推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

勝本城跡

〒811-5531 長崎県壱岐市勝本町坂本触
0920-42-0095
電話
保存する
口コミのハイライト
秀吉が築かせた石垣

勝本の市街を見下ろす高台に、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し築かせたという城の石垣がよく残っています。城跡には展望台もあり、とても眺めが良いので登ってみるとよいでしょう。松尾芭蕉の弟子だった河合曽良の墓が中腹... 続きを読む

2016/11/07に投稿しました
mu_hi_ro
,
栃木
素晴らしい眺望

豊臣秀吉の朝鮮侵攻の際に、本陣の名護屋城から朝鮮への経由地・兵站拠点として壱岐に築かせた城です。壱岐を領する平戸の松浦氏によって築かれました。朝鮮から撤退後、建物は破棄されましたが、石垣などが残ってお... 続きを読む

2015/07/07に投稿しました
Eizen2014
,
広島市, 広島県
4 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い0%
  • 良い75%
  • 普通25%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒811-5531 長崎県壱岐市勝本町坂本触
お問い合わせ
0920-42-0095
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
口コミを投稿:2016/11/07

勝本の市街を見下ろす高台に、豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し築かせたという城の石垣がよく残っています。城跡には展望台もあり、とても眺めが良いので登ってみるとよいでしょう。松尾芭蕉の弟子だった河合曽良の墓が中腹にあり、そのつながりで長野の諏訪大社の御柱も立てられていました。

役に立った
口コミを投稿:2015/07/07

豊臣秀吉の朝鮮侵攻の際に、本陣の名護屋城から朝鮮への経由地・兵站拠点として壱岐に築かせた城です。壱岐を領する平戸の松浦氏によって築かれました。朝鮮から撤退後、建物は破棄されましたが、石垣などが残っており、城山公園として整備されています。展望台からは勝本の街並みと辰の島そ...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2015/05/11

豊臣秀吉が朝鮮侵略(文禄・慶長の役)の際、日本側拠点の一つとして、平戸城主松浦氏に命じて壱岐・勝本に設けた城です。他の拠点は唐津の名護屋城、対馬の厳原・清水山城となります。城は勝本の町の裏山に築かれ、大手門跡らしき石垣が若干残っている程度です。頂上には簡単な展望台があり...続きを読む

役に立った
口コミを投稿:2015/04/03 モバイル経由

城跡には今は石垣が残っています。駐車場から多少歩き、登る箇所もありますので、足元は注意。城の跡には神社と、展望台があり、展望台からは漁船がずらりと並んだ勝本の街並みを一望することができます。天気がいいとさらに遠くの対馬戻ります。見ることができます

役に立った
Q & A
勝本城跡のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する