推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
旅を計画する
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
目黒区の他のツアーやアクティビティ
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒153-0064 東京都 目黒区 下目黒3-20-26
このエリアをチェック
プライベートツアー - 東京のヨーロッパ近所である自由が丘
プライベートツアー

プライベートツアー - 東京のヨーロッパ近所である自由が丘

google
自由が丘の写真機会、デザート、ショッピング <br><br>日本に旅行し、自由が丘で日本のヨーロッパを訪れてください。ヨーロッパの有名なお店、La Vita、CHAPONでショッピングし、美しい町の写真を撮りましょう!
¥7,500(大人1名あたり)
158件口コミ1Q&A
評価
  • 44
  • 88
  • 21
  • 2
  • 3
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
shima9さんが口コミを投稿しました(9月14日)
目黒区, 東京都投稿4,930評価304
+1
東急目黒線の不動前駅から歩いて約10分強くらいかかります。駅名が不動前となっているので近くにあるような感じですが少し歩きます。最初に仁王門があり、左手に水かけ不動明王、階段をあがると大本堂があり不動明王、愛染明王などの像があります。なかなか有名なお寺で必見の価値ありです。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
役に立った
シェアする
hiptakeiさんが口コミを投稿しました(2020年5月)
飯能市, 埼玉県投稿11,282評価574
+1
数年前の薬研堀不動院に次いで江戸三大不動尊の2つ目に来ました。 目黒不動尊です。 ネパール大使館に行く途中に有名な目黒不動尊に寄って行きたいので歩いて来ました。 五百羅漢寺の次に仁王門がありました。 広い境内です。 何と、野口雨情作詞カラスの七つの子の作曲家、本居長世の碑が建っていたが本居長世は知らなかった。 ラッキーでした。
続きを読む
訪問時期:2019年7月
役に立った
シェアする
しんどくさんが口コミを投稿しました(2020年5月)
飯能市, 埼玉県投稿10,419評価596
+1
目黒駅からネパール大使館の中間の目黒不動尊まで来ました。 江戸三大不動尊の内2つ目の不動尊に参拝しました。 薬研掘不動院は川崎大師東京別院でTrapicsの江戸時代の名所巡りで、 日本橋から馬喰町と人形町を巡るツアーで寄りました。 神霊山 金乗院・目白不動尊は都電学習院下駅の学校が多い所にあるようです。 以前近くの永青文庫には行ったことがあります。 今回は泰叡山 瀧泉寺です。 羅漢会館の横の狭い道を行き、大きな木が茂る所を行くと 瀧泉寺 仁王門がありました。 目黒不動尊の本堂には寄らずに行くと、 本居長世の碑(野口雨情作詞七つの子の作曲者)があった。 少し行くと、三福堂〖弁天堂〗 (弁天 恵比寿神 大黒天)があり、 林試の森公園と続きます。
続きを読む
訪問時期:2019年7月
役に立った
シェアする
kaminarikozoさんが口コミを投稿しました(2020年4月)
東京23区, 東京都投稿2,385評価557
江戸三大不動、江戸五色不動の一つで、人気がある。 静かな住宅街の中にあり、都心とは思えない広さ。 青木昆陽の墓など、いろいろと見どころもある。 春には桜も有名、11月の初め、ちょっぴり紅葉が始まっていた。
続きを読む
訪問時期:2019年11月
役に立った
シェアする
密林黒兵衛さんが口コミを投稿しました(2020年4月)
横浜市, 神奈川県投稿8,058評価2,230
+1
お仕事で目黒の「不動前」駅にやってきました。 約束の時間にはまだ早いので、目黒不動こと“龍泉寺”に行ってみます。東急目黒線の不動前駅からテクテク歩くこと10分ほどで目黒不動の仁王門に到着です。おおっ、赤の柱組が目にも鮮やか且つ、大きくて立派な山門です。仁王門をの左右には阿吽の像もありまする。その仁王門をくぐると境内が広がります。ここに鎮座しますは ・水かけ不動明王と独鈷の滝 ・垢離堂(こりどう) ・前不動堂 です。それぞれを見た後、本堂へと続く石段(男坂)を登ります。石段前の左右にある和犬の狛犬がカワユイ。 石段を登り切って、大本堂とご対面です。こちらも赤を基調としたつくりでその鮮やかさは、ビューティーフル!です。大本堂の周りの見どころは、 ・大本堂 ・愛染明王像 ・八大童子像の山 です。他にもいろいろあるのですが代表的なところで。って思っていたのですが、後で調べたら石段登りきったところに“都内最古の狛犬”(1654年建立)があったらしい…くうぅ、見落とした。でも、再訪する口実ができましたので、まぁいいか。総じて、見どころある美しい神社でありました。 ちなみに、ここ目黒不動は、江戸五色不動(目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動)の一つで、都内にある「目黒」と「目白」の地名はこの不動の名前が由来らしいです(案内によると)。
続きを読む
訪問時期:2020年3月
3人の役に立った
役に立った
シェアする
前へ
瀧泉寺 (目黒不動尊)に関するよくある質問