推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
保存する
シェアする
口コミのハイライト
 義経伝説

 義経北紀行伝説のあるお寺です。 お寺へは、階段を上らなくてはなりません。けっこうきつい。 お寺の境内からは津軽海峡のすばらし眺めが広がります。

2017年9月14日に投稿しました
Syunsuke M
源義経にまつわるお寺

国道339号線を竜飛岬へ向け北上し、三厩漁港を過ぎた山の上に見えるお寺で「ぎけいじ」と読みます。 源義経が源頼朝に竜飛岬まで追われ、この寺の観音像に祈ると、3頭の龍馬が現れ海峡を渡ることができたとい... 続きを読む

2017年9月10日に投稿しました
kimama1h
,
札幌市, 北海道
5 件すべての口コミを読む
7
すべての写真 (7 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い20%
  • 良い60%
  • 普通20%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
22°
15°
7
23°
16°
8
20°
12°
9
お問い合わせ
青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩家ノ上76
0174-37-2045
レビューを絞り込む
5件
旅行者の評価
1
3
1
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
1
3
1
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミを投稿:2017年9月14日

 義経北紀行伝説のあるお寺です。 お寺へは、階段を上らなくてはなりません。けっこうきつい。 お寺の境内からは津軽海峡のすばらし眺めが広がります。

役に立った
口コミを投稿:2017年9月11日

江戸時代の初めに各地を遍歴して多数の仏像を刻んだ円空、義経が海を渡った500年後、当地を訪れた円空が義経の守り神だった観音さんが岩の上で光っているのを発見。流木で仏像を刻み、その中に光る観音像を胎内佛として納めて堂宇を建て祀ったとの伝承がある。その堂宇がこの龍馬山義経寺...さらに表示

役に立った
口コミを投稿:2017年9月10日

国道339号線を竜飛岬へ向け北上し、三厩漁港を過ぎた山の上に見えるお寺で「ぎけいじ」と読みます。 源義経が源頼朝に竜飛岬まで追われ、この寺の観音像に祈ると、3頭の龍馬が現れ海峡を渡ることができたという伝説のお寺です。 義経公園横に参道入口があり、長い階段を上ると風情...さらに表示

役に立った
口コミを投稿:2015年10月22日

竜飛崎へ行く途中に寄りました。 駐車場に車を置いて少し登ります。 義経が平泉の衣川で攻められた時に館に火をかけて自刃したように見せかけてここに逃げて来て北海道に渡ったとの伝説があり、その説明が掲示されていました。 鐘楼の所から陸奥湾が綺麗に見えました。

役に立った
口コミを投稿:2015年6月25日

源義経が異母兄弟・頼朝におわれて北へのがれ、青森から北海道へわたったという義経伝説の史跡です。義経寺は山の上のようだったので下からしか見ませんでしたが、手前にある厩石(まやいし)は写真は見られました。岩は海に面し、確かに人が上に乗ったら海峡を眺められるなぁと思うほど非常...さらに表示

1  役に立った
口コミをさらに見る
Q & A
義経寺のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン