推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
COVID-19に関する最新情報:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 詳細については、こちらをご覧ください。

二十四の瞳映画村

口コミ262件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。

二十四の瞳映画村

口コミ262件
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
フル ビュー
所在地
問い合わせ
〒761-4424 香川県 小豆郡小豆島町 田浦
このエリアをチェック
歴史と自然を探索する豊島の1日プライベートツアー
日帰り旅行
歴史と自然を探索する豊島の1日プライベートツアー
google
【概要】<br>直島や犬島とともに注目を集める豊島の豊かな歴史と自然を巡る1日のプライベートツアーです。自転車で島を回ります。ガイドブックではなく、芸術的な側面の源とともに、島とその住民の過去と現在を発見します。<br><br>【ハイライト】<br>・豊島の歴史の中心地で、通常は観光客がアクセスできない場所に行き、住民の理解を深める。<br>・島で最も人気のある場所に行き、棚田の中を歩いて美術館のアートを見たいかどうかを決める<br>・豊島の話を体験し、地元の香川県ガイドによるさまざまな活動を通して、地域住民の理解を得る<br>・必要に応じて、特別なチャーターされたヨットに乗ることができます。瀬戸内海の自然を満喫
¥28,490(大人1名あたり)
262件口コミ1Q&A
評価
  • 62
  • 132
  • 60
  • 7
  • 1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
校舎の中から見える海が綺麗です 木の机と椅子が懐かしく感じました 外で竹馬に乗ったりもしましたが童心にかえって楽しかったです 時間がタイムスリップして映画の世界観にどっぷり浸かりました
続きを読む
映画村にある教室の小さな椅子に座って、黒板を見ると、小さなころを思い出します。 場所は違っても、自分が小学生だった頃の思い出が蘇ります。そして、その頃の友人の顔も浮かんできます。浜辺に行くと、目の前に拡がる海!瀬戸内の風景! ゆっくりと時間が過ぎます。小豆島へ行ったら、ぜひ訪れてほしい場所です。
続きを読む
二十四の瞳映画村の広報担当マネージャー、shohei tからの返信
2020年3月13日に返信済み
yukagonn様 二十四の瞳映画村にお越し戴き有難うございます。 小豆島の南東の岬に位置するこの場所は、今から32年前に2回目の映画『二十四の瞳』のロケ地として選ばれ、 ここに映画村が作られました。風光明媚そのもののこの風景は、今でも多くの人の心を魅了し、映画・ドラマ・雑誌の撮影など多く使用されています。ぜひ、皆様にも校舎の前のベンチにお座り戴き、のんびりと時間の経過を楽しんでほしく思います。ここにしかない場所、ここでしか話せない事、大切な人と大切な時間を。人の心に触れる場所”二十四の瞳映画村”いつまでもそう有りたいと思います。この度はお越し戴き有難うございました。
続きを読む
懐かしい、昔の教室が残っていて、手入れの届いたコスモスの花が咲いていて、大石先生と生徒の像があって、ほのぼのとした心を十分に味わってきました。
続きを読む
二十四の瞳映画村の広報担当マネージャー、shohei tからの返信
2020年2月14日に返信済み
tokutoku3様  二十四の瞳映画村にお越し戴き有難うございました。 二十四の瞳は昭和27年に小説が発表されてから65年の間に10度の映像化がされました。 12人の子供と1人の先生の人間の愛、成長、絆を描く物語は今でも全国の多くの人に愛され続けています。 二十四の瞳映画村も昭和62年の田中裕子さん主演の映画以来、黒木瞳さん、松下奈緒さん主演によるドラマを含め多くの作品が撮影されてきました。二十四の瞳を後世に残して行く為にも、古き良きものは残し新しい 物を作り、魅力ある村作りに注力したいと思います。この度はご来村有難うございました。またのお越しをお待ちしております。
続きを読む
+1
とにかく二十四の瞳の映画の中に入った気分になれる。校舎の中から見える海、懐かしい木造の教室。映画「八日目の蝉」の展示もあって、見所満載。島の子どもたちの作品も展示されていた。小豆島に行ったら是非行って欲しい場所。
続きを読む
二十四の瞳映画村の広報担当マネージャー、shohei tからの返信
2020年2月14日に返信済み
Growingsoma 様 まず、二十四の瞳映画村にお越し戴き有難うございます。高評価を戴き重ねて御礼申し上げます。二十四の瞳は昭和を代表する日本の不朽の名作映画です。12人の子供と1人の先生の教育・成長・愛・絆を描く物語です。是非、この世界感に触れて戴ければと思います。また、小豆島では今でも年間を通じて映画・ドラマ・CMなど数十本の映像が撮影されています。この映画文化や島の文化も大切に二十四の瞳映画村や岬の分教場は保存されています。こちらも合わせてご覧戴ければ幸いに思います。この度は二十四の瞳映画村にお越し戴き有難うございました。
続きを読む
+1
瀬戸内国際芸術祭で小豆島に渡った折に訪ねた。壺井栄の小説「二十四の瞳」は、1954年に木下恵介監督、高峰秀子主演で初めて映画化されたが、この施設は、1987年にリメイク公開された映画のオープンセットを観光施設として活用したもの。映画で使った岬の分教場や街並みがそのまま残されている。
続きを読む
二十四の瞳映画村の広報担当マネージャー、shohei tからの返信
2020年2月14日に返信済み
sugapapa様 香川県、小豆島、二十四の瞳映画村にお越し下さり有難うございました。 詳しくご説明下さり有難うございます。 言われる通り、「二十四の瞳」は今から65年前の話であり、若い方にはピンとこない方が殆どに思います。 12人の子供と1人の先生の教育・愛・絆を描く物語は素晴らしく、今の時代だからこそぜひ若い方に知って戴きたいと切実に願っています。その為にも、黒木瞳さん、松下奈緒さんなどリメイク版を通して皆様に知って戴けるように今後も邁進して参ります。また、瀬戸内国際芸術祭作品や他にもアート企画展、ホビーのフィギュアギャラリーなど映画・アート・フォトジェニックが楽しめる施設を目指しております。多くの皆様にお越し戴き二十四の瞳の世界に触れて戴けます事を思うばかりです。
続きを読む
前へ
二十四の瞳映画村に関するよくある質問