推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
シェアする
口コミのハイライト
裏摩周

裏摩周への通り道に通過しました。夏なので実感しにくかったですが、このあたりは遮るものもないので、冬の雪が積もったらすごいのでしょう。

2018年9月29日に投稿しました
cadiz-roca
モバイル経由
中標津から裏摩周展望台への手前にあるスリーシェルターです

中標津や養老牛温泉から、裏摩周展望台や清里へ抜ける道道があります。その道道の峠付近にあるスノーシェルターです。 このあたりを走っていると、吹雪の日はホワイトアウトで全く視界が効きそうもない地形であるこ... 続きを読む

2018年8月12日に投稿しました
bakera73
,
釧路市, 北海道
18 件すべての口コミを読む
3
すべての写真 (3 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い5%
  • 良い16%
  • 普通74%
  • 悪い5%
  • とても悪い0%
詳細
平均滞在期間:1 時間未満
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
11
-1°
-7°
12
-3°
-10°
1
お問い合わせ
〒088-2684 北海道標津郡中標津町養老牛
レビューを絞り込む
18件
旅行者の評価
1
3
13
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
1
3
13
1
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 18 件中 110
2018年9月29日に投稿しました モバイル経由

裏摩周への通り道に通過しました。夏なので実感しにくかったですが、このあたりは遮るものもないので、冬の雪が積もったらすごいのでしょう。

役に立った
2018年8月12日に投稿しました

中標津や養老牛温泉から、裏摩周展望台や清里へ抜ける道道があります。その道道の峠付近にあるスノーシェルターです。 このあたりを走っていると、吹雪の日はホワイトアウトで全く視界が効きそうもない地形であることがわかるので、ありがたい施設ですね。

役に立った
2018年5月26日に投稿しました モバイル経由

養老牛温泉から裏摩周展望台に向かう途中、展望台の入口の直ぐ手前にあるのが、このシェルター。せっかくなので車を停めて、パチリ。

役に立った
2018年4月30日に投稿しました

 裏摩周シェルターは、中標津と清里を結ぶ道道の、一番標高が高いあたりにあるスノー・シェルターです。中標津側から行くと、このシェルターを越えて間もなく左折すると、裏摩周展望台に着きます。  スノー・シェルターとは、冬季間、吹雪(地吹雪を含む)のために、頻繁にホワイトアウト...さらに表示

役に立った
2017年12月9日に投稿しました

このシェルターを過ぎると峠を越えたなと確信できる場所です。それ以外評価できることがないですね。裏摩周が近いです。

役に立った
2017年7月16日に投稿しました

養老牛から裏摩周展望台に行く途中通りました。夏場はナニコレなところですが、割と珍しいくらいに長い。 養老牛からだとシェルターを抜けた瞬間に左折なので要注意。

役に立った
2017年3月20日に投稿しました

中標津町から清里峠の途中で数百メートルの防風トンネルがある。ここを抜けると左折で裏摩周展望台へ行くことができる。

役に立った
2016年10月27日に投稿しました

普通、トンネルといえば山をくり抜いているのですが、突如、先が見えない、 山が上に乗っていないトンネルにちょっとびっくりしました。 中は 普通にトンネルですが 気候の厳しさを少し感じることができました。

役に立った
2016年8月30日に投稿しました

中標津と清里を結ぶ清里峠の所にあるシェルターです。それだけ気象条件が厳しいということなのでしょう。ただ、他の所のシェルターと比べてなにか違いがあるかといわれればそんなことはありません。

役に立った
2016年8月22日に投稿しました

道道150号の防雪シェルター。清里(峠)へ向ってD150を北上・登坂すると現われる。きれいで走りやすい方だ。これを抜けると即清里町、そして裏摩周への入口を分け、道路番号が1115号へ変わる。

役に立った
口コミをさらに見る
Q & A
裏摩周シェルター (スノーシェルター)のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン