推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

浜田広介記念館

オーナー様ですか ?
〒992-0334 山形県東置賜郡高畠町一本柳2110
0238-52-3838
サイト
保存する
口コミのハイライト
童心に返ることができる場所

「泣いた赤鬼」「龍の目のなみだ」子供の頃に読んだ記憶があるような・・・ どんな話だったか思い出したくて&子供にも見せたくて訪れました。 この2つの話は映像で見ることが出来ます。 他の作品もいくつ... 続きを読む

2017/05/07に投稿しました
haroharo03
,
静岡県
泣いた赤鬼は名作

ストーリーは知っていても、実際に読んだ記憶はあまり無い、泣いた赤鬼。 実際に読んでみると、田舎の情景や鬼たちの感情が丁寧に描かれていて、とても感動します。 ここは、その作者である、浜田さんの記... 続きを読む

2016/05/08に投稿しました
kibimochi
,
埼玉県
9 件すべての口コミを読む
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
概要
  • とても良い22%
  • 良い56%
  • 普通22%
  • 悪い0%
  • とても悪い0%
場所
〒992-0334 山形県東置賜郡高畠町一本柳2110
お問い合わせ
サイト
0238-52-3838
旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
2017/05/07に口コミを投稿

「泣いた赤鬼」「龍の目のなみだ」子供の頃に読んだ記憶があるような・・・ どんな話だったか思い出したくて&子供にも見せたくて訪れました。 この2つの話は映像で見ることが出来ます。 他の作品もいくつか展示してあり、どの作品も良いものばかりです。 童心に戻ることができ...続きを読む

ありがとう、haroharo03
2016/05/08に口コミを投稿

ストーリーは知っていても、実際に読んだ記憶はあまり無い、泣いた赤鬼。 実際に読んでみると、田舎の情景や鬼たちの感情が丁寧に描かれていて、とても感動します。 ここは、その作者である、浜田さんの記念館です。 泣いた赤鬼以外にも、いくつかのお話しを紹介する展示物があ...続きを読む

1  ありがとう、kibimochi
2016/02/16に口コミを投稿

高畠町出身の童話作家にまつわる資料を展示、生家も移築して公開しています。 「泣いた赤おに」はご存知の方も多いでしょう。 併設するホールのほうが広い小さな施設ですが、絵本の収蔵も多く、となりには日帰り温泉もあって一日過ごすこともできそうです。 周辺には高畠ワインの工...続きを読む

1  ありがとう、etoumoori
2015/11/08に口コミを投稿

有名な作家の記念館とのことで寄ってみたら、子供の頃読んだ記憶のある「5ひきのやもり」の作者でした。 江戸時代の実話がモデルとの記事もありましたが、例え本当の話でなくともよい作品だと思います。 TDLやUSJもいいけれど、子供達に是非見て欲しい記念館だな!

2  ありがとう、jimmytommy
2015/03/11に口コミを投稿

「泣いた赤鬼」は知っていても作者までは知らなかったのですごく良かったと思います。「りゅうのめのなみだ」はここに来て初めて知った童話です。幼少時代の無垢の気持ちになれる気がしますね。 でもお客さんが少なかったのでもっと観光客にアピールしてもいいのではないでしょか? 近...続きを読む

2  ありがとう、クリム
2013/07/14に口コミを投稿

展示物の量から考えれば、入場料は500円と高いが、ものの見方を変えることの重要性、人間の本来あるべき姿等を、童話を通して考えさせてくれる記念館だと思う。まずは、よくそこまで見方を変えた童話を執筆できたものだ!といった驚き、そして本当のことを知る難しさや真のやさしさを子供...続きを読む

3  ありがとう、noel-junior
2012/12/23に口コミを投稿

子供のころ読んだ、泣いた赤鬼、ムクドリの夢など心温まる時には目も潤んでしまう童話のふるさとです。 浜田広介は「まほろばの郷」高畠出身だからこそ、心優しい童話を書けたのだなと再確認できる施設です。

2  ありがとう、シャルドネ
2010/03/29に口コミを投稿

山形県高畠町にある浜田広介記念館。浜田氏「泣いた赤おに」で有名な童話作家で、「日本のアンデルセン」とも言われている。「泣いた赤おに」は、人間と仲良くしたい心優しい赤おにのために、悪役を演じてくれた青おにが姿を消してしまい、赤おにが涙を流すという心に染みるお話である。記念...続きを読む

4  ありがとう、周陽
Q & A
浜田広介記念館のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: あなたの質問は、Q & A のページで公開されます。
投稿ガイドライン
送信する