推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
すべての写真 (191 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い47%
  • 良い37%
  • 普通10%
  • 悪い3%
  • とても悪い3%
詳細
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
13°
10
11
12
お問い合わせ
London SW9 8HE, England
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+44 7879 414488
電話
掲載内容を修正する
Google
ブリクストンを満喫する
¥37,344
詳細
レビューを絞り込む
93件
評価
42
39
10
1
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
42
39
10
1
1
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 93 件中 110
2018年11月22日に投稿しました モバイル経由

前に住んでいた時には治安の悪さから近づいてはいけないエリアとされていたが、改善されたと聞き、マーケット周辺を歩いてみた。結果、以前はあまり見られなかった若い旅行者や女性が増え、街を徘徊する怪しい人は減り、たしかに過ごしやすくはなっていた。でもやはり、zone1とは空気が...さらに表示

訪問時期:2018年11月
役に立った
2018年1月27日に投稿しました モバイル経由

ボウイの誕生日&命日にブリクストンに行ってきました。着いた瞬間、駅前でレッツ・ダンスを大音量で流して踊っているおじさんがいたり、ポスターも貼ってあったりして、街全体でお祝いしているようでした。駅の向かい側にアラジン・セインの壁画があります。お花やメッセージ、キャンドルで...さらに表示

訪問時期:2018年1月
1  役に立った
2017年8月3日に投稿しました モバイル経由

デヴィッドボウイが幼少期をすごした街ということで初訪問しました。昔から治安が良くないと言われていましたが、近年は活気のあるマーケットなどが来訪者に人気もあり、以前ほどではないと聞きました。昼間の時間帯で老人や子供や家族づれも多数いて、実際危険を感じるような雰囲気はありま...さらに表示

訪問時期:2017年8月
1  役に立った
2016年9月7日に投稿しました

地下鉄ブリクストン駅すぐにあるモーリーズ百貨店の壁面に、「アラジン・セイン」のジャケ写のボウイ様のイラストが描かれていて、その前には世界中から訪れたファンの顕花やプレゼントなどの供え物が。ブリクストンだけで流通するブリクストン・ポンドというお札に両替できるお店があり、1...さらに表示

訪問時期:2016年3月
3  役に立った
2016年5月21日に投稿しました

デヴィッド・ボウイの出身地ということで、有名な壁画に献花しに行きました。午前中だったので、それほど治安が悪いとは感じませんでしたが、壁の絵(落書き?)などから、若者にウケる街なのかなという感じがしました。名古屋で言うと大須や、円頓寺みたいな場所(?)。 マーケットが多国...さらに表示

訪問時期:2016年3月
役に立った
2015年12月11日に投稿しました

よく言われますが、あまり治安の良くないエリアです。若者向けのクラブなども多く、遊べる街ではあるのでしょうが、なんとなく危険な空気が漂っているように感じました。

訪問時期:2015年10月
1  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:5 日前

このような多文化的な雰囲気の素晴らしい場所です。ブリクストンビレッジ、鉄道の下、ポップブリクストンは本当に訪れる価値があります。

訪問時期:2019年1月
口コミを投稿:1 週間前

悪い経験がある コメントの義務は一切ありません コーヒーは聞かないで コーヒー用の同じトイレクリーナー 悪いサービスの代金を支払う 良い経験がない 他の言語を話すスターは、より良いサービスを確認してください

訪問時期:2019年10月
2019年9月12日に投稿しました

ロンドンとパリを含むヨーロッパへの素晴らしい旅行から戻ってきました。今私が大切にしているポイントや場所のいくつかを強調することは私の喜びです。  私たちが最初に到着したとき、私たちはすぐにイギリスのロンドン南部のランベス自治区にあるブリクストンに向かいました。この地域は、ロンドン計画でグレーターロンドンの35の主要センターの1つとして特定されています。ブリクストンは主に住宅であり、目立つ通りの市場とかなりの小売部門があります。私の観点から、地域の地元の人々が共有するいくつかのポイントを評価することから、ブリクストンはかつてジャマイカ市民のハブでした。あなたの中を歩き回ると、この近所が古い世代の心の中で捕らえた愛を感じることができます。私がジャマイカ人とその子孫にとって賑やかなメガだった時代に私が話したほとんどのことは、彼らがそれが彼らの心と思いが計画したものではないことをほのめかす。 この分野を歩き回ると、新しい計画が古い計画と混ざり合ったり、古い計画を圧倒したりするのがわかります。あらゆる地域の南西部の大部分と同様に、麻薬、貧困、そしておそらく政府依存の兆候があります。かつて地元の人々とその家族が所有・運営していた店舗は、現在、よりアジアの影響を受けて購入され運営されています。 この地域は私にとって美しいものでしたが、少数の住民から受け取った多くの「かつての地域ではない」ことを完全に理解することができます。

訪問時期:2019年8月
2019年8月4日に投稿しました

ロンドンの最も国際的な地区の1つであり、観光客にとって大変魅力的です。ブリクストンマーケット、ポップブリクストン、ブリクストンビルゲを訪れるようにしてください。ブリクストンは気取らない雰囲気の活気に満ちた多文化地区です。ブリクストンマーケットでは、カリブ海の周辺地域に関連する食べ物や衣類、製品を購入できます。 Brixton Villageの歩行者エリアには、世界中からの料理を提供する親密なレストランが点在しています。夜のエンターテイメントのアマチュアは、ロックファン向けのO 2 Academy Brixtonや、新しいサウンドのファンに人気のHootanannaなど、ライブミュージックで有名なバーや会場を訪れます。興味深いのは、Brixton地区の歴史です。20世紀初頭から、多くの新しい住人がこの地区に入り始め、1920年代にはBrixtonがロンドン南部最大のショッピングセンターとなり、数多くの映画館、劇場、パブもありました。しかし、第二次世界大戦中、この地域は深刻な爆撃を受け、生活環境が悪化しました。 1948年、カリブ海からの戦後移民の最初の波がSS帝国に乗ってブリクストンにやってきた。ブリクストンがファッショナブルな国際的な場所になったのは、過去20年間で変わりました。

訪問時期:2018年12月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル1,133件を表示
Premier Inn London Brixton hotel
887件の口コミ
0.75 km 先
The Half Moon
290件の口コミ
0.95 km 先
OYO Flagship 30379 Kings Ave New
3件の口コミ
1.14 km 先
ウィンドミル クラパム
726件の口コミ
2.11 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン28,670件を表示
Naughty piglets
237件の口コミ
0.05 km 先
Pizza Brixton
82件の口コミ
0.4 km 先
Khan's
108件の口コミ
0.04 km 先
Gremio De Brixton
193件の口コミ
0.55 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット7,482件を表示
Krav Maga Self Defence
39件の口コミ
0.43 km 先
Brixton Windmill (Ashby's Mill)
24件の口コミ
0.48 km 先
Black Cultural Archives
26件の口コミ
0.62 km 先
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン