紅い睡蓮の海

紅い睡蓮の海 (Chiang Haeo)

紅い睡蓮の海
4.5

4.5
281件の口コミ
とても良い
175
良い
89
普通
12
悪い
2
とても悪い
3

Yokorchid405
1件の投稿
ファミリー
周りを一面、蓮の花が広がった湖。まるで蓮の上に浮いているようなインスタ映えスポット。通称タレーブアデーン『紅い睡蓮の海』。
お花の見頃は12月〜2月の早朝限定。早起き必須。

行き方○ウドンタニ市内の安宿から私の場合ツアーがなかったのでホテルのスタッフにタクシー運転手を紹介して貰い早朝6時にウドンタニ市内から現地迄タクシーをチャーターして行きました。

参考 タクシーチャーター往復 1200B
小型船代 150B/ 一人
   所要時間 約1時間以内
投稿日:2021年1月1日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

pinkykossy
北海道1,152件の投稿
ウドンターニーから自力で行くには、結構時間がかかるということで、ホテルで、ツアーを申し込んだ。12月~2月頃にしか開花させていないということなので、わざわざその時期に訪問。素晴らしい景色! 行って良かったとつくづく感じた。ぜひ一度、この「赤い蓮の湖」を観に行ってほしい。絶対後悔しない!!
投稿日:2020年3月2日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

YacchanAmarone
バンコク, タイ27,709件の投稿
カップル・夫婦
2月中旬にこちらの湖を訪れました。朝7時半頃から小船に乗りました。2人で1時間300バーツでした。
いわゆるポイントまで移動するのに10分ほど要しました。その間船上は結構寒かったです。長袖着てくれば良かったと思いました。ポイントに到着してからも、こまめに三ヶ所ほど移動してくれました。
ピンク色の蓮の花はまあ綺麗でしたが、思ったよりも密集している訳では無かったです。自身の周囲は結構スカスカな密度で花が咲いているのですが、遠くを見るとたくさん花があるので、水面が薄っすらピンクに染まって綺麗に見えた、という感じでした。
時期にもよるのかもしれませんが、適度な期待度を持って訪問した方が良いです。
投稿日:2020年2月16日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

Kyohei Y
大阪市, 大阪府28件の投稿
一人
参考までにウドンターニから個人で行く場合の方法を紹介します。

まずセントラルバスステーション1の、8番乗り場発のバスに乗ります。運転手や係りの人に「クンファワピ行き」かどうか、確認するといいと思います。バスは毎時間あるそうです。私の場合は、08:40頃に出発したと思います。

途中でコンダクターの方がお金を集めに来ます。「クンファワピ」と伝えると30バーツと教えてくれました。一時間程で到着です。湖の南の街中で降ります(コンダクターの方が教えてくれると思います)。

次に、すぐ近くのトゥクトゥクで、ボート乗り場まで行きます。Red Lotusの写真を見せるとすぐわかってくれました。片道15分程、往復で300バーツでした。現地で待機してくれるとは言え、よく考えると相場よりは高いので、交渉の余地はあるかもしれません。

湖の南東部の船着き場なのですが、ちゃんと受付があり、そこでチケットを買いました。小さいボートが300バーツ、大きいボートは500バーツでした(一人当たりの金額ではなく、船当たりの金額です)。すぐに一つの船に案内してくれ、30~40分、蓮の花(実際は睡蓮だそうです)やバードウォッチングを楽しみました(ツバメが船を追いかけてきます)。途中、中州でトイレ休憩もありました。

帰りも同じルートなのですが、バスではなく、乗り合いトゥクトゥク(ソンテオ)を利用しました。トゥクトゥクのおじさんが教えてくれました。すぐに出発したのは良かったのですが、ウドンターニ前で渋滞にはまり、1時間50分程かかりました。勿論冷房なども無いので、暑くて疲弊しました。料金は同じく30バーツでした。

船着き場は何カ所かある様で、所要時間や観光箇所の差まではわかりません。今回利用のポイントでも十分楽しめるとは思います。
投稿日:2020年1月11日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

HS31
名古屋市, 愛知県121件の投稿
ファミリー
今回のタイ旅行はこの睡蓮を見るためと言っても過言ではなく、とても楽しみにしていました。ウドンターニーの中心地にあるセンタラコンベンションセンターのホテルから約1時間、ホテルで手配した5人乗りのSUVで仮眠を取りながら快適に移動。7時20分に出発したので日の出には遅かったものの、8時半頃には到着しスムーズに船に乗船。

船は2種類あり、小さい方が安定しませんが水面から近いのと、1人から貸し切れるようで写真撮影のために少し移動してもらったりと自由がききます。

今度は是非日の出を見てみたい。でもさすがに12~3月の間だけだから、来年かなぁ~。
投稿日:2020年1月4日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

Kazuhito T
札幌市, 北海道130件の投稿
友達
お昼に寄ってみました。
湖畔のお店で食べると屋台並みのお手軽値段です。蓮の花びらで包んで食べる料理は、写真受けします。
投稿日:2019年4月14日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

nehan6060
板橋区, 東京都83件の投稿
写真を見て、もっと花が大きくて群生していると思ったがそれほどでもなかった。レンタルの帽子の料金も記載と違う。
投稿日:2019年2月25日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

izumi83
名古屋市, 愛知県267件の投稿
友達
バンコクから飛行機で1:05位ラオス国境に近い場所
私は中心部にあるパラナイホテルに宿泊
朝日が昇る所が見たくて前日からウドーンタニに入りました。
朝6:00に出発する予定が、アクシデントで6:20出発になり車の中で日の出を見ることになり残念!
湖までは車で40分位
ボート乗り場からボートをチャーターする
1人150バーツで1時間30分くらい湖を回ってくれる。
最初は全然蓮の花が無くてええっと思ったが
15分位したらピンクの景色が見えてきた
当たり一面ピンクになってる場所を三ヶ所くらい回ってその都度ボートを止めて写真を撮らせてくれた。今が1番良いシーズンと言う通り綺麗でした。
乗った所とは違う所に下ろしてくれて、乗る前に撮影された写真が販売中、一つ100バーツです。歩いて行くと食事が出来る店やお土産を買う店もありました。最近バンコクでは売っていない焼きたまごと焼きもち米があり美味しかった。その近辺のトイレは無料ですがペーパーはなしで、手動水洗です。
入り口の方に行くと有料トイレもあります。
投稿日:2019年1月16日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

OKenneth
11件の投稿
友達
旧友との現地集合、現地解散のタイ・ラオスの旅で、最初にタイ東北部ウドンタニのノンハン湖にあるタレーブアデーン(蓮の池)に行ってきました。

他の口コミを見ると、実際にはハスではなくアカバナスイレンで、ベストシーズンは12月〜2月、時間は早朝6時〜11時が満開との事でしたが、友人のタイ人の案内で10時過ぎに到着して観光ボートに乗り込みタレーブアデーン(蓮の池)を満喫してきました。

日の出のタレーブアデーン(蓮の池)を見れなかったのは少し残念でしたが、10時過ぎだったため寒くもなく、観光客もさほど多くもなく、しかし、花は満開状態で十分に楽しむことが出来ました。穴場の時間帯だったかもしれません。

注意点としては、ウドンタニ近郊には基本的にはタクシーがないため、タレーブアデーン(蓮の池)へ行くためには事前にオプショナルツアーを申し込んでおくか、空港・駅・ホテルで車をチャーター(運転手付き)する必要があります。
レンタカーという方法も考えられますが、難易度はかなり高くなると思います。

気づき点としては、観光資源としての蓮?の花の保護への取り組みも行われているようですが、ホテイアオイ他の繁殖や、観光ボートの無秩序な水路など、改善の余地もあるように感じました。
投稿日:2018年2月21日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

momo_taozi
横浜市, 神奈川県27件の投稿
一人
観光地の少ないウドンタニで数年前からじわじわと人気が出てきている絶景ポイントです。ホテルのフロントにブッキングをお願いし、4時間程のツアーに申し込みました。市内からの乗合バンの往復と約1時間30分のボート代込みで499バーツでした。どこまでも続くピンクの花畑をボートでかき分けてゆっくり進んで行く風景はとても幻想的です。昼には花が閉じてしまうので、早起きしてでも見る価値がある風景です。
投稿日:2018年1月21日
この口コミはTripadvisor LLCのものではなく、メンバー個人の主観的な意見です。 トリップアドバイザーでは、投稿された口コミの確認を行っています。

53件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
紅い睡蓮の海に関するよくある質問

紅い睡蓮の海周辺のホテル: 紅い睡蓮の海周辺のホテルをすべて表示