推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
すべての写真 (81 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い67%
  • 良い23%
  • 普通6%
  • 悪い2%
  • とても悪い2%
詳細
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
10°
11
12
1
お問い合わせ
5 rue d Asfeld, 35400, Saint-Malo, France
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+33 2 99 56 09 40
電話
掲載内容を修正する
Google
サン=マロと近隣エリアでおすすめの体験
Etoile du Royの入場券
13 件の口コミ
¥739
詳細
¥9,484
詳細
レビューを絞り込む
13件
評価
6
4
1
1
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
評価
6
4
1
1
1
口コミ中のキーワードを検索
絞込み条件
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 13 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2019年9月25日に投稿しました

このツアーはフランス語のみで提供され、フランス語が学位レベルに達していない人には英語でのメモもありません。私は良いフランス語を話しますが、注意してください。最初に確認してください! 私たちは国内の建築に興味があり、人々がどのように生き、昔に戻ったかを知りたいので行きました。私たちはそれをほとんど見なかったので、ツアーは観光案内所のチラシによって不正確に宣伝されていると思いました。 代わりに、私たちは知識豊富な講師(ガイドではなく)がいましたが、率直に言って、当時の船乗り(貿易と戦争)と戦争中のフランス人/イギリス人についてまだ知らなかったものは何も知りませんでした。 訪問者が見る家の小さな部分は疲れていて、手入れが行き届いていない。 最後に、ガイドからも入場料を支払っても、これまで経験したことのない強力な反「英語」感情を認識しました。 。 。そして、それが冗談で意図されていたとしても、それは適切であると感じませんでした。

訪問時期:2019年9月
2019年9月18日に投稿しました

この家は、サンマロの18世紀の「海賊」(フランス国王の私private船)の元の大邸宅です。第二次世界大戦中に古いサンマロで破壊されなかった数少ない建物の1つであり、このようなサンマロの家の良い例です。私たちの訪問をとてもすばらしいものにしたのは、ガイドとガイド付きツアーでした。ガイドは信じられないほど知識が豊富で興味深いものでした。彼は私たちのために、18世紀の全盛期のサンマロがどのようなものだったかについて、非常に鮮明な絵を描きました。私たちは多くのことを学びました。「コルセア」とは何か、その時代の国際貿易はどのようなもので、どのように機能し、取引された商品を展示し、当時のビジネスと腐敗に関する魅力的な情報を完備していました。また、当時の海軍戦争の様子も学びました。そして、これも魅力的で啓発的でした。最後に、18世紀の都市の住民にとっての生活がどのようなものであるかについて、良いアイデアを得ました。 。 物理的に言えば、6階建ての大邸宅の1階、秘密の階段と中二階、そして印象的なセラーを訪れるようになりました。 私の唯一の失望は、大邸宅をもっと見ることができなかったことです。 しかし、それがなくても、訪問は非常に面白くて楽しかったです。間違いなく価値があります。また、この地域での滞在中、息子のお気に入りの訪問の1つであることが判明しました。

訪問時期:2019年8月
2019年8月26日に投稿しました

この興味深い家のプライベートツアーがありました。私たちのガイドは非常に活気があり、魅力的で(そして英語で)、ツアーをとても楽しくしました。彼女は私たちに家の所有者の話、富への彼の上昇、そして家がとても重要だった理由を説明しました(ヒント:それは彼にとってビジネスの場でもありました)。最も興味深い部分は、家のさまざまなレベル、特に地下レベルを探索することでした。家の最上階には現在の所有者が居住しており、一般には公開されていません。それは時間の価値がある経験の一種である-打ちのめされた-道のようなものです。注:旅行前に英語で行われるようにツアーを手配しましたので、フランス語を話さない場合は英語でスケジュールする必要があります。

訪問時期:2019年8月
2019年5月23日に投稿しました モバイル経由

すばらしいです!ガイドはショーを所有し、それを楽しみにします。あなたは英語版を持つことができるかどうかわからないけどフランス語で。 とにかく私たちはそれを愛しました。

訪問時期:2018年9月
2018年12月6日に投稿しました

通りMaloは素晴らしいとチャーミングな街で、散歩にはとても良い場所です。訪れるコルサールの家、歩き回る街の要塞、探検する船があります。

訪問時期:2018年8月
2018年6月30日に投稿しました モバイル経由

私たちは1700年代初めにそこに住んでいたフランソワ - アウグスト・マオン・デ・ラ・ランデのこの家への事前訪問のツアーグループの一員でした。彼はフランスの東インド会社と海賊の裕福なディレクターでした。海賊は、海賊と同じことをするために王から権限があったため、海賊ではありませんでした。私たちは1階の部屋がもっと面白く聞こえる他の部分では見逃してしまっただけです。部屋は特別なものではなかった。 。 。 。いくつかの武器、彼らが取ったスパイスのサンプル。面白かったのは、英語を話すガイドのポールが、その間の貿易の歴史を説明するすばらしい方法でした。私はそれが通りにする何かだと思う。 Maloしかし、それは私のリストのトップスではありません。

訪問時期:2018年6月
2017年8月17日に投稿しました

才能豊かなストーリーテラーに案内されて、Magon de Lalandeの家の訪問は必須です。それは昔のサンマロの生活と富の源泉を説明しています。カウント1 h 30。早く到着してください。来訪とは別の脱出室活動の可能性

訪問時期:2017年8月
2016年11月23日に投稿しました

泊まったサン - マロ " を見学します私達の休暇中にはブルターニュ " に有料の機会も楽しみました。 全室とも完璧でした : オーシャンビュー、市内の壁、中世の街の古い建物や、狭い通り、食事、ハーバー、お名前。

訪問時期:2016年11月
2016年7月20日に投稿しました

この 18 世紀の裕福な船舶商人の家は古い城壁にサンマロ " です。 私たちのガイドがその時代は、街の作りに貢献しする方法を教えてくださいに船の明快な、興味深い ( フランス語 ) の説明してくれました。

訪問時期:2016年6月
2016年5月1日に投稿しました

サンマロの corsairs の歴史のに行くよりも (Mr デラリウィエール ) 失業中のプレゼンテーションを観光する場合。 5.5 ユーロ、 30 時間を過ごすことができる方法を教えてください。 Mr デラリウィエール " 彼のプレゼンテーション、 biggening ご提示ください ( それは義務 's) ないなら最後をお願いしたいと思います。

訪問時期:2016年5月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル82件を表示
エリザベス
343件の口コミ
0.07 km 先
アジョン ドール
443件の口コミ
0.1 km 先
イビススチルスサンマロセントロヒストリーケ
1,345件の口コミ
0.2 km 先
キッカン グロワニュ
695件の口コミ
0.22 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン446件を表示
Le Millésime
1,011件の口コミ
0.16 km 先
Autour du Beurre
823件の口コミ
0.16 km 先
Creperie Margaux
961件の口コミ
0.16 km 先
O Tapas Bretons
220件の口コミ
0.15 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光スポット189件を表示
Le monde du coquillage
96件の口コミ
0.11 km 先
La Fabrique
93件の口コミ
0.09 km 先
Compagnie Corsaire
248件の口コミ
0.1 km 先
Q & A
ご質問がありますか?
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン