推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒811-5322 長崎県 壱岐市 芦辺町深江鶴亀触 515-1
93件口コミ0Q&A
評価
  • 45
  • 40
  • 8
  • 0
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
壱岐がこれまで歴史の舞台でどのような役割を果たしてきたかを学ぶことができます。係員さんが丁寧に説明してくださいました。
続きを読む
+1
悠久の歴史を誇る壱岐島の博物館だけあって、見応えは充分です。県も市も力を入れているようです。展示物も多く、ジオラマもあり、映写もあります。職員の方も親切で、時間の許す限り、説明をして下さいました。今度は、もっと、ゆっくり見たいと思いました。
続きを読む
頑張っているな、という印象。 ただ、長谷寺や室生寺の拝観料とほぼ同額の入場料をとって、あれ?もう終わり? 壱岐が漢から鉄製品を輸入し二次加工を行っていたということを、係員さんから教えていただいたことは収穫だったが。 『魏志倭人伝』だけで売るのは現界がある。他の切り口も模索した方が良い。
続きを読む
一階の展示コーナーに人面石がありました。ムンクの叫びに似た石です。口や目の部分があるくりとられていて、不気味です。お見逃しなく。
続きを読む
2階のビューシアターでは、弥生時代のドラマも見られ、上映が終わってスクリーンが下がると、窓の向こうに原の辻遺跡公園が拡がっているという、洒落たつくりになっていました。
続きを読む
前へ
一支国博物館に関するよくある質問