推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

アーティゾン美術館

口コミ195件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

アーティゾン美術館

口コミ195件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
Google
中央区と近隣エリアでおすすめの体験
¥14,534
詳細
¥9,231
詳細
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒104-0031 東京都 中央区 京橋1‐10‐1
このエリアをチェック
英語の話せる専属運転手付き、東京観光ツアー
文化ツアー

英語の話せる専属運転手付き、東京観光ツアー

82件の口コミ
google
これは、1日で多くの東京のハイライトを発見したい、時間のない旅行者にとって理想的な選択です。東京の地下鉄システムの潜在的な混乱を避け、代わりに自家用車で快適に移動します。セットの旅程を選択したり、独自の旅程をカスタマイズしたりできる柔軟性をお楽しみください。潜在的なアトラクションには、浅草寺、渋谷交差点、東京スカイツリービルなどがあります。
¥57,700(大人1名あたり)
195件口コミ0Q&A
評価
  • 84
  • 82
  • 20
  • 1
  • 8
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
amaebi4さんが口コミを投稿しました(2020年12月)
成田市, 千葉県投稿523評価74
東京駅からも徒歩で行けとても便利。 予約制なので、コロナ禍でも安心でした。天井も高くシンプルモダンで気持ち良い美術館です。順路は一応決まっていますが、もう一度見たい絵画があれば逆流してもオッケーとの事。 決められた絵なら写真撮影も良いそうです。 ところどころに椅子もありますが、とてもオシャレでそれだけでも見て楽しかったです。 ショップは少し手狭なのが残念でした。
続きを読む
訪問時期:2020年12月
役に立った
シェアする
korisu-desuさんが口コミを投稿しました(2020年11月)
東京都投稿549評価42
+1
「額装の楽しみ方」という企画展を古川美術館で鑑賞して以来、作品を生かす額装に興味を持った。本企画展では額装ならぬ表装も趣向にとみ、屏風に筍などを刺繍してある作品などに見入ってしまった。 又、近年の収蔵品アボジニアルアートも新しい魅力
続きを読む
訪問時期:2020年11月
役に立った
シェアする
ビクター犬さんが口コミを投稿しました(2020年10月)
神戸市, 兵庫県投稿1,409評価1,370
ネット予約から予約日変更の操作にてこずり地獄 「鴻池朋子ちゅうがえり」展を拝見、大迫力の作品群で十二分に堪能させて頂きましたが、感染予防の為一部アトラクションの仕様が変えられたのは残念。  コロナ対策で多くのスタッフが目を光らせて待機されているが、皆さん気遣いがあり好印象。 施設の唯一の不満点 こちらのトイレットペーパー又ホルダーの粗悪さには驚きました~日本の美術館でワースト1でしょうねぇ。
続きを読む
訪問時期:2020年10月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
gogoKCさんが口コミを投稿しました(2020年10月)
日本投稿675評価132
リニューアルしたということで、企画展よりも美術館そのものが目当てで訪問。 エントランスの吹き抜けも気持ち良いし、セキュリティも万全な感があります。 イヤホンを持参すれば自分のスマホで作品の解説も聴け、決して広くはないですが、予約制なのでゆったりと鑑賞できました。 各フロアにテラスがあり、ちょっと一休みできるのも嬉しいところ。(今はお隣の建物が工事中で、シュールな取り壊し現場を眼下にすることになりますが・・・) 個人的には6階の展示フロアの入口に倉俣史郎さんデザインの椅子があり、なんと普通に座れたことに感激してしまいました。 1階のカフェもお勧めです。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
msc1974さんが口コミを投稿しました(2020年6月)
yamaguchi投稿702評価885
ブリヂストン美術館改めアーティゾン美術館。 ARTとHORIZONを合成した名称で2020年1月にリニューアルオープンした。 その開幕展に行ったのは2月初め、コロナ感染の影響はまだ拡大していない時期だった。 地下鉄京橋駅から徒歩で向かうと、素晴らしい建物が出現する。 以前は普通のオフィスビルの1フロアを利用したギャラリー的な美術館だったのが、今度はまさに現代的な都会派ミュージアムといった趣だ。 リニューアルして大きく変わった点は、入場が日時指定の完全なネット予約式となったこと。ただ、私の場合は「東京駅周辺美術館共通券」を購入していたので予約なしで入れた。 土曜の午後だったが、入館制限の効果もあってか混雑はしてなくてよかった。 展示作品はここのコレクションオンリーで、国内有数の質と数を心置きなく堪能できた。 日本の私設美術館の西の横綱が大原美術館なら、東はやはりここだろうね。 しかも、その場所が東京駅のすぐそばなんだから、国内外からの観光客も行きやすいことこの上ない。 そこが、ポーラ美術館との決定的な違いであり、行きにくいポーラが横綱になれない理由だ。 さらにアーティゾン美術館は、今回のリニューアルでとんでもない強力な武器を得た。 福岡県久留米市の石橋美術館にかつてあった、国内画家の超ウルトラ級の名画の数々だ。 石橋美術館を運営していた石橋財団は、数年前に突如久留米からの撤退を決め、青木繁、坂本繁二郎、黒田清輝、藤島武二、岡田三郎助、古賀春江といった九州出身の画家たちを中心とした傑作は根こそぎ撤収、遠く東京の地へと移送されたのだ。 そしてそれらは全てアーティゾン美術館のものとなった。 石橋美術館が遠すぎて行けなかった美術好きにとって、今回の新収蔵品群がここで見られることはまさに降ってわいたようなラッキーな出来事だろう。 しかし、私を含め、石橋美術館に行っては「海の幸」や「わだつみのいろこの宮」に会うのが楽しみだった者には、落胆と怒りしか湧いてこないだろう。 特に久留米市民の失望感はとてつもなく大きかったに違いない。 何でこんなひどい仕打ちを石橋財団がしたのか知らないが、東京で海の幸を前にして思うのは、果たして石橋正二郎は新美術館の落成を喜んでいるのか、ということしかない。
続きを読む
訪問時期:2020年2月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
前へ
アーティゾン美術館に関するよくある質問