推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
本日営業: 8:00 - 17:00
すべての写真 (1,059 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い61%
  • 良い30%
  • 普通7%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
法隆寺は奈良県生駒郡にあります。創建は607年頃、聖徳太子によって造られたとされています。日本書紀によると670年に焼失したとされていますがすぐに再建され、以後は兵火や天災にもあわず、世界最古の木造建築群として現存しています。日本最古の塔とされる三重塔、また聖徳太子の等身像と伝えられている救世観音像は本尊として祀られ、国宝です。このほかにも国宝や重要文化財なども含め多数の美術品などがあります。これらは世界文化遺産にも登録されています。電車でのアクセス:法隆寺駅(JR)からバス、徒歩など
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
営業中
本日の営業時間: 8:00 - 17:00
平均滞在期間:1-2 時間
お問い合わせ
〒636-0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
0745-75-2555
電話
掲載内容を修正する
法隆寺をさらに楽しむ
OSAKA&NARA by Toyota ALPHARD 2019旅程をカスタマイズ
¥90,000(大人1名あたり)
自家用車とドライバーによる半日奈良カスタムツアー
¥65,000(大人1名あたり)
大阪/京都からの奈良半日ツアー
¥10,000(大人1名あたり)
さらに表示
581件口コミ3Q&A
評価
  • 353
  • 177
  • 43
  • 7
  • 1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
拝観料は大人1500円です。 私は有料エリアには入らず、外から見学しました。 西円堂からは、五重の塔の全貌を眺めることができます。
続きを読む
開門直後の8時ごろに到着しました。JR法隆寺駅から歩きました。 駅から法隆寺までバスも出ているのですが、9時すぎからしかありません。 拝観料はちょっとお高めですが、普通に見ても2時間以上かかるのでコスパは悪くないかと。 帰るころに団体客とすれ違いったので、ゆっくり見たい方は早めに行かれるのがいいかと思います。
続きを読む
歴史の教科書でお馴染みの仏教美術の宝庫です。釈迦三尊、百済観音、救世観音は一見の価値ありです。飛鳥文化を肌で感じることができます。ただし拝観料は大人1500円と桁違いの高さです。仏像が多いので人によっては高くないと感じるかもしれないですが。それと駐車場も近隣の有料駐車場(500円)を利用するしかなく高くつきます。これではボッタクリ寺院です。
続きを読む
+1
聖徳太子を徳を偲んで行信僧都が739年に建てた法隆寺東院の中心建物です。救世観音を本尊とし、東院の創立と再興とに尽力した行信・道詮の像を安置します。 堂は八角形の平面を持つ八角円堂と呼ばれる仏堂で、夢殿の他にも多くの八角円堂が奈良に集中しているそうです。 春季秋季に秘仏である夢殿本尊の救世観音様の厨子が開かれ拝観できます。
続きを読む
大晦日の日に行きました 大仏様の所が観光客で混んでいたのでどうなることやら。と思っていたのですが 凄く❗️素晴らしく❗️空いていました 貸し切りとまではいきませんでしたが 十分すぎるほど。 次に法隆寺に来るときはまた大晦日を狙うつもりです
続きを読む
前へ
周辺
周辺のホテル近隣のホテル2件を表示
料理旅館 卯川家
3件の口コミ
0.58 km 先
法隆寺グランドホテル
2件の口コミ
1.15 km 先
かんぽの宿 大和平群
20件の口コミ
4.08 km 先
サンホテル 大和郡山
18件の口コミ
4.25 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン101件を表示
平宗 法隆寺店
36件の口コミ
0.44 km 先
和食さと 法隆寺店
12件の口コミ
0.61 km 先
CAFE鍼灸ZADAN
6件の口コミ
0.47 km 先
松本屋
11件の口コミ
0.27 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット40件を表示
中宮寺
136件の口コミ
0.49 km 先
法起寺
72件の口コミ
1.45 km 先
法隆寺iセンター
47件の口コミ
0.51 km 先