推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒989-6822 宮城県 大崎市 鳴子温泉字新屋敷124-1
このエリアをチェック
宮城で鳴子とこけしの絵を見るための共有タクシーツアー
文化ツアー
宮城で鳴子とこけしの絵を見るための共有タクシーツアー
google
【アウトライン】<br>このツアーでは、東北地方の主要な温泉リゾートの1つである鳴子温泉の共有タクシーで観光スポットを訪れることができます。限られた時間で、鳴子の美しい自然や史跡を快適に見ることができます。ツアー終了後は、東北を起源とするこけしを描いてみます。彼らは部屋の装飾としてきれいで人気があります。旅行のお土産を持ち帰りましょう。世界で1つだけです。<br><br>【ハイライト】<br>・鳴子温泉の有名な観光スポットを見る<br>・お客様のスケジュールに合わせて開始時間を調整します<br>・多くの観光スポットを訪れるのにリーズナブルな価格の共有タクシー<br>・移動時間を節約し、活動の前後に計画を立てやすくします<br>・オリジナルのこけしを作る
¥3,685(大人1名あたり)
45件口コミ0Q&A
評価
  • 11
  • 23
  • 10
  • 1
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
滝の湯が気に入ってそればかりでしたが、せっかくなので行ってみました。受ける印象はひとそれぞれ、悪くはないです。
続きを読む
前にも入った早稲田桟敷湯に行きました。 かつては「早稲田湯」という名前の共同湯だったそうなのですが、掘削から50年目の平成10年に全面改築を行い、現在の「早稲田桟敷湯」という名前に変わったそうです。 現在の建物は、こちらも早稲田大学の理工学部の教授、石山修武氏の設計だそうで、現代的というか前衛的というか、とても「共同浴場」には見えません。 しかし、数年前に訪問したよりかなりカビが進んで劣化していました。 入浴料が550円と普通の値段の割にシャンプーなどは置いていません。 ドライヤーも100円と別料金なのと割高です。
続きを読む
+1
次は早稲田桟敷湯   早稲田桟敷湯:昭和23年に、早稲田大学理工学部土木工学科の7人の学生がボーリングの実習で源泉を掘り当てた。それを利用して造られた共同浴場である。平成8年に改築された。早稲田大学理工学部建築学科の教授石山修武によってデザインされた、共同浴場としては極めて前衛的な内外観が特徴。 時刻は9時、通路奥に案内看板が出ていた。外観も黄色なら内装も黄色なんだかおかしくなりそう。とても落ち着かない雰囲気。3/1と3/2に分かれている浴槽
続きを読む
鳴子温泉駅前のメイン通りから一本南側の通りにあります。名前も早稲田湯通りです。建物の色が黄色で斬新です。平成10年に今の形になっています。午後一時頃行ったときは、5、6人位しかお客さんがいなかったので、のんびり入れました。2階には休憩処があります。
続きを読む
鳴子温泉駅から徒歩で3分くらい。内湯が2つありました。そんなに熱めの湯ではないのですが短時間の入浴で体が真っ赤になるくらい温まりました。 フロントの人曰く、塩分が多いので保温効果があるとのこと。 また行きたいですね。
続きを読む
前へ
1234569