推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
入力された日にはオンライン予約可能なツアーやアクティビティがありません。 別の日付をお選びください。
20件口コミ1Q&A
評価
  • 7
  • 7
  • 3
  • 2
  • 1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
hn Dさんが口コミを投稿しました(2020年9月)
福岡市, 福岡県投稿14評価1
子供と思いっきり遊べました。 川でウォータスライダー。大きめの上部な持ち手のある浮き輪があると良いです。 レンタルもありますがお客さんが多いとすぐなくなります。 滝まで冒険。3才児でも歩いていける所に立派な滝があります。途中岩ゴツゴツの渓谷もみれて子供は大興奮でした。 オーナー(?)のお母様もいて敷地内の山に栗が植えてあると教えて頂き子どもたちと初めて栗拾いをして茹でて食べました。 1泊目はここに隣接している施設「ゆうすい自然の森」でおしゃれなキャンプ空間?だったのですが、うちは子供も多いしうるさいので2泊目はコチラの「遊水峡」に移動しました。おしゃれとはいい難いですが田舎に帰ってきたような安心感と自然の満喫度はこちらに軍配でした。 現在コロナCOVID-19の心配もありますがここは面積も広く子どもたちが騒いで迷惑じゃないかとかあまり気にならず良かったです。コチラは風呂はないですが車で10分くらいのとこにある家族風呂で温泉も楽しめてました。 子どもたちは帰りたくないとべそをかくほどでした。また必ず来ます。
続きを読む
訪問時期:2020年9月
役に立った
シェアする
northern lightさんが口コミを投稿しました(2020年3月)
投稿1評価3
悪意のある一方的な口コミが多いようなので、いきさつを整理します。 以下は個人的な書き込みです。 ・もともと、湧水峡とは渓谷全体の名称だった。(命名者は左側キャンプ場の方) ・川と周囲の整備は、左側キャンプ場の人と右側の人の、それぞれが行っていた。 ・左側キャンプ場は、30年ほど前から林木伐採と整地をしてすでに営業していた。  (遊水峡が営業を始めたのは、2015年くらいからにすぎない) ・左側キャンプ場と右側敷地への道は、キャンプ場の人が地代を支払って整備して利用できるようにした。 ・右側の人が、5年ほど前に、突然『遊水峡』を施設名として商標登録した。 ・右側の人が、渓谷入口の左右分かれ道の左側に柵を立てて、左側キャンプ場に入れないようにした。 ・右側の人が、キャンプ場と川の境目にむき出しの鉄柵を立てて、川に降りられないようにした。 ・右側の人が、『遊水峡は私有地なので受付をして下さい』と書いた看板を鉄柵のキャンプ場側に掛けて案内を出した。 ・キャンプ場の人からすれば、地代を支払って整備した道路にもかかわらず、一方的に柵を立てられ、営業妨害を受ける形となった。 ・そもそも『河川は公共のもの』であり、キャンプ場所有者と遊水峡の私有地ではない。 ・にもかかわらず、遊水峡の人は、あたかも川の所有者であると誤認させるような案内を出している。 つまり、左側キャンプ場の方からすれば、車両が通れるように地代を払って道路を整備したのにもかかわらず、一方的に利用を差し止められたのだから、トラブルになるのは、ある意味当然です。 せっかくのいい場所なのだから、来てくれた人たちが気持ちよく遊べるように、遊水峡の人は個人的な欲をあからさまに出さず、小国町の利益になるように社会的な目線でものごとを考えるようにして欲しいと感じます。
続きを読む
訪問時期:2019年7月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
go8qq680さんが口コミを投稿しました(2020年1月)
熊本市, 熊本県投稿1,505評価407
若い頃は夏場に水遊びに行くことが楽しみでしたが近年はとにかくこのスポットは秋に行きたい場所となってます。とにかく紅葉が綺麗でたくさんの木がいろいろな色に染まっているので圧巻の光景を見ることができます。
続きを読む
訪問時期:2019年10月
1人の役に立った
役に立った
シェアする
Sugio555さんが口コミを投稿しました(2018年8月)
岩国市, 山口県投稿1評価14
地元なのに、こんな美しい楽しい夢のような場所があったとは知りませんでした。 行く価値ありありです。 で、行ってみて、何やら土地や利権を巡る争いが 起きているのだな、ということはわかりました。 私の私感ですが、覚えとして書きます。 ● いわゆる右側、遊水峡、登録商標取った方は、穴見さんが30年前にコツコツと開発を始めた。この経緯は遊水峡のサイトを見れば新聞や写真等の記録から明らかです。 自然の造形物とは思えないほど遊びやすい川床も穴見さんの掃除の賜物であり、メインのカッパ滝周辺の美しさはさらに白眉ですが、これも穴見さんがお金と時間をかけて整備した結果であることはその記録をみれば分かります。しかも何度も大雨で流されている。凄いです。 ● いわゆる左側、ゆうすい自然の森の方がいつから始めたのか、穴見さんとどういった関係か、地元の人間か、よそから来た開発業者なのか、現段階ではわかりません。現在、家族を使って調査中です。ただ、かなり資本を投下して最近開発整備をしていることは見て取れました。たくさんのスタッフが車を誘導し、親切に対応してくれました。議論されている右と左の分岐点?での強引な客引きは私の場合ありませんでしたが、絶妙な看板の案内(川遊びならこちら、という文言)により 私はゆうすいさんの方へ誘導されました。 ● 施設、設備の新しさやセンスで言うなら ゆうすいさんに軍配が上がります。今風のお洒落なコテージにカフェ、きちんとしたシャワー室。ただ、そこから川に直接降りることはできません。 ● 遊水峡さんの方は、川沿いの一番よい場所を広く整地されているので、木陰でゆっくりしつつ川遊びするにはこちらに軍配が上がります。 惜しむらくは、センスが田舎なこと。遊水峡の青いのぼりや、ところどころ剥き出しのパイプ、景観との調和センスゼロの素人仕事っぽい掲示や案内は、都会から自然を求めて来た人間を萎えさせるに十分です。そう、センスがないんです。私でいいならプロデュースさせてください(泣 と言いたくなりま した。決して酷くはない。でも惜しい。そんな感じ。 どちらのオーナーもそのお人柄も存じあげないのでどちらの応援もしていませんが、ビジネスとして成功したとたんに外の資本に食い荒らされるのがこの世の荒波。地元民としては、地元民による更なる切磋琢磨と地元利権の保護に頑張って頂きたいのです。地元愛のない人間による黒川のリゾート乱開発の二の舞は避けていただきたい! 今後も調査とゴシップ収集を続けたいと思います。
続きを読む
訪問時期:2018年8月
4人の役に立った
役に立った
シェアする
オッカムさんが口コミを投稿しました(2018年4月)
投稿1評価11
去年の夏に水遊びに行ってみました。 口コミを見て右や左やなんだか争っています。 右の駐車場の前に立ちはだかるという左の業者のやり口が気に入らなかったので、 右に行ってみました。 通行料をよこせとすごまれた人もいるようで、こっちもそれなりの態度でのぞみました。 口コミ通り右の駐車場の前に左のyuusuiと書いたTシャツを着た従業員が立って、 左に誘導してきましたので、 私「漢字の遊水峡に行きたいんだけど」 左「遊水峡は場所のことであって、漢字とか関係ない、、、」 私「だから漢字の方つってんだろがい!」ってすこし大きな声を出したところで、 右の従業員が奥から出てきて駐車場に入れました。 左「便乗なのに、、、便乗にいきゃーいいさ」って捨て台詞を吐かれました。 何も知らない人は完全に左に誘導されてしまいますね。 さて、右の業者に入ったのですが、たしかに脱衣所とかの建物はなく、簡易テントが脱衣所として2張あるだけでした。 遊水峡は涼しくて浅瀬で3歳の子でも楽しく遊べました。 帰りに駐車場からでるとき、左の業者の人がお辞儀してくれたので、 その態度をみて今度は左の方にも行ってみよかなって思いました。 情報がいろいろあり何で争ってるのかよくわかりませんが、正当な競争でお互い高め合ってほしいですね。
続きを読む
訪問時期:2017年9月
2人の役に立った
役に立った
シェアする
前へ