相馬樓

相馬樓 (酒田市)

専門美術館 • 名所・有名スポット
10:00~16:30
月曜日
10:00 - 16:30
火曜日
10:00 - 16:30
木曜日
10:00 - 16:30
金曜日
10:00 - 16:30
土曜日
10:00 - 16:30
ガイド
おすすめの滞在時間
1-2 時間
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善

4.5
69件の口コミ
とても良い
33
良い
23
普通
12
悪い
1
とても悪い
0

たぬきおやじ
東京23区, 東京都53,263件の投稿
10月1日から 営業再開しましたが 東北6県と新潟県の方のみの受け入れし 1週間前に予約が必要です
2020年10月
4月から休館していた【相馬樓】は 10月1日から営業を再開しましたが 年内(12月28日迄)は 1週間前の予約が必要で 東北と新潟県(7県)のみが受け入れ可となっています。それ以外の他県の方で 訪問予定の方は 酒田舞妓による演舞を楽しむことが出来ないので この点留意する必要あります。 営業再開日の10月1日に訪問し 内部に上がることは出来ないものの 玄関近辺の装飾を見学させてもらいましたが 機会あれば 内部に上がりたいと思うほど 情緒感あふれる雰囲気があります。
投稿日:2020年10月8日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ぽんすけ
中央区, 東京都5件の投稿
酒田に舞妓さん!
2020年3月 • ファミリー
昭和にタイムスリップしたような建物と、色鮮やかな着物を着た舞妓さんがとても素敵!!
3月だけ色んな雛人形が飾ってあるそうです☆
投稿日:2020年3月24日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

oranger.03
堺市, 大阪府3,915件の投稿
舞妓踊り
2020年3月
元料亭の相馬楼、今では馴染みの客であった竹久夢二美術館が内部にある。昔ながらの風格を備えた建物は、相馬楼だけでなく、通りに沿って何軒か残っていて、日枝神社にまで通じるかつての繁華街は、その面影を保っている。
投稿日:2020年3月9日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

hisakx
東京23区, 東京都1,777件の投稿
演舞はもちろん、“舞娘御膳”の食事もとても良かった。
2020年2月
 今回の旅の目的は、日本近代写真の巨匠 土門拳氏の勉強のため土門拳記念館に訪問するのが主目的だったが、ここ相馬楼も楽しみにしていた訪問先だったから、昨年の10月28日に、2019年2月9日の“舞娘御膳”の予約をしていた。
“舞娘御膳”は、昼どきに昼食と酒田舞娘の踊りが鑑賞できる。料金は5000円の宝石ちらし、5500円の舞娘懐石、8000円の特大うな重があり、全て踊りの鑑賞料込みだ。
ただし、予約は 1つの料理を予約人数分注文しなければいけないという制限がある。つまり、3人で宝石ちらしと舞娘懐石と特大うな重を1つずつ頼むという事はできず、全員同じものを頼む事になる。おそらく、ここで料理を作るのではなく仕出しを頼むので、寿司と懐石とうな重はそれぞれ違う店に発注する事になり、発注数をまとめたいのだろう。
うな重は、日本全国蒸す蒸さない、腹開き背開きの違いはあっても、そのうちの何れかになるだけで大きな違いはなかろうとさっそく選にもれ、懐石か宝石ちらしで悩んだが、翌日の夜、鶴岡の御料理新茶屋で、庄内料理のあれこれは食する予定になっているので、宝石ちらしを2つ頼んだ。
 3階?(階段途中に1フロアーがあったが、そこが中2階なら、ここは2階なのか?)の広間の開場は12時、この日はCOVID-19のためか、客は僕ら2名だけ。YouTubeなどのSNSを見ると演舞会場が頭で埋まっている映像が見られるのでおそらく新型肺炎でインバウンド旅客のキャンセルがだいぶ入っているのだろう。
相馬楼には気の毒な事だが、踊りの後、踊りのストーリーや酒田の歴史などの質問が存分にできて人数が少ないのは僕らにとっては良かった。
 踊りは食事をしながら見るのではなく、12時から12時半までの間に食事を済ませて、食事の済んだところで演技が始まる。
踊りは3つ、1曲目、庄内おばこ、2曲目、季節の踊り、3曲目、酒田甚句。
季節の踊りには鴬がでてくるのだが、当日は時折ブリザードもある雪の日。僕の故郷の岐阜では、市内から30分も車を走らせれば鴬の声が聞ける場所に行けるが、2月初旬では鴬の鳴き声は聞かれない。「酒田では2月に鴬が鳴くのですか」と聞いたら、花柳界というか料亭の席では季節は目先早め早めの季節を謡うのだそうだ。確かに寒い冬ならもうすぐくる春の歌を聴きながらいい気分になりたいと思うだろう。
酒田甚句には、関西弁が挿んであり。(確か「おまへんか」という言葉が入っていた)北前船の商業ルートで上方の文化がここに入ってきた事の証左だろう。西の堺、東の酒田といわれた商都の歴史を感じさせるものだ。
庄内おばこは、庄内の娘が旅の商人に来て下さいねと再来を呼びかけるものだそうだが、その言葉「こばえて(来て下さいね)」が、ずっと耳に残って、旅から帰ってきたいまでも口から「こばえて〜こんばえて〜〜」と出てきてしまうようになった。シュールな、そのフレーズは感染性がある。
踊りは、僕は鑑識眼を持たないから素人目だが、かなりのレベルのものと思う。
歌と三味線の小鈴さんも、きゃしゃな美人の顔に似あわず、力強い声で素晴らしかったと思う。

ここは入館チケットが1000円、入場料と演舞観賞料が込みの演舞チケットが1800円。だから宝石ちらしは3200円と言うことになる。値段だけ見るとちょっと高いように感じるだろうが、実際に食べてみるとそれにふさわしい価値がある。
普通ちらし寿司は、酢飯4に対して具は1くらいの体積比だと思う。しかし、宝石ちらしは、酢飯2に対して具は3ぐらいの比率。細かいダイスに切られた鮪と白身の魚は漬けになっていて、たっぷりのいくらもほんのり味がついているから醤油をつけずに食べられる。小鉢とたっぷりの香の物、海藻(青さ海苔か)がたっぷり入って出汁がしっかり利いた味噌汁もあり、満足できるものだった。
庄内のちらし寿司はこんなに具が多いのがデフォルトなんだろうか?もう一度酒田に来る事があったら、寿司屋でちらしを頼んで、ここの宝石ちらしと比較してみたいと思った。

“舞娘御膳”は5000円からのエントリーとなるので、食事ついでに気楽にくるというものではないが、値段に見合う価値はあると思った。
投稿日:2020年2月27日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

いずみこ369
日本3,381件の投稿
外から見ました
2019年10月 • 友達
相馬楼は、酒田に住んでいる友人の案内で見に行きました。中に入るには相当格式も高そうだし、おまけに値段も高そうなので、外から見るだけにしました。
投稿日:2019年11月7日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

鮎川しいな
東京1,811件の投稿
舞妓演舞は必見!
2019年10月
入場料1000円にプラス800円で舞妓さんの演舞を見られます。誠に失礼ながら、田舎の温泉街に残っている絶滅寸前の芸妓・舞妓には「ん?」という方が多いですが、ここはかなりレベルが高いです。舞妓さんも三味線のお姐さんも高レベル。京都の祇園にも負けていません。その美しさと芸を800円で見られるなんて、かなりお得です。
投稿日:2019年11月4日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Conques
10件の投稿
14時に行くべき
2019年9月
14時から舞子さんの踊りが見学できます。 終わったのちに写真を一緒に撮ってくれます。踊りは20分程度なので、場内見学と併せて、1,800円が高いか、安いかは価値観の問題だと思います。
個人的にはもう何曲か踊ってほしい
投稿日:2019年10月2日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

A78H11
446件の投稿
お昼
2019年3月 • カップル・夫婦
お昼ご飯を食べに行きました。予約をすると舞妓さんの踊りをみてお弁当を食べることができます。竹久夢二の美術館もあります。
投稿日:2019年9月5日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

はかたもん
名古屋市, 愛知県20,332件の投稿
芸妓さんの踊りが見れます。
2019年3月 • 友達
豪商の家らしく、作りが立派です。芸妓さんの踊り体験ができ、中は珍しい宝物や倉庫、通路が入り組み、迷路みたいです。
投稿日:2019年4月14日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

早池峰雪華
盛岡市, 岩手県189件の投稿
大正ロマンと舞妓さんの心配りでお勧め!
2019年3月 • 一人
酒田の雛めぐりの会場です。
駐車場は建物の隣にあり、アクセスも便利です。
日和山公園や山王クラブにも近く、徒歩で観光する際も寄り道できるのでお勧め。

実はお目当てで行ったわけではなく、公園周辺をぶらり歩きをしていた時に見つけました。素敵な佇まいのお屋敷で「竹下夢二美術館」の看板にも目をひかれました。

入場料は通常1000円ですが、酒田雛街道のwebクーポン提示で100円引きとなりました。

とても可愛らしい舞妓さんが2階を案内してくれて、解説を聞くことができました。
私は一人旅だったのですが、それでも詳しくお話しをしてくれて嬉しかったです。
こちらは国の登録文化財構造物に指定されており、窓ガラスもレトロな感じに歪んでいて、そこから眺めるお庭は風情があって素敵でした。

1階は一人で見学することができ、館内の写真もOK(「撮影禁止」の処も少々あります)。大正ロマンのお屋敷を堪能することができました。
「くつろぎ処」もあり、そこではお抹茶やお膳を頂くこともできます。
私はお抹茶をいただき、ゆっくりと旅気分を味わいました。

とても見応えがあり、2時間位があっという間に過ぎてしまいました。
14時からは舞妓さんの踊りも見れるそうですが、次回の楽しみとしてとっておきます。

最近東北旅行をして感じるのですが、地元のかたがその土地の歴史や文化を優しく説明してくれる場面が多いので、心が和みます。
そういった気配りを感じられるお屋敷でした。
投稿日:2019年3月26日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

54件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
相馬樓に関するよくある質問

相馬樓の営業時間:
  • 月 - 火 10:00 - 16:30
  • 木 - 土 10:00 - 16:30

相馬樓周辺のホテル: 相馬樓周辺のホテルをすべて表示

相馬樓周辺のレストラン: 相馬樓周辺のレストランをすべて表示