ブリクストン

ブリクストン (ロンドン)

ブリクストン
4
旅行者の感想

編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ツアーやアクティビティ
この観光スポットを満喫するさまざまな方法をチェック。

ブリクストンとその近隣エリアの人気アクティビティ

エリア
周辺のおすすめ
レストラン
5 km圏内に2,553件
観光スポット
10 km圏内に1,957件

4.0
307件の口コミ
とても良い
137
良い
118
普通
32
悪い
10
とても悪い
10

機械翻訳で日本語を表示しています(内容の参考程度にご利用ください)。
Google提供の翻訳を含む場合があります。 Googleは、明示または黙示を問わず、正確性や信頼性の保証のほか、商品適格性、特定の目的への適合性、および偽造の排除に関する黙示の保証を含め、かかる翻訳に関連する一切の保証責任を否認するものとします。

mepurin
94件の投稿
2018年11月 • 一人
前に住んでいた時には治安の悪さから近づいてはいけないエリアとされていたが、改善されたと聞き、マーケット周辺を歩いてみた。結果、以前はあまり見られなかった若い旅行者や女性が増え、街を徘徊する怪しい人は減り、たしかに過ごしやすくはなっていた。でもやはり、zone1とは空気が違うし人目も少ないので、行ったことのない人や日が落ちてからの一人歩きは絶対に避けた方が良いと思う。
投稿日:2018年11月22日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

coneyconey
東京23区, 東京都371件の投稿
2018年1月 • 一人
ボウイの誕生日&命日にブリクストンに行ってきました。着いた瞬間、駅前でレッツ・ダンスを大音量で流して踊っているおじさんがいたり、ポスターも貼ってあったりして、街全体でお祝いしているようでした。駅の向かい側にアラジン・セインの壁画があります。お花やメッセージ、キャンドルでいっぱいでした。生家にも行って来ました(今は誰も住んでいないです)駅から少し外れるととても静かな住宅街が広がっています。駅前は賑やかで、カリビアンも多くスティールパンの演奏をしていました。観光地化した今は彼が住んでいた頃とは全く違うのでしょうが、根本的な事は良い意味で変わっていないと思います。ボウイがあんなに多才で、色んな物を取り入れていたのも全てここから始まったんだなと、こんな環境で育ったら、感性豊かに才能が開花するのも頷けるなと思いました。
投稿日:2018年1月27日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

maikon800
福岡市, 福岡県64件の投稿
2017年8月 • 一人
デヴィッドボウイが幼少期をすごした街ということで初訪問しました。昔から治安が良くないと言われていましたが、近年は活気のあるマーケットなどが来訪者に人気もあり、以前ほどではないと聞きました。昼間の時間帯で老人や子供や家族づれも多数いて、実際危険を感じるような雰囲気はありませんでした。アフリカ系移民の多い街ですので、市場には興味をひく飲食店などがあり次回は食事もしてみたいと思いました。
投稿日:2017年8月3日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

porculs
芦屋市, 兵庫県1,417件の投稿
2016年3月 • 一人
地下鉄ブリクストン駅すぐにあるモーリーズ百貨店の壁面に、「アラジン・セイン」のジャケ写のボウイ様のイラストが描かれていて、その前には世界中から訪れたファンの顕花やプレゼントなどの供え物が。ブリクストンだけで流通するブリクストン・ポンドというお札に両替できるお店があり、10ポンド札はボウイ様でした。
投稿日:2016年9月7日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

michiko h
中部地方29件の投稿
2016年3月 • ファミリー
デヴィッド・ボウイの出身地ということで、有名な壁画に献花しに行きました。午前中だったので、それほど治安が悪いとは感じませんでしたが、壁の絵(落書き?)などから、若者にウケる街なのかなという感じがしました。名古屋で言うと大須や、円頓寺みたいな場所(?)。 マーケットが多国籍な感じで楽しかったです。時間帯のせいか、閉まってるお店が多かったのが残念。ブリクストンポンド(もちろん、ボウイの絵の10ポンド札)をゲットしてきましたが、お店のお兄さんが気さくな人で楽しかったです。
投稿日:2016年5月20日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

marble
大阪480件の投稿
2015年10月
よく言われますが、あまり治安の良くないエリアです。若者向けのクラブなども多く、遊べる街ではあるのでしょうが、なんとなく危険な空気が漂っているように感じました。
投稿日:2015年12月11日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Natasha_J_Soliar
ロンドン, イギリス415件の投稿
2019年3月
私はしばしばダンスイベント{タウンホールでのボールルームとラテンティーダンス、マーケットハウスでのアルゼンチンタンゴのダンス}のためにブリクストンにいます。

ブリクストンには活気あるハイストリートがあり、ブリクストンの市場には伝統的な屋台やアウトレット、飲食店、パブ、そして980年代の歌手エディグラントによって有名になったエレクトリックアベニューがたくさんあります。

本当に広々としていて、エレベーターと広い複数の階段があり、スーパーバイザーズオフィスの植木鉢でさえ、ブリクストンにあなたを歓迎している地下鉄駅が好きです。 。それはとても暖かくてフレンドリーです。

ウォルサムストウの最後の停留所であるビクトリア線のブリクストンは、観光客でもブリットでも、訪れる価値があります。ブリクストンではいつでも歓迎されます。
Google
投稿日:2020年1月28日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Jon M
14件の投稿
2019年1月
このような多文化的な雰囲気の素晴らしい場所です。ブリクストンビレッジ、鉄道の下、ポップブリクストンは本当に訪れる価値があります。
Google
投稿日:2019年10月18日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

Josie K
Atlanta, Georgia40件の投稿
2019年8月
ロンドンとパリを含むヨーロッパへの素晴らしい旅行から戻ってきました。今私が大切にしているポイントや場所のいくつかを強調することは私の喜びです。

 私たちが最初に到着したとき、私たちはすぐにイギリスのロンドン南部のランベス自治区にあるブリクストンに向かいました。この地域は、ロンドン計画でグレーターロンドンの35の主要センターの1つとして特定されています。ブリクストンは主に住宅であり、目立つ通りの市場とかなりの小売部門があります。私の観点から、地域の地元の人々が共有するいくつかのポイントを評価することから、ブリクストンはかつてジャマイカ市民のハブでした。あなたの中を歩き回ると、この近所が古い世代の心の中で捕らえた愛を感じることができます。私がジャマイカ人とその子孫にとって賑やかなメガだった時代に私が話したほとんどのことは、彼らがそれが彼らの心と思いが計画したものではないことをほのめかす。

この分野を歩き回ると、新しい計画が古い計画と混ざり合ったり、古い計画を圧倒したりするのがわかります。あらゆる地域の南西部の大部分と同様に、麻薬、貧困、そしておそらく政府依存の兆候があります。かつて地元の人々とその家族が所有・運営していた店舗は、現在、よりアジアの影響を受けて購入され運営されています。

この地域は私にとって美しいものでしたが、少数の住民から受け取った多くの「かつての地域ではない」ことを完全に理解することができます。
Google
投稿日:2019年9月11日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

T0urist7
ワルシャワ, ポーランド1,397件の投稿
2018年12月 • ファミリー
ロンドンの最も国際的な地区の1つであり、観光客にとって大変魅力的です。ブリクストンマーケット、ポップブリクストン、ブリクストンビルゲを訪れるようにしてください。ブリクストンは気取らない雰囲気の活気に満ちた多文化地区です。ブリクストンマーケットでは、カリブ海の周辺地域に関連する食べ物や衣類、製品を購入できます。 Brixton Villageの歩行者エリアには、世界中からの料理を提供する親密なレストランが点在しています。夜のエンターテイメントのアマチュアは、ロックファン向けのO 2 Academy Brixtonや、新しいサウンドのファンに人気のHootanannaなど、ライブミュージックで有名なバーや会場を訪れます。興味深いのは、Brixton地区の歴史です。20世紀初頭から、多くの新しい住人がこの地区に入り始め、1920年代にはBrixtonがロンドン南部最大のショッピングセンターとなり、数多くの映画館、劇場、パブもありました。しかし、第二次世界大戦中、この地域は深刻な爆撃を受け、生活環境が悪化しました。 1948年、カリブ海からの戦後移民の最初の波がSS帝国に乗ってブリクストンにやってきた。ブリクストンがファッショナブルな国際的な場所になったのは、過去20年間で変わりました。
Google
投稿日:2019年8月4日
この口コミはトリップアドバイザーのメンバーの主観的な意見です。TripAdvisor LLCのものではありません。

89件中110件の結果を表示中
情報に不足や誤りがある場合
編集を提案して表示内容を改善
掲載内容を改善
ブリクストンに関するよくある質問

ブリクストンツアーは十分前もって予約しておくことをおすすめします。 トリップアドバイザーでのご予約なら、ツアー開始時間の24時間前までにキャンセルすると全額返金されます。 ブリクストンのツアーをすべて表示(8件)


ブリクストン周辺のホテル: ブリクストン周辺のホテルをすべて表示

ブリクストン周辺のレストラン: ブリクストン周辺のレストランをすべて表示

ブリクストン周辺のツアーやチケット: ブリクストン周辺のツアーやチケットをすべて表示