推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
274
すべての写真 (274 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い43%
  • 良い50%
  • 普通6%
  • 悪い0%
  • とても悪い1%
詳細
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
1
2
10°
3
お問い合わせ
60 rue des Francs Bourgeois | Le Marais, 75003 Paris, France
ル マレ
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+33 1 40 27 60 96
電話
掲載内容を修正する
パリとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
$14.00
詳細
レビューを絞り込む
27件
旅行者の評価
10
15
2
0
0
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
10
15
2
0
0
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 27 件中 110
口コミを投稿:2 週間前

ロココ様式のお部屋を見学できると聞いて行ってみました。工事中の場所も多く、閉まってしているのかと思いましたが、ドアを開けてくれたので一部の部屋を見学しました。聞いていた通り、ロココ様式の内装や絵画を見ることができました。私以外にほとんど見学者がおらず、入れる部屋も限られ...さらに表示

訪問時期:2018年12月
役に立った
2018年9月2日に投稿しました

ゲイの人々が集うマレ地区にあります。入場料8ユーロはいい値段ですが、マリーアントワネットが獄中で最後に書いた手紙(後見人に子供たちのことを頼む、という内容らしいもののフランス語で分からず)やルイ16世の書簡、ナポレオン1世が流刑先で書いた遺書(?)などが展示されていて興...さらに表示

訪問時期:2018年8月
役に立った
2018年6月6日に投稿しました

パリ3区にある国立公文書館はかつての貴族スービーズ家の館であり、まるで宮殿のような大きな建物と広い敷地が、当時の貴族の権力の大きさを偲ばせてくれます。公文書館の展示はフランス語なので、なかなか理解できないのですが、ルイ14世、マリー・アントワネット、ナポレオンなど重要人...さらに表示

訪問時期:2017年9月
役に立った
2017年5月3日に投稿しました

フランスの古文書を読めるような能は持ち合わせていませんが、それでも敷地に入る価値はあります。牢獄のような外壁は中世を思わせるクラシックな建築。中へ入ると開放感あふれる広い庭!そしてバロック風の館。見ていて飽きません。

訪問時期:2017年1月
役に立った
2015年6月4日に投稿しました

スービーズ公フランソワ・ロアンのために建てられた館で、現在は国立古文者博物館になっています。 「マリー・アントワネット」などの映画撮影にも利用されたロココ調の内装の建物です。

訪問時期:2015年3月
役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年10月5日に投稿しました

巨大な印象的な邸宅には国立公文書館があります。私は専門家によってキュレーションされた特別な公開のためにここに来ました。

訪問時期:2018年5月
2018年9月4日に投稿しました

この魅力は、その設定(マレ地区の中心にあるパリの最も古い建物の1つ)とその範囲(重要なオリジナル文書の表示によるフランスの歴史の照明)の両方で素晴らしいです。しかし、それは言葉の最高の意味では圧倒的に残っています。展示された文書は決して非常に多くなく、博物館の疲労を経験するリスクがあります。文書は、1400年近くのフランスの歴史の中で文書の重要性とそれらが保持している場所の説明を示す展示ケースに収められています。コンテクストプラスコンテクストは、臨場感のある訪問者や深刻な歴史バフも同様に短い訪問から何かを取り除くことができます。この博物館は、パリで1968年5月のイベントに焦点を当てた特定のイベント(今年の "1968年のレポ・デ・ポーボワール)"をテーマにした優秀な一時的な展覧会を後援しています。他のいくつかの優秀な博物館(Musee Carnavalet、ピカソ美術館)、有名で快適な教会(Eglise street Louis - 通りのポール、Eglise des Blancs Manteaux)、そして価値のあるもの(Vosges、rue des Rosiers、古いユダヤ人地区、Place de Vosgesラ・バスティーユ)。

訪問時期:2018年8月
2018年6月25日に投稿しました モバイル経由

特別な展示場 J 行ったときました。 2 階の客室は、待ち合わせ場所がいくつか素晴らしいました。

訪問時期:2018年6月
2018年6月6日に投稿しました

ここに起こるで何か興味あれば特別な見本市に見たり、行くことができ、彼らはとてもいい仕事をして同じようにします。 それ以外は、この素材はかなりうっそうとした、複雑です。

訪問時期:2018年5月
2018年2月23日に投稿しました

マレを彷彿とさせる私たちは、国立図書館で、ルネッサンス前から19世紀にかけての建築職業の発展を模索する素晴らしい展覧会に出席し、図面、モデル、歴史的な資料が満載です。強くお勧めします。

訪問時期:2018年2月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル1,822件を表示
オテル ドゥ ヴュー マレ
183件の口コミ
0.16 km 先
ホテル ド ラ ブルトヌリー
635件の口コミ
0.21 km 先
オテル デュポン スミス
253件の口コミ
0.22 km 先
ホテル ボーブール
798件の口コミ
0.29 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン20,148件を表示
Baffo
408件の口コミ
0.09 km 先
Monjul
648件の口コミ
0.11 km 先
La Fronde
227件の口コミ
0.1 km 先
Le Braque
129件の口コミ
0.15 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント5,639件を表示
マレ地区
11,999件の口コミ
0.16 km 先
狩猟博物館
308件の口コミ
0.18 km 先
Musée d'Art et d'Histoire du Judaïsme
281件の口コミ
0.18 km 先
Q & A
National Archives in Hotel de Soubiseのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン