推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
348件口コミ3Q&A
評価
  • 120
  • 181
  • 44
  • 3
  • 0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
釋安住さんが口コミを投稿しました(4月1日)
枚方市投稿2,456評価13,410
吉野ヶ里遺跡歴史公園に行きましたが、九時の開園前だったのと、園内地図を見て余りに広いので、門前で引き返しました。桜が咲いていました。公園入り口は駅から歩いて十分ですが、入り口から門まででも五分はかかります。とにかく全体では途方もない広さです。
続きを読む
訪問時期:2021年3月
53人の役に立った3件のリポスト
役に立った
シェアする
SAMURAIABCさんが口コミを投稿しました(2021年3月)
投稿1,641評価358
+1
弥生住居が再現された吉野ヶ里遺跡ですが、とにかく広い公園です。メインの見学コースを一周するだけで1時間以上はかかります。 当時は争いが多く空堀が存在するなど、現地に行って初めて知ったこともあり大変興味深い遺跡でした。 国営なので施設にもお金がかかっていて係員も多いのでいろいろ教えてもらえます。
続きを読む
訪問時期:2021年3月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
maritoraさんが口コミを投稿しました(2020年10月)
東京都投稿4,394評価203
+1
tripadvisor tripadvisor 100% 10 普通の開けた史跡かなと思っていたのですがまさにテーマパークでした。駐車場は園内バスの発着のある東口の駐車場がお勧めです。 広大な敷地の中にいくつもの復元した竪穴住居や高床式倉庫があります。すごいのはそのどれもが見せかけじゃなくちゃんと建物として出来上がっていることです。竪穴式住居はほぼ全部入れますし、中にも生活の場を再現した家具(道具)やマネキンが居ます。ここでなら大河ドラマとれるんじゃないだろうかと思います。ボランティアの方もたくさんいてお勧めのルートなども紹介してくれます。北墳丘墓は少し歩きますが行くことをお勧めします。ここは発掘現場を復元していて発掘の大変さに思いを馳せることができます。 スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。 普通の開けた史跡かなと思っていたのですがまさにテーマパークでした。駐車場は園内バスの発着のある東口の駐車場がお勧めです。 広大な敷地の中にいくつもの復元した竪穴住居や高床式倉庫があります。すごいのはそのどれもが見せかけじゃなくちゃんと建物として出来上がっていることです。竪穴式住居はほぼ全部入れますし、中にも生活の場を再現した家具(道具)やマネキンが居ます。ここでなら大河ドラマとれるんじゃないだろうかと思います。ボランティアの方もたくさんいてお勧めのルートなども紹介してくれます。北墳丘墓は少し歩きますが行くことをお勧めします。ここは発掘現場を復元していて発掘の大変さに思いを馳せることができます。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
役に立った
シェアする
nyny4343さんが口コミを投稿しました(2020年9月)
奈良市, 奈良県投稿5,690評価321
今回、GO TO TRAVELを利用して熊本県へ旅行した際、レンタカーで遠征しました。 九州自動車道を北上し、長崎道へ入り、「東脊振」という出口にて一般道へ。 その後は、案内板に従って走行すると30分程度で到着しました。 夕方に到着したのと、雨の中だったせいか? 他に観光客はゼロ。コロナ対策のせいか、どこの入口も空いていないし、駐車場にも車もない。 仕方なく、公園と遺跡の周回道路をぐるりと一周し、遺跡の復元建物が見えるポイントで写真をとるだけになった。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
yoshih171さんが口コミを投稿しました(2020年8月)
熊本市, 熊本県投稿604評価182
+1
公園の東口から、駐車料310円と入場料460円を払ってゲートをくぐる。意外に近代的なデザインのゲート建物から先へ進むと、早くも遠くに古代の櫓を遠望でき、そしてすぐに丸太でつくった柵が見えてくる。この、現代から古代に移動していく演出にワクワクしていると、次に目に入るのは南内郭。ここには物見櫓や王の家など当時の要人のくらしが想像できる建物が20ほど復元されています。興奮して次から次に古代の家に入っていったが、外観はもとより内部も似たような造りなので、さすがに徐々に飽きてきた。  あまり時間がなかったので、あとは「倉と市」と北内郭、北墳丘墓しか見ることができなかったが、以上を見学すれば遺跡の大半は見たことになる(ほかのエリアは広場や池、森が広がっており、散策には良さそう) とにかく敷地が広く、しっかり見て回るなら半日以上はかかりそう。遺跡エリアだけを見るにしても、当然のことながら古代の遺跡は現代の見物客の動線を考慮して作られたわけはないので、行ったり来たりしながら見て回ることとなり、案外歩数が伸びる。  ただ、時間がなくても、北墳丘墓までは足を延ばすことをお勧めします。古代人の生死観や神道の原型が垣間見られて興味が尽きません。なによりここは空調が効いており、夏は一息付けます。
続きを読む
訪問時期:2020年7月
3人の役に立った
役に立った
シェアする
前へ