推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Biosphere

Certificate of Excellence
エリア:
Parc Jean-Drapeau
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
検索条件は引き続き有効です。
表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。
行き方を確認
住所: 160 Tour-de-l'Île | (Ile Sainte-Hélène), Montreal, Quebec, Canada
電話番号: 514 283 5000
サイト
月曜日
定休日
時間帯をすべて表示
営業時間:
火 - 日 午前 10:00 - 午後 5:00

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

254 件の口コミをすべて表示する
訪問者の評価
  • 1
    とても良い
  • 1
    良い
  • 0
    普通
  • 0
    悪い
  • 0
    とても悪い
思いがけず環境問題を学ぶ

地下鉄でこのサンテレーヌ島に行けたので、お散歩に寄ってみました。 建物の中に入ってみると、環境について学べるような展示がありました。 上の階まで行くと、外を展望できます。 むかし万博があったとかで、このバイオスフィアはその時の建物なのですね。 後日知り合った建築を学んでいるという大学生が、学習を兼ねた旅行をしていて、この建物が珍しいとかで訪れたい... 続きを読む

4 / 52015/10/11に投稿しました
n_tkmt
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティーに寄せられた 254 件の口コミ

旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他
絞り込み: 日本語
レベル の貢献メンバー
106件の口コミ
観光名所についての 79 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 9人が「役に立った」と評価
4 / 5 2015/10/11に投稿しました

地下鉄でこのサンテレーヌ島に行けたので、お散歩に寄ってみました。 建物の中に入ってみると、環境について学べるような展示がありました。 上の階まで行くと、外を展望できます。 むかし万博があったとかで、このバイオスフィアはその時の建物なのですね。 後日知り合った建築を学んでいるという大学生が、学習を兼ねた旅行をしていて、この建物が珍しいとかで訪れたい... その他 

役に立ちましたか?
ありがとう、n_tkmt
San Diego, California, United States
レベル の貢献メンバー
64件の口コミ
観光名所についての 9 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 17人が「役に立った」と評価
5 / 5 2014/08/17に投稿しました

ここを訪れてあらゆる素材ゴミが地球に大きな影響と変化が起きている事が良く分かりました。 地球環境問題を考えさせられる良い一日でした。 外部から記念写真を撮るだけじゃ無く是非入館してほしい所です。

役に立ちましたか?
ありがとう、Happychildsd

Biosphereを見た人は、こんなところも見ています

 
ケベック州モントリオール
ケベック州モントリオール
 

Biosphereに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する

Q & A

不明点がある場合は、 Biosphere のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

Parc Jean-Drapeauでの宿泊

周辺地域のプロフィール
Parc Jean-Drapeau
サンテレーネ島とノートル ダム島の 2 つの島から成るジャン ドラポー公園。陸地の大部分は、1967年開催の世界博覧会のために築かれました。原則として自動車は乗り入れ禁止。代々受け継がれたお祭り好きな特色は今も健在です。ジャーディンズ デ フローラリーズで待ち受けるのは、花と緑の世界。池が特徴的な広々とした湿原は、ハイキング、自然観察、探検にうってつけ。ラ ロンド アミューズメント パークの宙を舞うかのようにスリリングなジェット コースターやライトアップされたモンレアル賭博場といった最新の娯楽施設の合間に、昔の展示物が今も残されています。春になると、キャンディー ストライプ柄のパラソルをさした家族連れで日曜日のビーチが賑わいます。ボート競技の選手が目指すのは、オリンピック ベイシン。球形のバイオスフィア (US パビリオン) や高くそびえるレンガ造りのツール ド レヴィスなど、個性的な建築が背景を彩ります。旅行者も地元の人たちも、しばし地下鉄に揺られて、ジャン ドラポー公園へ。都会を離れ、レジャーやアクティビティを楽しんで休暇を過ごすのに最適の場所です。