推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
口コミのハイライト
発電所跡も見もの

沈堕の滝にはかつて発電所が設置され、大分別府間の路面電車に電気を送っていたそうです。その名残が色濃く残っているため、自然の滝ではなくなっていますが、歴史を学ぶ上では貴重な滝だと思います。

2019年1月5日に投稿しました
kumabrother
,
射水市, 富山県
壮大なスケール

駐車場から近いです。発電所の廃屋を下に見ながら進むと水量の多い大きな滝が前方に現れます。遠くからでも存在感のある壮大な眺め。木製の柵の終点まで進むと近くで見ることができる。引き返すときに発電所跡の廃屋... 続きを読む

2018年11月19日に投稿しました
cabbage_corn
,
横浜市
31 件すべての口コミを読む
すべての写真 (86 枚)
すべての写真 (86 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い25%
  • 良い69%
  • 普通6%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
お問い合わせ
〒879-6423 大分県豊後大野市大野町
さらに表示
掲載内容を修正する
レビューを絞り込む
31件
旅行者の評価
8
21
2
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
旅行者の評価
8
21
2
0
0
口コミ中のキーワードを検索
選択した絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 31 件中 110
2019年1月5日に投稿しました

沈堕の滝にはかつて発電所が設置され、大分別府間の路面電車に電気を送っていたそうです。その名残が色濃く残っているため、自然の滝ではなくなっていますが、歴史を学ぶ上では貴重な滝だと思います。

訪問時期:2018年12月
役に立った
2018年12月14日に投稿しました

水量も幅の広さもびっくりするくらいの迫力です。県道からは全体が見えますが、橋を渡って、神社の駐車場に行くと、すぐそばまで、歩いていくことできます。

訪問時期:2018年10月
役に立った
2018年11月19日に投稿しました

駐車場から近いです。発電所の廃屋を下に見ながら進むと水量の多い大きな滝が前方に現れます。遠くからでも存在感のある壮大な眺め。木製の柵の終点まで進むと近くで見ることができる。引き返すときに発電所跡の廃屋みたいな建物に降りてみた。足場はちょっと悪いので気を付けないと転びます...さらに表示

訪問時期:2018年10月
役に立った
2018年6月5日に投稿しました

天気が良い日に車で訪れました。道の途中に「沈墜の滝」の看板があったため、予定外でしたが訪れることに。脇道に入り3分ほど進むと大きな橋から滝を眺めることができます。近くには案内板があり、発電所だった経緯や周辺の観光スポットを確認することができます。また家族連れでも車を止め...さらに表示

訪問時期:2018年6月
役に立った
2018年5月27日に投稿しました

近くでいえば「東洋のナイアガラ」と呼ばれる原尻の滝がありますが、こちらは旧発電所跡だけあって、建物との対比が写真に映えます。

訪問時期:2017年11月
役に立った
2018年5月3日に投稿しました

沈堕発電所目当てで訪問。車やバイクがないと行きにくい場所にあります。一応車が停められるスペースがあります。そこから徒歩で階段を下り、最後に岩とボロボロの丸太の橋を乗り越えれば発電所に辿り着きます。 自然と一体化し、もはや遺跡のようになっていて、独特な雰囲気満点です。こ...さらに表示

訪問時期:2018年4月
1  役に立った
2018年3月18日に投稿しました

大分中央空港へ行く道から入り畑の中の細い道を下ると20台ぐらい停められる駐車場がある。車がないと行きにくい場所である。駐車場からは明治時代の発電所の遺構を通って徒歩5分ほど。滝の撮影には絶好のスポットである。堰止湖から堰を流れ落ちる水が白銀のベールのようで、なんとも美し...さらに表示

訪問時期:2018年2月
役に立った
2017年10月20日に投稿しました

分県豊後大野市大野町矢田にある。平成19年(2007年)国の登録記念物に指定。大野川にある雄滝と支流の平井川にある雌滝(合流部)を併せて「沈堕の滝」と呼ぶ。雄滝の高さ:約20m・幅:約100m。雌滝の高さ:約18m・幅:10m。滝の手前にある「阿蘇溶結凝灰岩」で造られた...さらに表示

訪問時期:2017年10月
役に立った
2017年9月1日に投稿しました モバイル経由

明治初期に作られた沈堕発電所跡、沈堕の滝を利用して発電所が作られた、発電所を挟んで上が雄滝、下が雌滝、今日は増水で二つの滝も水しぶきを上げ落ちる樣は圧巻です。

訪問時期:2017年9月
役に立った
2017年7月6日に投稿しました

 国道57号の中九州自動車専用道、大野ICから県道26号で、8k8分。 大分一の河川、九重連山系の大野川本流が支流の祖母山系の緒方川が合流する直下にある。  阿蘇の溶結凝灰岩の柱状節理の雄滝は高さ約20m、幅約100mで、雌滝は高さ約18m、幅4mである。  7月5~6...さらに表示

訪問時期:2017年7月
役に立った
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル8件を表示
ホテルますの井
8件の口コミ
5.82 km 先
ホテル つちや
10件の口コミ
12.14 km 先
竹田茶寮
9件の口コミ
12.32 km 先
水神之森
7件の口コミ
16.05 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン164件を表示
カフェランチシャトー
1.25 km 先
豆腐工房 田舎八
2件の口コミ
1.51 km 先
からあげ きよかわ
6件の口コミ
1.54 km 先
道の駅きよかわ 焼肉レストラン 神楽亭
1件の口コミ
1.58 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット52件を表示
原尻の滝
171件の口コミ
7.1 km 先
道の駅原尻の滝
68件の口コミ
7.03 km 先
道の駅あさじ
21件の口コミ
7.36 km 先
Q & A
沈堕の滝のスタッフや以前の訪問者に聞いてみましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン