推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
Google
中央区とその周辺で人気のツアー & アクティビティ
¥1,800
詳細
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒103-0014 東京都 中央区 日本橋蛎殻町1-5-4
このエリアをチェック
文化ツアー
築地市場食べ歩きと文化ツアー
(303)
google
日本は新鮮な魚介類で知られています。この小グループツアーでは、東京のトップシェフが質の高い魚を求めている築地市場を探索します。あなたのガイドは、魚屋と食料品店を訪れるために広大な80歳の市場を案内します。寿司、和風オムレツ、魚のフライケーキ、牡、日本酒、日本茶など、この伝説的な市場の詳細な体験をお試しください。
¥11,282(大人1名あたり)
8件口コミ0Q&A
評価
  • 0
  • 0
  • 7
  • 1
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
 ここ 稲荷堀 は、江戸時代初期から明治期まで掘割だったところで、今は、中央区日本橋小網町と日本橋蛎殻町1丁目の境界を走る道路になっており、その道路沿いに説明板とともに道路愛称の標識が立ててあります。  説明板を見ると、  当時の掘割の経路やこの地域の様子などとともに「稲荷堀」の俗称の由来も分かります。  また、かつて掘割が通っていたこの道路は、「とうかん堀通り」の道路愛称としてその名残を留めている。  とのことです。  説明板や道路愛称の標識を見ながら、当時を様子を想像しながら通ってみるのも良いかも知れません。
続きを読む
【いなりぼり】ではなく【とうかんぼり】と読みます。中央区日本橋蛎殻町1丁目の稲荷堀通りという通り沿いに稲荷堀跡の説明板が立っています。かつてこの辺りに稲荷堀と呼ばれる入堀がありましたが、その後埋め立てられ稲荷堀通りとなったそうです。
続きを読む
中央区の教育委員会設置の説明板はあちこちにあるが ほとんどすごいモノはなくて、でもその数には圧倒されますね。 稲荷いなりと読むのかと思っていたら「とうかん」でした。 昔の蛎殻町の際にあった堀のようです。
続きを読む
「とうかんぼり」と読みます。江戸時代に、お堀による街の境界があったもので、船による物資運搬の役目も果たしていたそうです。現在は堀も埋め立てられ「とうかん通り」として名残を留めています。その当時に思いを馳せながら道路を眺めるのもまた良いですね。
続きを読む
ホテル法華イン東京日本橋宿泊者であれば入り口目の前にある看板を見るのも良いかも知れないが、それ以外の人はワザワザ見に来る必要性は無い。 看板以外にそれを想わせる様な跡など何も無いのだから
続きを読む
前へ
12
稲荷堀に関するよくある質問