか「国に帰れるのは、正月と病気になった時だけ。このような人たち努力が礎になって今の日本が...云々」などという話ならつらいなぁ、などと思いながらガイドツアーに参加しました。 ところが! お給料こそ高くはなかったけど、三食と毎日のお風呂が保証されていて、仕事は日のある間だけ(しばらく電気が通っていなかったので)、病気になれば中に診療所があり、日当たりのいい入院施設もありました。何よりすばらしいのは、教育システムがあったこと!編み物、裁縫等々を教わっていたそうです。とてもうれしくなりました。 建物自体も、その内部もよく維持管理されていて、古い建物に妙に惹かれる私はいつまでいても飽きないと思いました。フランス人技術者の指導のもと、地元群馬や埼玉などの素材を駆使して、あの建物をわずか1年半で建てた日本人。そのすごさが、その後の日本の原動力になったのだなあと改めて思いました。 ガイドツアーで説明してくださったご年配の女性ガイドさん。説明がわかりやすく、博識な方でした。ひとりでパンフレット片手に見て回る、何倍も楽しめました。よく見ると、ギフトショップのレジの方以外、年配の方が多いようでした。皆さん落ち着いた、しかし生き生きした雰囲気を醸し出していて、それも富岡製糸場の魅力の一つだと思いました。
続きを読む
訪問時期:2020年10月
役に立った
シェアする
アジアっ子さんが口コミを投稿しました(10月4日)
埼玉県投稿420評価62
冨岡製糸場と絹産業遺産群として2014年に世界遺産に登録された。繰糸所、東置繭所と西置繭所は国宝。女工館、検査人館、首長館、蒸気釜所などが重要文化財。ここには観光バスや小学生の見学も来ており、今回、回った地の中では最も見学者が多かった。群馬県は古くから養蚕、製糸、織物が盛んで、明治新政府はそれを下地に殖産興業の中心事業として明治5年(1872年)に官営富岡製糸場を建設、外国人技術者の指導を受けて、生糸の品質改良を図り、近代機材を導入して大量生産によって輸出を促進した。ここで技術を習得した若い女性がそれぞれの地元に帰り指導者として技術の普及に努めた。冨岡製糸場はその後、民営に移り、昭和62年(1987年)まで操業を続けていた。 世界遺産登録前に見学したが、国宝指定なども有って整備が進み、見学施設も増え(翌3日から西置繭所の見学が始まる)、ガイドも愛着が持つ地元ボランティアが常駐し、格段に見学環境が良くなっている。明治5年にこれだけの大きな規模、世界最先端機材と近代技術の導入が出来た事は驚きである。下地として、江戸時代後半には徳川政権や雄藩での近代化への取り組みが始まっていたのだろう。付近の市営有料駐車場も徒歩5,6分程度に幾つかでき、食堂、土産物店も周辺に増えている。暫くは休館が続き、現在も人数制限を行っているが、ようやく首都圏を中心に回復の兆しが見えてきているとの事。
続きを読む
訪問時期:2020年10月
役に立った
シェアする
ひさのこさんが口コミを投稿しました(2020年9月)
大阪市, 大阪府投稿4,251評価231
世界遺産として登録されていたし近くを行ったので寄ってみた。期待も込めたが、跡地と近年まで使用してた機材と建物や女工の寄宿舎と創設者の住まいが、当時のまま残されていたことだけだし、敷地が広く別段これといって見所が少ない。一言で言えばフランス人の創設者が生糸制作を指導したのと日本の生糸は良質で世界に輸出されてたことが解った。入場料も高いなと思うが、維持のために仕方ないのかも…。 最後に大竹しのぶと地井武男主演の野麦峠を思い出した。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
役に立った
シェアする
musashikuronekoさんが口コミを投稿しました(2020年8月)
さいたま市, 埼玉県投稿129評価51
建物は立派ですが、中は大したことないです。これで1000円の入場料は高すぎる。近年まで工場として使っていたとは思えない寂れ方。ペンキが剥がれている。
続きを読む
訪問時期:2020年7月
役に立った
シェアする
ずみ ずみさんが口コミを投稿しました(2020年7月)
投稿62評価15
勝手に期待値を高くしていたのが原因ですが、ちょっとがっかりしたというのが本音です。「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、生産量が限られていた生糸の大量生産の実現と、日本の近代絹産業に関する遺産として世界遺産に登録されたようなので、評価基準が「目に見えない」ためかもしれませんが、他の世界遺産と比べても、え、ここが何で?というのが感想です。国宝と表示された建物も、うむ、正直、なぜなのか分かりませんでした。もちろん、織機や繊維や建築を専門にされている方からすると、この価値が分からないのか!とお𠮟りを受けそうですが、正直、素人には難しい玄人受けする遺産かと。 また、付近の飲食店でも、非常に態度がよろしくない店員さんに当たってしまい(注文の途中で店を出てしまいました…私的には初めてです)、印象がさらに悪くなってしまったのが残念です。
続きを読む
訪問時期:2020年7月
役に立った
シェアする
前へ
富岡製糸場に関するよくある質問