推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
COVID-19に関する最新情報:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 詳細については、こちらをご覧ください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
27件口コミ0Q&A
評価
  • 8
  • 16
  • 3
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
四国八十八ヶ所霊場巡りで初めて行きました。敷地も広く、立派な寺でした。石鎚山修験の総本山で由緒もありました。御滝不動尊もまつられ、石段を上がると本堂があり、回廊も備えていてとても立派でした。三つ葉葵の寺紋も印象的でした。
続きを読む
+1
続きを読む
四国八十八箇所第64番です。石鎚山駅から徒歩で行けます。石鎚神社の近くです。本堂前が広くて、本堂裏には山がありとても落ち着いた雰囲気です。ゆっくりとお詣りができます。
続きを読む
+1
石鈇山(いしづちさん)金色院(こんじきいん)前神寺(まえがみじ)は、愛媛県西条市の真言宗石派の寺院だ。 四国八十八ヶ所霊場の第64番札所で、本尊は阿弥陀如来。 680年頃に、役小角(えんのおづぬ)が石鈇蔵王権現の尊像を彫って祀ったのが開基とされている。 もともとは石鎚山の7合目にあった。 その場所は、現在は奥の院として石鎚登山ロープウェイの終着駅上に鎮座している。 江戸時代に麓に下ろされたという。 明治時代に神仏分離令により寺領を没収され、一旦は廃寺となった。 その後、明治22年に霊場として復興した。
続きを読む
西日本最高峰の石鎚山を後ろに従え、境内には古い灯篭が数多くたち、老木が生い茂る姿は、神秘的な感じを醸し出しています。本尊には阿弥陀如来とされた、立派な本堂などは、壮大な感じで、そのほかの数多くの建物も、どれも見ごたえがあります。
続きを読む
前へ
前神寺に関するよくある質問