推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
124件口コミ0Q&A
評価
  • 86
  • 34
  • 4
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
yurimame0828さんが口コミを投稿しました(2020年8月)
さいたま市, 埼玉県投稿117評価26
+1
川沿いを散歩しながら立ち寄りました。苔の日本庭園を建物内から眺めると、とても静かな気持ちになります。建物自体は小さく、スーッと歩いてしまうとあっという間に見終わってしまいます。是非、落ち着いて縁側に座ってボーッとしてみてください。 現在、コロナの影響で抹茶と和菓子は販売されてませんでした。
続きを読む
訪問時期:2020年8月
役に立った
シェアする
徳弘効三さんが口コミを投稿しました(2020年5月)
いの町, 高知県投稿5,061評価113
+1
臥龍山荘(がりゅうさんそう)は、愛媛県大洲市(えひめけんおおずし)にある建物だ。 1907年に完成した茅葺き屋根の日本建築で、臥龍院(がりゅういん)、不老庵(ふろうあん)、知止庵(ちしあん)の3つの建物からなる。 国の重要文化財で、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに一つ星掲載されている。 この日は大洲城を見学した。 そこから大津市民会館まで歩いてきた。 肱川(ひじかわ)沿いに歩いていく。 ツツジが満開だ。 臥龍山荘に到着。 6台ほど停められそうな駐車場がある。 斜面を少し下った右側が、臥龍山荘の入り口だ。 入場料は550円。 中に入る前に、上から見えた小島に行ってみることにした。 ここは蓬莱山(ほうらいさん)といい、臥龍の名のいわれとなっている。 史跡の石碑。 東屋があった。 ここから臥龍山荘を見ると、石垣に石仏が置かれているのが見える。 臥龍山荘に戻り、まず臥龍院の中に入る。 天井が高く、思っていた以上に開放感がある。 とても美しい日本家屋だ。 ここを建てた河内寅次郎の写真。 庭の先に、さっき行ってきた蓬莱山が見える。 庭に出て、知止庵に向かう。 浴室だったものを、茶室に改造したという。 躙口。 地面には苔がびっしり。 不老庵に入る。 天井が弧を描いているのが特徴的だ。 外に回って、生きたまま柱として使われているという槙を見にいく。 岩の中に泉、そこにも生花。 一点の手抜きも無い、素晴らしい庭園だ。 臥龍院に戻ってきた。 石垣も3種類の組み方をしているそうだ。 生きた木を活かして石垣を組み、根もわざと出している。 臥龍山荘を出て、坂道を先に進んだ。 大洲の町歩きに向かう。 素晴らしい場所だった。 ミシュランの星を取っているというのも、うなずける。 庭園としてみても、お勧めできる。 しかも維持管理も完璧。 ここはぜひ立ち寄りたい。
続きを読む
訪問時期:2020年4月
3人の役に立った
役に立った
シェアする
tamtoraさんが口コミを投稿しました(2020年2月)
相模原市, 神奈川県投稿62評価8
建物内の透かし彫りが見事。襖の取っ手もひょうたんや蝙蝠とこっている。庭園も釣瓶井戸があり、コケ、岩の配置がすばらしい。
続きを読む
訪問時期:2020年1月
役に立った
シェアする
tamtoraさんが口コミを投稿しました(2020年2月)
相模原市, 神奈川県投稿62評価8
三千坪の山荘で臥龍院・知止庵・不老庵の三建築がある。そのうちの臥龍院の部屋には、見事な透かし彫りがある。また、霞月の間の襖の取っ手は蝙蝠やひょうたんの形。部屋の丸窓は光を受けるので座って見ると満月、立つと三日月の形が見える。庭の造作も見事で、金持ちの贅沢の粋は必見と思う。
続きを読む
訪問時期:2020年1月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
chinawindさんが口コミを投稿しました(2020年2月)
大阪府投稿646評価260
まちの駅あさもやに車を止めて、徒歩で臥龍山荘まで。建造物は、その当時の技術を用いて、趣を考慮して作られている。京都の雰囲気を感じることが出来る。荘から見れる肱川の景色も美しい。臥龍と称される小山から見る臥龍山荘の景観もすばらしい。
続きを読む
訪問時期:2020年2月
役に立った
シェアする
前へ
臥龍山荘に関するよくある質問