推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

海商の館 旧亀井邸

オーナー様ですか ?
〒985-0051 宮城県塩竈市宮町5-5
022-364-0686
電話
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
保存する
口コミのハイライト
東参道

塩竃神社へ至る東参道の途中にありました。丘陵の上から港方面を眺められる場所で、力のある豪商の屋敷らしいロケーションですね。無料で公開されており、邸内を見学することが出来ました。まあ、普通の屋敷でしたが... 続きを読む

2016/12/03に投稿しました
ミノムシ生活
あまり人の来ない静かなところにあります。

塩竈神社の駐車場のずっと奥から町に下がってゆく雄勝石の階段の中くらいにあります。 静かであまり人がこなく、落ち着くところです。

2016/10/20に投稿しました
hoshidomutsuo
,
塩竈市, 宮城県
13 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い23%
  • 良い47%
  • 普通30%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒985-0051 宮城県塩竈市宮町5-5
お問い合わせ
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
022-364-0686
口コミを書く口コミ (13)
旅行者の評価
旅行者のタイプ
投稿時期
言語

口コミ 13 件中 110

口コミを投稿:2016/12/03

塩竃神社へ至る東参道の途中にありました。丘陵の上から港方面を眺められる場所で、力のある豪商の屋敷らしいロケーションですね。無料で公開されており、邸内を見学することが出来ました。まあ、普通の屋敷でしたが、4方向へ上り下りできる階段はめずらいものとの感想でした。

1  役に立った
口コミを投稿:2016/10/20

塩竈神社の駐車場のずっと奥から町に下がってゆく雄勝石の階段の中くらいにあります。 静かであまり人がこなく、落ち着くところです。

役に立った
口コミを投稿:2016/08/26

手をかけて造られたお屋敷です。無料で公開しているということに驚きました。玄関はタイル敷きで、板間には瓢箪がお出迎え。中ではボランティアの方でしょうか、謂れや意匠を説明してくれました。和館、洋館ともに細かい見所があり(七宝焼きの襖の取っ手や円窓、押込箪笥、頑丈な金庫も)、...続きを読む

1  役に立った
口コミを投稿:2016/07/09 モバイル経由

決して広いお屋敷ではないけれど、手をかけて保存されている和洋折衷でアンティークな邸宅です。襖の金具の飾り等が繊細で可愛いらしく心を奪われます。1900年代の塩釜の街を再現したミニチュアも展示されています。 塩竈神社の参拝の帰りに立ち寄りました。

1  役に立った
口コミを投稿:2016/05/10

とても古い建物で、風情があります。春から夏にかけて催し物があり、雅楽を聴きました。とても風景にマッチしてよかったです。

役に立った
口コミを投稿:2015/10/18 モバイル経由

塩竈神社の裏坂を登っていく途中にあります。週に何日か公開されていますので、事前に確認して行かれたほうがよいと思います。建物はふるいですが、中は細かいところにお金がかかっていて、魅力的な建物です。

役に立った
口コミを投稿:2015/02/18

仙台の有名商社カメイの創業者の邸宅だそうで、当時の羽振りのよさを感じる建物・内装が見られます。仙台にも素晴らしい事業家がいたんだなあと思わせるような当時としてはなかなか手に入らないような品々があり、史料としても価値があるのではないかと思われます。

役に立った
口コミを投稿:2015/01/05

貴重な建築物と聞いていた旧亀井亭ですが、お正月とあってか、甘味処を作っていました。塩竃神社参拝の上り口を須こそ横にそれたところにありました。次回は、ゆっくり建築を見学しようと思います。

役に立った
口コミを投稿:2014/12/20

塩竈神社の参道からそれた場所にひっそりと佇む旧亀井邸。 味のある門をくぐり玄関から中へ入ると様々な資料と共に建物の作りから歴史を学び感じることができる空間でした。 スタッフが常駐し、説明してくれたりもします。

2  役に立った
口コミを投稿:2014/09/01

大正13年に建てられた和様併置式住宅の「亀井邸」 明治・大正時代の当時流行していた意匠(デザイン)を随所に感じられます。 1階奥の部屋におかれた本や雑誌の中に震災の塩釜写真集を発見、亀井邸のすぐ下の道まで津波が来ていたことがわかりました。 ボランティアガイドの方も...続きを読む

2  役に立った
Q & A
海商の館 旧亀井邸のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する