推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

合元寺

オーナー様ですか ?
〒871-0075 大分県中津市寺町973
0979-22-2037
サイト
保存する
口コミのハイライト
真っ赤な壁

昔、騙し討ちされた武将たちの返り血を浴びた結果、何度、白に塗り替えしても血が滲んでくるため、結局、赤く塗り替えたとガイドさんから伺いました。通り沿いにあるため、車からでも見学可能です。

1 週間前に口コミを投稿
townwatching
,
大野城市, 福岡県
モバイル経由
珍しい朱塗りの壁の寺院。

黒田官兵衛ゆかりの街の散策中にたまたま見かけたお寺ですが、長い赤壁にはかなり衝撃を受けました。 皆さんも書いてある通り、歴史的な混乱により、血痕などを隠すために講じた手段だったわけですが、理由はとも... 続きを読む

2016/07/23に投稿しました
s10510229
,
東京, 東京都
24 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い4%
  • 良い55%
  • 普通37%
  • 悪い4%
  • とても悪い0%
1 週間前
“真っ赤な壁”
2016/07/22
“珍しい朱塗りの壁の寺院。”
場所
〒871-0075 大分県中津市寺町973
お問い合わせ
サイト
0979-22-2037
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語

口コミ 24 件中 110

1 週間前に口コミを投稿 モバイル経由

昔、騙し討ちされた武将たちの返り血を浴びた結果、何度、白に塗り替えしても血が滲んでくるため、結局、赤く塗り替えたとガイドさんから伺いました。通り沿いにあるため、車からでも見学可能です。

ありがとう、townwatching
2016/07/23に口コミを投稿

黒田官兵衛ゆかりの街の散策中にたまたま見かけたお寺ですが、長い赤壁にはかなり衝撃を受けました。 皆さんも書いてある通り、歴史的な混乱により、血痕などを隠すために講じた手段だったわけですが、理由はともあれ今見るとなんというかモダンでオシャレに感じます。 変わり種ではあ...続きを読む

ありがとう、s10510229
2016/05/07に口コミを投稿

黒田長政つながりに来て、町の中を歩いていく途中に突然現れた赤壁。 赤が何を意味するかを知らずに通り過ぎてしまいました。 ホームページで赤壁の理由を調べたいもんだね。

2  ありがとう、vft55ud55
2016/02/23に口コミを投稿

豊臣秀吉の時代、黒田長政に宇都宮鎮房が中津城で謀殺された際にその家臣がここ合元寺で討ち死した。その血潮を浴びた白壁から何度塗り変えても血が浮き出るため赤色に塗り替えられたという。九州の大雪の際に訪れたので、瓦の雪の白さと対照的でした!

1  ありがとう、neko181
2015/11/10に口コミを投稿

中津駅から中津城までの散歩コースに寄りました。普通に歩いていると、赤い壁がいきなり出てきて圧巻です。

2  ありがとう、Yumi16
2015/11/08に口コミを投稿

中津の寺の多い古い町並みを歩くと、赤い壁の寺に出会います。昔の血しぶきが、消えずに残ってしまうので、すべて赤く塗ってしまっとのことです。平然と書いていますが、夜は歩きたくないですね。昼間に一見の価値はあります。

1  ありがとう、しおっぴ
2015/10/09に口コミを投稿 モバイル経由

大河ドラマ「軍師官兵衛」で盛り上がっている時に行きました。 合元寺。真っ赤な壁が印象的です。 天正15年(1587年)黒田官兵衛に従い姫路より中津にきた空誉(くうよ)上人(しょうにん)が開山。通称「赤壁寺」。 黒田氏は中津城内で前領主・宇都宮鎮房を謀殺し、本...続きを読む

ありがとう、Trinity6125
2015/09/25に口コミを投稿 モバイル経由

壁に飛び散った血が浮き出てしまうから真っ赤に塗ったという、合元寺の壁を観に車を走らせましたが、駐車場がなくて、困りました。 刀の傷がどれかよくわからなくて、かなりあちこち見てまわりました。でも、これかな!?と思う刀の跡がお寺に入った中の壁に見られました。これが刀の跡で...続きを読む

ありがとう、ポウ 旅
2015/08/17に口コミを投稿

時間がなく、かつ、お寺には駐車場がなかったので車に乗ったまま、お寺前のかなり細い道を素通りしました。 壁はムラのある何か不吉なものを連想するような朱色を想像していたのですが、ペンキで塗ったのではないかと思う程ピタっと綺麗に塗られた「真っ赤」な壁でした。 門柱...続きを読む

ありがとう、おおもりみかん
2015/04/10に口コミを投稿 モバイル経由

寺町を歩くと見えてきます。静かで良い雰囲気ですが、長く道が続く訳ではありません。赤の外壁が目を引きます。刀の跡はどこにあるのか分からず、空腹にばかり頭が行き、通り過ぎてしまいました。計画的に行動しガイドさんをお願いすべきでした。

ありがとう、Jacaranda3ma
Q & A
合元寺のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する