推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

金屋の石仏

オーナー様ですか ?
保存する
口コミのハイライト
観光資料【山の辺の道】を入手し 散策されることをお薦めします

《金屋の石仏》などを含め 【山の辺の道】を散策予定であれば観光資料《山の辺の道:発行者 山の辺の道美化促進協議会、問い合わせ 桜井市 観光まちづくり課 Tel0744-42-9111... 続きを読む

2017/05/09に投稿しました
たぬきおやじ
,
東京, 東京都
山の辺の道沿いにある石仏

「仏教伝来の地」を示す石碑から民家の間を縫うようにして、山の辺の道を辿るとコンクリート造りの祠が見えてきます。トイレやベンチもあり休憩にもよいところと思います。高さ1mほど祠の前の階段を上がり、格子戸... 続きを読む

2017/04/04に投稿しました
arakimi
,
福岡市, 福岡県
9 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い0%
  • 良い22%
  • 普通78%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
2017/05/08
“観光資料【山の辺の道】を入手し 散策されることをお薦めします”
2016/11/30
“破壊されそうになった小さな石仏”
場所
〒633-0002 奈良県桜井市金屋
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
2017/05/09に口コミを投稿

《金屋の石仏》などを含め 【山の辺の道】を散策予定であれば観光資料《山の辺の道:発行者 山の辺の道美化促進協議会、問い合わせ 桜井市 観光まちづくり課 Tel0744-42-9111 》を入手してから スタートされることをお薦めします、私達は近鉄:桜井駅構内にある【桜井...続きを読む

ありがとう、たぬきおやじ
2017/04/04に口コミを投稿

「仏教伝来の地」を示す石碑から民家の間を縫うようにして、山の辺の道を辿るとコンクリート造りの祠が見えてきます。トイレやベンチもあり休憩にもよいところと思います。高さ1mほど祠の前の階段を上がり、格子戸越しに中を拝むと左に「弥勒菩薩」右に「釈迦如来像が」浮彫にされています...続きを読む

ありがとう、arakimi
2016/11/30に口コミを投稿

三輪駅から東へ10分位歩いたところにある石仏です。鎌倉時代のものらしく、廃仏毀釈で破壊されそうになったところを村人が保存したと書かれていました。

2  ありがとう、hatcho66
2015/10/23に口コミを投稿

山の辺の道の途中に見つけました。建物の中にあり、金網越しにしか見えないのですが、2体の石仏が彫られた平らな岩が並んでいました。元の形が気になります。

1  ありがとう、啓子 江
2015/04/26に口コミを投稿

妻と桜井から天理まで山の辺の道を歩きました。桜井から最初の方のスポットです。駅にあったマップを片手に楽しみの歩いていましたが、収蔵庫の中に石仏らしきものが、金網越しでうす暗くわかりづらかったです。マップには金網のない写真だったんでがっかりです。山の辺の道の道中には、野菜...続きを読む

1  ありがとう、yuuson
2014/10/07に口コミを投稿

山の辺の道を桜井駅から歩き3~40分程の所にあります。コンクリート収蔵庫は、山の辺の道や石仏の素朴さとなんか相反していて意外な印象でした。貴重なものを守る必要上の措置なのでしょうか。石仏は釈迦如来像と弥勒如来像が泥板岩に彫られているということですが、網越しに薄暗い中を見...続きを読む

1  ありがとう、いまり
2013/11/14に口コミを投稿

山の辺の道沿い、喜多美術館のそばの御堂の中に祭られていて金網越しに拝観することができます。ハイキングの途中に寄られる方がほとんどのようです。

ありがとう、いぃちゃん
2011/05/06に口コミを投稿

山の辺の道を桜井から歩いていると、初めの方のみどころに 「金屋の石仏」がありました。 建物の中に厳重に保管されています。 説明書きに「石棺のふた」が右側にある、と書いてるので探したけどない。 建物の下にそれらしきものを見つけましたが、これのことかなあ?

1  ありがとう、はなたろう
2011/03/06に口コミを投稿

重要文化財です。 蔵みたいな小さい建物の中に入っているので、外からみます。 右が釈迦如来、左が弥勒菩薩で、古墳石棺の蓋だった泥板岩に浮き彫りされています。 山の辺の道を大神神社を過ぎて、細い道をいくと喜多美術館の向い側にあります。

1  ありがとう、かめはめ
Q & A
金屋の石仏のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する