推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

London Mithraeum

営業中: 10:00 - 18:00
本日営業: 10:00 - 18:00
オンライン予約
151
すべての写真 (151 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い66%
  • 良い25%
  • 普通7%
  • 悪い1%
  • とても悪い1%
詳細
営業中
本日の営業時間: 10:00 - 18:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
1
2
3
お問い合わせ
12 Walbrook, London EC4N 8AA, England
シティ オブ ロンドン
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+44 20 7330 7500
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
London Mithraeumを満喫する
レビューを絞り込む
66件
旅行者の評価
42
20
3
1
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
42
20
3
1
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 66 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:6 日前

1954年に発見された寺院の敷地周辺には、たくさんの場所があります。どのようにして彼らは実際にサイト全体を100m先に移動させ、その後再び元に戻しましたか?訪問はおそらく45分かかります。非常に良い小冊子が訪問に付属しています。

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前

私が何を期待していたのかわからない。過去にそのようなサイトを訪れて興味深かったのですが、もっとインパクトを与えるためにもっと多くのことができるのではないかと感じました。これまでのところ、誰が彼らがしていることを本当に知っていました。広大なスペースがよく発表されました。タッチパッド付きのディスプレイは、時間をかけてもっと多くのことを学ぶことを可能にしました。次のレベルへの階段は彼らが異なったイベントが起こった異なったレベルに気づいたのと同じくらい巧妙でした。彼ら自身の遺跡は巧妙に照らされ、効果音は雰囲気を増しました。私は本当にそれを楽しんで、それが無料だったと信じるのは難しいと思いました。 。 。 。 。これを可能にしてくれたすべての人たちにおめでとうと言っています

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前

後に抑圧されそしてしばしばミスラック寺院がサンタ・プリスカ・ローマのような教会の地下室の下に見られる初期のキリスト教の競争。それは主に口頭で伝えられたカルトでしたが、初期の文学での習慣へのいくつかの書面による言及があります。 Mithrasの崇拝者は主に軍人、未成年の商人、税関職員および官僚職員であったため、男性のみがカルトでしたが、女性はMithraicグループに関わっていたようです。 フリトアの帽子をかぶったミトラスの彫刻の頭の最も愛されているコピーを鑑賞することができます。 Mithrasは、レリーフがディオクレティアヌスの浴場から証明されているように、岩から生まれました。それで、ミトラは聖なる白い雄牛を屠殺して、そして次にソル(太陽)と宴会を共有します。これはまた、一方でタウロクトニーの描写(雄牛の屠殺)を持つ携帯と両面の救済であるカルトアイコンで見ることができますそしてその反対側には、ミトラとソルの宴会シーンが雄牛で披露された。 Mithraic Festivalは、当時の夏至の6月26日にローマのクラブや大学の宴会と一致して開催されました。確かに、このカルトは惑星に接続された7つの等級から成る開始儀式を開催しました。神聖だった。 あなたが今1階に入ると、あなたは考古学的な掘削で発見されたローマの破片や遺物の壁を見ることができます。それからあなたはMithrasとMithraicのカルトを発見するために中二階のレベルに行き、ついにあなたは現代の舗装レベルの7メートル下のサイトのより低いレベルに降ります。 訪問のこの時点であなたは実際に再建されたミトラの神殿の一種の息子とルミエールの失効を経験することができます。明かりが薄暗くなるにつれて、特殊効果がミトラのローマ神殿を最も説得力のある経験を再現します。最初の創設者であるUlpius Silvanusが7つのコラムの中に登場するのを見ることさえ期待したかもしれません。 これらの寺院は確かに地下の窓なしでそして非常に独特で造られて、そしてMithraeaまたはMithraeumとして知られていました。ローマはカルトの中心地であり、Mithraeaはローマのアフリカローマ、イギリス、ローマのシリアで発見されました。 あなたが入ると訪問はブルームバーグSPACEギャラリーも含みます。全体のMithraeanの経験は、キャノンストリート駅に近いブルームバーグのヨーロッパ本社にあります。

訪問時期:2018年10月
口コミを投稿:1 週間前 モバイル経由

偶然にもこの美しくて美しい美術館に行って、私がしたことがうれしいです。 これは私が訪れた中でも最も歴史のある博物館のひとつです。配置された成果物についての詳細な情報を提供するIPADを使用して完成させます。それは20分かそこら毎に実行される非常に良い音と視覚的なショーを持っています。 スタッフはとてもフレンドリーで親切でした。 あなたは間違いなく博物館を訪問するべきです

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前 モバイル経由

90年代後半に私が出入りする途中で毎日街を歩いていたときに、オリジナルの覆い隠された展示を見ていたので、しばらくの間これを訪問したかったです。 ブルームバーグがここですべてのアーティファクトで神殿を復活させるために促進したことを愛しなさい。寺院の「顕在化」は大気であり、人工物の背後にある詳細を見るためのタブレット技術の使用は、新しい技術と古い歴史を融合させています。 無料で、30分以上かかることはありませんが、時間を振り返ってみる価値があります。

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前

私は、数多くの史跡を紹介することに注意を払わないことを嘆いています - トルコでの最悪の例のいくつか。その危険はありません。ブルームバーグのご好意により、上に事務所を建設する許可が与えられた場合には、ミトラティック寺院の古い遺跡へのアクセスを維持するための取引が行われました。それで、面白かったけれども特に広範囲ではなかったもの、あるいは率直に言って、明るく輝く基礎は「経験」に変えられました。 理論は、訪問は予約されるべきであるということですが、我々は待ち行列がなかった日曜日に入ることができました。入り口はfocです。 1階には発掘調査で見つかった特定の項目が表示され、iPadを介して、あなたはかなりの情報を得ることができます。次の階へは、遺跡自体へのアクセスが時間制限のある少人数のグループに基づいているため、事実上待合室にいます。 最終的には、ドアが開かれ、あなたは遺跡自体を見ることができます - まあ、それほどではありません!光は薄暗くなり、あなたは想定された神秘的なお祝いの音に没頭しています。大気?ただ、しかしただだけ。それからライトが点灯し、あなたはあなたが以前に30分前に基本的に見ていたものを見ることができます。 全体的に見て、やや細い魅力の最も豪華なプレゼンテーションです。 「無効にする」が、どこかにバケツリストを載せることはできません。

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前

物理的な空間と寺院自体の大きな顕現を考えると、ディスプレイは圧倒的でした。基本的にはライトが消え、霧が発生してから録音された音声があります。 その可能性はずっと大きく、視覚的表示はもっと野心的なものになるでしょう。

訪問時期:2018年12月
口コミを投稿:1 週間前

ブルームバーググループは、超高層ビルを建てるときに遺跡を見つけました!無料ですが、オンラインで予約する必要があります。それはイランからの太陽の神、MITHRAのカルトへのローマの寺院の劇的なステージングです!ローマの軍団は4世紀の間キリスト教のカルトに挑戦して、部分的に秘密にしたそのカルトに属していました。 ブルームバーグはそれを保存し、スケジュールに基づいて訪問者に公開することを義務付けられていました。 かなり魅惑的!

訪問時期:2018年12月
口コミを投稿:2 週間前 モバイル経由

あなたが訪れる最初の2階のアーティファクトと情報の表示は、訪問を正当化するのに十分に非常に詳細に興味深いものですが、メインルームの遺跡は明らかにハイライトです。 20分ごとに、公衆は1700年前のように見えて聞こえたであろうものの再想像を見るために入ってくることができます。その効果は本当に素晴らしいです。ただし、事前に予約することを検討する必要があります。私たちが行ったときはとても静かでしたが、スタッフは通常は予約するのが最善だと言っていました。そして、それは無料です、それも素晴らしいです。

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:3 週間前 モバイル経由

私は何年も行きたいと思っていて、私は今週ロンドンで暇な時間を過ごしました。 私は予約するように忠告されましたが、実際にはかなり空でした 私はそれを見つける前に入り口を過ぎて2回歩いた。 1階は、私たちが推測するローマの建物のように見えるように塗られた壁でただ通り抜けていますが、彼らは本当にジョージ王朝のように見える窓を持っていましたか。知りません。天井の高さが異なる陳列棚には、さまざまなローマ時代のものが置かれていて、説明や解釈などは一切含まれていません。ローマ文明がわからない場合は、ここをクリックしてください。 次の階には、「次の文を読むために触れる」という表示がされたアーティファクトの3つの照明されたコピーがある大きな部屋があります。通過するのにとても時間がかかります。約4分ごとに実行される連続ループサウンドトラックがあります。私は20分待たなければならなかったので(廃墟への入り口は20分毎にあり、私はただ1つを逃した)それはすべてかなり退屈でした 最終的には照明がかなり良い遺跡に。あなたが一周するための説明的なサウンドトラックと歩道があります。見たことがあるということです 私にとって最も興味深い部分は、高さに対する年齢を示しているので実際には階段でした。 それが今見たことがあるので、また戻ってこないでしょう 私は、これがサイトのより完全な解釈とアーティファクトのより多くの表示のための機会を逃したことを本当に思っています。これはロンドンの博物館と競合すると思います

訪問時期:2018年12月
口コミをさらに見る
周辺
シティ オブ ロンドン
古代にはローマ帝国の貿易の前哨地、21 世紀の現在は、その面積から「世界で最も裕福な 1
平方マイル」として知られ、「シティ」とも呼ばれるこの金融街は、ロンドン屈指の、歴史ある見所の多い地区です。こ
こには、ノーマン フォスター卿の「30 セント メリー アクス」(通称「ガーキン」) のような高層オフィス
タワーから、古代ローマの遺跡やクリストファー レンの壮麗なセント
ポール大聖堂、さらには古典的な雰囲気に息をのむジョン
ソーンのイングランド銀行まで、各時代の名建築が勢揃い。このエリアはヨーロッパ最高クラスのレストランや豪華なホ
テルでも有名です。カジュアルなバー、高級ショップ、地下鉄の駅も集中しています。平日はホワイト
カラーのビジネスマンで慌ただしいシティも、週末には観光客の静かな憩いの場になります。
...さらに表示
周辺のホテル近隣のホテル1,083件を表示
Travelodge London Central Bank
978件の口コミ
0.1 km 先
The Ned
922件の口コミ
0.14 km 先
Oakwood Bow Lane Apartments
8件の口コミ
0.25 km 先
スレッドニードルス ホテル
1,306件の口コミ
0.39 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン27,042件を表示
Coq d'Argent
1,447件の口コミ
0.13 km 先
Brigadiers London
114件の口コミ
0.11 km 先
The Don Restaurant
267件の口コミ
0.1 km 先
1 Lombard Street
473件の口コミ
0.11 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント6,512件を表示
High Elms Golf Course
5件の口コミ
0.09 km 先
St. Stephen Walbrook
71件の口コミ
0.05 km 先
Mansion House of City of London
64件の口コミ
0.1 km 先
Q & A
London Mithraeumのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン