推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

下時国家

オーナー様ですか ?
〒928-0205 石川県輪島市町野町西時国2-1
0768-32-0075
サイト
保存する
口コミのハイライト
めずらしい屋根の葺き方

年配のスタッフさんが丁寧に説明案内してくれました。 めずらしい3段になった屋根の葺き方や、家の造りについてよくわかりました。 ひっそり静かでこじんまりしていて、上時国家よりも質素な感じで趣がありま... 続きを読む

5 日前に口コミを投稿
yukappa
,
東京都
二度目でしたが・・・

二度目でした。前回、文化財としてすごい!と思ったので再訪問したのですが、とんでもない不愉快な目に会いました。まず、時国家の方に行ったら、駐車場にある売店が休み。家紋入りの手ぬぐいを探しに「自由にどうぞ... 続きを読む

2017/04/03に投稿しました
ayamo
,
水俣市, 熊本県
14 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い7%
  • 良い65%
  • 普通21%
  • 悪い0%
  • とても悪い7%
場所
〒928-0205 石川県輪島市町野町西時国2-1
お問い合わせ
サイト
0768-32-0075
口コミを書く口コミ (14)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語

口コミ 14 件中 110

5 日前に口コミを投稿

年配のスタッフさんが丁寧に説明案内してくれました。 めずらしい3段になった屋根の葺き方や、家の造りについてよくわかりました。 ひっそり静かでこじんまりしていて、上時国家よりも質素な感じで趣がありました。

ありがとう、yukappa
2017/04/03に口コミを投稿

二度目でした。前回、文化財としてすごい!と思ったので再訪問したのですが、とんでもない不愉快な目に会いました。まず、時国家の方に行ったら、駐車場にある売店が休み。家紋入りの手ぬぐいを探しに「自由にどうぞ」という表示がある別の施設へ。(茶屋と書いていたか?)ところが、おばさ...続きを読む

3  ありがとう、ayamo
2016/01/20に口コミを投稿

上時国家でも書きましたが、まあ何と巨大なわらぶき日本家屋でしょう! 上時国家と違い、急峻な上り坂はありませんが、手前のお土産物屋さん(?)も雪の季節はやっていない様子なので、暖かい時期に訪れることをお勧めいたします。

ありがとう、w2114015
2015/10/24に口コミを投稿

平家の末裔平時国が能登に流された時の住まいです。近くには上時国家もあります。 近くの岩倉寺や曽々木海岸と一緒に見学するのが良いと思いますが、交通の便はあまり良くないです。

ありがとう、euph01
2015/10/15に口コミを投稿

ガイドさんが丁寧に説明してくれました。重厚な雰囲気で平家末裔の巨大な屋敷が印象的でした。入口への坂道が急ですが、そのアプローチも風情があります。

ありがとう、フジッコちゃん
2015/10/08に口コミを投稿

上時国家は天領だったのに対しこちらの下時国家は加賀藩に属していたそうで、その辺りに配慮してか上時国家より豪華さもあまりないように感じました。 ただ上段の間もあり外観以上に内部は美しいものがあります。そして内部の柱も見ごたえがありました。

ありがとう、本陣
2015/08/19に口コミを投稿

 上時国家から分家した下時国家は、加賀藩の戸村役や肝煎を勤めた家柄で、残された屋敷も立派なものですが、天領大庄屋の本家よりは農家に近い作りに思われます。

ありがとう、冬眠熊さん
2015/01/05に口コミを投稿

輪島市街からは車で20~30分かかります。 曽々木海岸(窓岩)の近くになります。 その昔は、収穫祭も開かれたという大きな木造建築と収蔵品を見学することができます。 案内の方も親しみやすい感じがしました。

ありがとう、ちーちゃん66
2014/12/02に口コミを投稿

上時国家を訪れた翌日、ついでだと思い、下時国家も訪れてみました。 外観はさほど違うとは思われませんが、室内は格天井もなく欄間も質素に見えます。それでも随所に、さすがだなと思わせるものがあります。 上時国家よりも生活感のある趣で、それはそれで素晴らしい展示です。 安...続きを読む

ありがとう、赤名萌
2014/10/02に口コミを投稿

平家末裔にして庄屋、時国家の本家筋の住宅だった建物で、壇ノ浦の戦いで海に沈んだ幼帝を祀る小社があります。屋根が高いのは天井裏を二重にして米を隠すスペースを作る目的もあったためだろうと思われます。平家の落ち武者にして豪農というのは能登だからこそ許されたのかもしれません。

1  ありがとう、hypolano
Q & A
下時国家のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する