推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

静嘉堂文庫美術館

口コミ66件

静嘉堂文庫美術館

口コミ66件
ツアーを予約して、旅を存分に楽しむ
おすすめ
一番人気のツアーやアクティビティ
周辺のツアーやアクティビティ
世田谷区の他のツアーやアクティビティ
東京の静嘉堂文庫美術館と二子玉川エリアのガイド付きツアー
¥4,739(大人1名あたり)
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒157-0076 東京都 世田谷区 岡本2丁目23-1
このエリアをチェック
渋谷食べ放題ツアー
グルメツアー

渋谷食べ放題ツアー

20件の口コミ
食べ放題ツアー。渋谷のことは知り尽くしていますので、最高のフードツアーをご紹介できます。当社が渋谷で所有するレストランで、地元の最高のシェフによる最高の料理をお楽しみいただけます。<br><br>このツアーでは、寿司、牛肉、お好み焼き、デザートなどをお好きなだけお楽しみいただけます。誰も知らない隠れたスポットの数々をご覧いただけます。例えば、日本で一番古い自動販売機や、5つのハチ公の像、そして動物カフェなどをご紹介します。 <br><br>自分へのご褒美に、食べ放題の渋谷フードツアーをお楽しみください。
¥17,417(大人1名あたり)
66件口コミ0Q&A
評価
  • 23
  • 29
  • 11
  • 2
  • 1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
msc1974さんが口コミを投稿しました(2020年9月)
yamaguchi投稿703評価885
三菱グループ創始者岩崎家の美術品コレクション展示館のうちの一つ。 他は丸の内の三菱一号美術館と、駒込の東洋文庫ミュージアムがあり、当館含めた三館で共通の観覧割引がある。詳細は美術館HP参照。 静嘉堂文庫美術館は世田谷区にあって、最寄りの駅は二子玉川駅だが、そこからが遠い。歩けば30分くらいかかるので、二子玉川駅からの路線バスで行くのが無難。 が、初訪問で土地不案内なお上りさんが行くにはタクシーをおすすめする。 領収書見せれば館内で200円キャッシュバックサービスもあるし。 800円返るなんて口コミあるが、それは誤りです。 私の初訪問は2020年7月土曜日。夫婦でニコタマからタクシーに乗って行った。 結果的にそれは正解。美術館手前の上り坂が結構長かったから。ただ勾配はさほどでもないので、足腰元気なかたにはどうってことないでしょう。 館入口で検温と手指消毒の後、入館料払って展示室へ。 その日はコレクションによる特別展「美の競演 静嘉堂の名宝」の前期をやっていた。目玉は何といっても曜変天目茶碗だ。 日本国内に三点あるうちの一つで別名「稲葉天目」。瑠璃色の斑点が得も言われぬ美しさで、陶磁器に疎い者でも見れば納得の国宝だ。 これが展示される時期は年間スケジュールで決まっているので、見たい方は事前にHPでご確認を。 他の焼き物では油滴天目と灰被天目、並びにその天目が載る堆朱の台に目が引かれた。絵画は中国、朝鮮、日本の山水画、狩野派の襖絵などが出ていた。 刀剣もあり、彫金や漆の工芸品もありで、点数は少ないながらもさすが三菱コレクションだと感じ入った。 展示室は二室でスペース的には広くないコンパクトな美術館。 30分もあれば見終えるので、あとは庭園散策をどうぞ。 当館の美術品展示機能は2022年に丸の内の明治生命館に移転するそう。 これは喜ばしいことだ。西欧美術の三菱一号美術館と、東洋美術の静嘉堂が至近距離で並び立つ。 なかなかやるね、三菱グループ。グッジョブです。
続きを読む
訪問時期:2020年7月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
utsxさんが口コミを投稿しました(2019年12月)
投稿932評価93
+1
三菱2代社長・岩崎彌之助とその子・小彌太が築いた東洋美術のコレクションが収蔵されている美術館です。静嘉堂という名前は『詩経』の「籩豆静嘉」から彌之助がつけたとのこと。「籩豆」は祭祀のとき食物を盛って供える器のことで、「静嘉」には美しく整うという意味があるようです。 その名にふさわしく、静嘉堂文庫美術館は敷地内にある施設の建てられた順番が納骨堂→文庫→美術館なので、美術館はまるで霊廟を慰めるためにそこにあるかのような趣です。決して展示面積は広くなく、カフェもありません。標高はありますが裏庭からの眺望は原生林に阻まれ開けたものではありません。しかし精力的に講演会やコンサートなどが催されており列品解説も頻度が高いです。 特に刀剣のコレクションは名品揃いで大変素晴らしく、国外へ流出しなかった事実に胸を打たれました。静嘉堂の刀剣の手入れをしている方は皇室の刀剣の手入れもご担当されているそうです。二子玉川駅から徒歩だと20分もかかってしまう点などを考慮しても、ある程度本気で東洋美術を学びたい方向けの美術館かと思われます。 曜変天目の展示期間は入場時に行列ができますが、事前にチケットを入手しておけば並ばずに済みます。おすすめは「東京・ミュージアム ぐるっとパス」(2200円)です。
続きを読む
訪問時期:2019年5月
役に立った
シェアする
Litllemeさんが口コミを投稿しました(2019年12月)
渋谷区投稿24評価7
世界に3つしかないという国宝の曜変天目が、時々特別公開されます。ここの曜変天目は、小さなお茶碗の中に宇宙を感じるほど、素晴らしいものです。二子玉川の駅からは、バスに乗るか、もちろんタクシーに乗るのもアリですが、時間を急がず、ゆっくり散歩がてらに行くのもいいと思います。ゆっくり静かに歴史のあるコレクションを鑑賞したい方にはおすすめです。手早く有名でメジャーなものを沢山観たい方には、遠く感じる距離感かもしれません。
続きを読む
訪問時期:2019年11月
役に立った
シェアする
りんちゃん155さんが口コミを投稿しました(2019年10月)
東京23区, 東京都投稿91評価45
国宝の用変天目茶碗は、世界に3個しかないうちのひとつですが、私はここのものが油滴の模様が一番美しいと思います。
続きを読む
訪問時期:2019年5月
役に立った
シェアする
ihagtさんが口コミを投稿しました(2019年7月)
日本投稿749評価118
静嘉堂文庫には、紹介状等がないと入館できません。それはとても理解できますが、この「建物」に価値を見出して訪問したい者にとっては、少しでも入れないか…の思いが拭えません。美術館は規模小さく、内部撮影不可。 岩﨑家シリーズでも東洋文庫&六義園と違うことはわかりました。興味の対象が違えば、駅からの遠さとバス往復は疲れます。 唯一納得したのは、世田谷のこの地で自然の植物が何十年も前から変わらない姿をとどめている贅沢さでした。
続きを読む
訪問時期:2019年7月
役に立った
シェアする
前へ
静嘉堂文庫美術館に関するよくある質問