推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Bate Collection

本日営業: 14:00 - 17:00
シェアする
口コミのハイライト
さまざまな楽器のミュージアム

ヨーロッパでの音楽文化の華やかさが感じ取れる、さまざまな種類の楽器が展示されていました。中でも鍵盤楽器は装飾がかわいくて素敵でした。

2016年3月3日に投稿しました
Hiroko N
40 件すべての口コミを読む
18
すべての写真 (18 枚)
フル ビュー
旅行者の評価
  • とても良い57%
  • 良い37%
  • 普通2%
  • 悪い2%
  • とても悪い2%
詳細
準備中
本日の営業時間: 14:00 - 17:00
時間帯をすべて表示
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
11
12
1
お問い合わせ
Oxford University Faculty of Music | St. Aldate's, Oxford OX1 1DB, England
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+44 1865 276139
電話
翻訳:Google
オックスフォードとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
レビューを絞り込む
18件
旅行者の評価
10
8
0
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
10
8
0
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 18 件中 110
2016年3月3日に投稿しました

ヨーロッパでの音楽文化の華やかさが感じ取れる、さまざまな種類の楽器が展示されていました。中でも鍵盤楽器は装飾がかわいくて素敵でした。

役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年10月2日に投稿しました

これはちょっと酔っぱらった道から少し離れているが、価値のある博物館です。場所はかなり狭いですが、あらゆる種類の楽器が詰まっています。それは音楽の教員の一員であり、学生は楽器を研究したり借りたりすることができます。これは素晴らしいことです。それは自由に入ります。オーディオガイドがあり、生徒が演奏している楽器を聞くことができます。時間は限られていますが、私たちが行ったときに勤務していた人は、ハープシコードとクラビノーバの違いについて非常に有益で説明しました。

2018年2月8日に投稿しました

Mと私は小規模で専門的な博物館を探すのが大好きなので、最近のオックスフォード滞在中にBate Collectionを訪ねたいと思っていました。 フロントデスクの紳士はフレンドリーで明らかに知識がありましたが、私たち自身のペースで回ってみましょう。彼は私たちにハンドセットをくれたので、いくつかの楽器で演奏されたサンプルを聞くことができました。 いくつかのディスプレイはかなり混雑していて、私たちは床にある器具の上を移動しないように注意しなければならなかったので、私は車椅子のユーザーや小さな子供のためにこれをお勧めしません。ここで1時間以上過ごすのは本当に熱心でなければならないだろうが、周りを見て楽しんでいた。

2018年1月18日に投稿しました

私たちが訪れている間、学生は自分のヴァイオリンを借りようとしていました。彼らはそれらを貸すことができます。 。 。 。楽器は見ているだけでなく使用されるように作られています。 。 。 。

2017年10月11日に投稿しました

これは、開館時間が限られているにもかかわらず、欠場することのない博物館です。ベイトコレクションは、音楽学部の中心にある楽器の魅力的なコレクションです。オーケストラのあらゆるセクションから見ることができます(無料オーディオデバイスのおかげで)。最も印象的なのはおそらく、ハープシコードとスピネッツのコレクションで、美しく復元され、維持されています。 私たちを歓迎したチャプチャは、静かな日に経験豊富で慎重なピアニストが少しのハープシコードを弾くようにするかもしれないことを示唆しているようです。実際には、前日にこのようなことをやっている新生児が2人もいなくなったようです。 あなたが入力したときに与えられたオーディオワンドは、さまざまな楽器を聞かせますが、私は文脈から多少なりとも告白する必要があります。私が推測する他の何もかもよりも、音色やピッチに関してもっと有益です。 1つの楽器でさまざまなタイプを区別するのに役立つもう少しの情報がありましたら、私はアルトとテナーサックスの違いを理解していますが、クラリネットの構成やデザインは異なります。 それでも、午後に訪れる価値があり、私たちの喧騒を惹きつけたチャプチャは、とても親切でフレンドリーで、あなたのコレクションの経験とはまったく異なっています。

2017年5月8日に投稿しました モバイル経由

は、音楽の興味が、ジャンルにかかわらずなら、この小さな博物館はオックスフォードに行くのならば訪れました。 楽器のあらゆる年齢層やジオグラフィックソースからのすばらしいコレクションが入っている。 特別なのは、アクセスは、訪問者や楽器などがあり、キーボードは特に。 ヘンデルの自分専用のはぁぷしこぅどで遊んでおしゃれ、ここでは、する機会’ s がある。 私たちは全体的な生活を持ってきてくれしたい方は、本当に楽しい人と、間違いなくキュレーターには非常に特別なガイド付きの見学に扱ってくれました。 また、オーディオガイド付きである。 多分、 1 時間以内となりますが、いたします最高の時間オックスフォードで過ごしました。

2017年4月27日に投稿しました

あなたが音楽に最も関心が薄い場合は、暴かれた観光地からちょうど逃げようとする大きな報酬です。市内中心部からキリスト教会を越えてください。例外的な楽器のコレクション。小さな選択を試みる機会。毎日午後も営業しています。いくつかの本当の宝石が含まれています。子供のための素晴らしい教育資源。

2017年2月18日に投稿しました

このても訪れてみる価値ありは、音楽や楽器のようです。 私魅了されました。 そのうちのいくつかの Evolution Solution Rooms チャートつづる白黒の 1,000 以上の披露します。 また多くのキーボードや楽器など。 音楽の大阪市立大学理学部附属植物園で学生それらをすることが禁止されている。 また、小さな取り揃えられている。 子供たちは手に挑戦には真鍮、木管楽器の各 1 つ。 かなり アテンダントは、とても知識が豊富で、 無料でとても親切です。受付になると音 can.

2017年2月12日に投稿しました

このホテルを見つけることができ、価値を訪れにすべての音楽に興味がおありです。 の音楽大阪市立大学理学部附属植物園の小さな博物館楽器の各タイプの広大なコレクションれたサインボードを持った数多くのガラスの例を含んでい部分に位置している。 無料のオーディオガイドが聞こえてきました。これらの楽器の多数のような音です。 たくさんの人ここにくる機会があれば間違いなくですが、私は本当に楽しかったです。

2016年4月29日に投稿しました モバイル経由

私のレーダーにあるこの博物館を見学しますが続いている。 もっと早く行くべきであるで、 Enter への無料 ) がある。 一緒文字で、ピアノが、前身が主に木管と真鍮も、彼らの小さなスペースには大の広大なコレクション。 好きならしていたを見つけるにもおくつろぎいただくとは最小限テイストを取り入れたこの博物館はない、よくなかったにおこもりました。 また、一般的なセルフガイドマシンですが、この 1 つは楽器のいくつかの抜粋がある。 ラッキーなことに、私はされる場合は、音楽学生が楽器の演奏をしてあります。 その後は、アシュモリアンは、弦コレクション、この素晴らしいコレクション補足するを見学することをお勧めしますカナル。

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル43件を表示
オールド バンク ホテル
1,306件の口コミ
0.41 km 先
マルメゾン オックスフォード キャッスル
3,377件の口コミ
0.44 km 先
バンブラ ハウス ホテル
859件の口コミ
0.46 km 先
ヴィックトリア ハウス ホテル
164件の口コミ
0.49 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン729件を表示
The Bear Inn
412件の口コミ
0.22 km 先
Fernando's Cafe
145件の口コミ
0.27 km 先
Chiang Mai Kitchen
674件の口コミ
0.24 km 先
Cinnamon Kitchen Oxford
198件の口コミ
0.28 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント366件を表示
Christ Church Meadow
975件の口コミ
0 km 先
クライストチャーチ カレッジ
2,171件の口コミ
0.06 km 先
市庁舎
116件の口コミ
0.21 km 先
The Story Museum
161件の口コミ
0.14 km 先
Q & A
Bate Collectionのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン