しょうけい館- 戦傷病者史料館

しょうけい館- 戦傷病者史料館 (千代田区)

しょうけい館- 戦傷病者史料館

しょうけい館- 戦傷病者史料館
4.5
ガイド
おすすめの滞在時間
1 時間未満
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ツアーやチケット
エリア
住所
エリア: 四ツ谷、飯田橋
皇居の外堀に沿うように、教育機関や企業が集中する四谷・飯田橋エリア。飯田橋にほど近い神楽坂はかつて花街として栄えた歴史を持ち、江戸情緒を感じさせるフォトジェニックな街並みが魅力です。現在も石畳が敷かれた細い路地が残り、周辺には芸者のいる老舗料亭だけでなく、町屋造りの建物を再利用した趣のあるカフェやレストランが多く見つかります。

4.5
19件の口コミ
とても良い
8
良い
9
普通
2
悪い
0
とても悪い
0

Pathfinder592758
8件の投稿
色々と考えさせられます
2019年12月 • 友達
私が日本の戦争関連の博物館で最も好きな展示が蝋人形です。これは他国にはなかなか出せないリアリティですね。本当の人間がそこにいるという錯覚を覚えさせられます。
しょうけい館はおそらく知っている方の方が珍しいのではないでしょうか。意外と珍しい、戦傷病者に着目した博物館です。キャタピラーという映画がありまして、それをきっかけに友人と行ってきました。
戦争は、実に様々なものを人を変えていきます。そのひとつが戦地での怪我ではないでしょうか。生きて帰ってこれたけれど、かつての自分ではない自分。そんな苦しみを背負って戦ってくださった方々がいたからこそ、私たちが平和を享受できているのだと改めて感じさせられる史料館でした。
一階と二階の展示がありまして、二階は少し注意が必要です。私の友達は怖くて入らないと言ってずっと一階におりましたが、迫り来る蝋人形の姿は怖くても是非一度は見ていただきたいと思います。リアルさで言えば、総務省以上です。今のところ割と上位に食い込んでいます。それでも見るべきものです。ぜひ一度、都心で利便性も良いですし、入館料もかからず本も読めますので足をお運びください。また違った観点から、戦争とは何たるかを感じることができます。
投稿日:2020年11月8日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

jazztone45324
横浜市, 神奈川県167件の投稿
戦争は甘くない。真実はグロいぜ。
2020年9月 • 一人
軍団に召集される若い青年達。
千人針を御守り代わりに持って行く兵士達。
遺言なども展示されている。
前線で負傷した兵士達の資料も展示されており圧倒的なメッセージとなり観覧者に突きつけてくる。
終戦となり負傷した兵士たちのその後の生活なども詳しく見ることが出来る。
テレビなどでは映せない物が、たくさん展示されている。
戦争は我々だけでよい。我々で最後だ。と訴えている先輩たちのメッセージをここに来て感じて欲しい。
投稿日:2020年9月22日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

sahaooon
春日井市, 愛知県7,223件の投稿
九段という場所
2019年12月 • 一人
戦いに倒れた兵士を英霊と祀る靖国神社のすぐそばに戦争の悲惨さを物語るこちらの資料館、複雑な気持ちになります。近くにある昭和館や新宿の平和祈念展示資料館と合わせて見学することで、理解が深まると感じました。
投稿日:2019年12月26日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Hana Takao
1,073件の投稿
戦傷病者資料館
2019年11月 • 一人
九段下の駅からすぐ近く、戦争で負傷した兵士の記録を残すための資料館です。乃木大将が考案した義手のレプリカが展示されていました。
投稿日:2019年11月21日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ラーメン食べ比べ
11,067件の投稿
戦争をわかりやすく勉強できる博物館
2018年3月 • 一人
九段下駅の駅前にある戦時中や戦後の戦傷病に関する体験などを伝える施設です。平成18年(2006年)の開館で、入館料は無料。子供から大人まで、戦争をわかりやすく勉強できる博物館なので九段散策の際に入館してみてはいかがでしょうか!
投稿日:2018年9月1日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

mayakon
埼玉815件の投稿
戦争の悲惨さを改めて見てきました
2018年4月 • ファミリー
4月の平日の午前中に行きました。大通りから少し入るので、少々分かりにくいです。中は私達しかおらず、ゆっくり見ることが出来ました。料金は無料です。英語のイヤホンガイドが借りられました。
史料館は1〜2階で、30分程で見終わりました。
内容は戦争中に負傷した方々の様子、手当の仕方、その後の人生などを現物や写真などで見ることができます。後世に伝えるべき事柄だと思います。
九段下には昭和館もあるので、合わせて見ておきたい場所です。
投稿日:2018年4月17日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

マデリーン
日本10,747件の投稿
再訪
2018年3月 • 友達
割れた眼鏡や弾丸が貫通した帽子などを前にして、言葉がありませんでした。無言ながら雄弁な訴えを、これらの展示物から感じました。
投稿日:2018年3月5日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

ゲーンーキ
市原市3,856件の投稿
今の平和を改めて感じるところです
2018年2月 • 一人
 「戦傷病者とその家族の労苦を伝える」ところの「しょうけい館」に行ってきました。
 戦傷病者史料館に相応しく、戦傷病者やその家族等が戦中・戦後に体験したさまざまな労苦についての証言・歴史的資料・書籍・情報が、収集・保管され展示されています。
 2階建てで展示スペースもあまり広くはないが、密度の濃い展示品が数多くあり時間の経つのを忘れてしまいます。
 場所が、地下鉄・九段下駅から近く、入館無料なので是非訪ねてみて欲しいところです。 今の平和がきっと分かることと思います。
投稿日:2018年2月24日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

sorairo5
静岡3,124件の投稿
危機迫る現実を見聞きしていると…
2017年8月 • 一人
あの時代の戦争で負傷した方々の状況やその後の社会の中で生きてく苦しみや苦労が未経験なものにも伝わってきました。戦争の悲惨さを伝え、平和維持のための行動をと訴えているかもしれません。危機迫る現実を見聞きしていると、それでは防げない状況にどう対応するかが問われているように思います。
投稿日:2017年12月26日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

49awawa
1,042件の投稿
九段下駅すぐ
2017年11月 • ビジネス
大きな建物ではありませんので、じっくり見てもそこまで時間はかかりません。戦争のあった時代を知らない世代には、戦争や平和について考える機会になったと思います。
投稿日:2017年11月19日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

18件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
しょうけい館- 戦傷病者史料館に関するよくある質問


しょうけい館- 戦傷病者史料館周辺のレストラン: しょうけい館- 戦傷病者史料館周辺のレストランをすべて表示