推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
212
すべての写真 (212 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い36%
  • 良い47%
  • 普通14%
  • 悪い1%
  • とても悪い2%
詳細
お問い合わせ
10 rue Fleuriau | Hotel Fleuriau, 17000, La Rochelle, France
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+33 5 46 41 46 50
電話
翻訳:Google
ラ ロシェルと近隣エリアでおすすめの体験
レビューを絞り込む
14件
旅行者の評価
4
7
2
0
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
4
7
2
0
1
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 14 件中 110
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
2018年7月16日に投稿しました

この博物館は、ラ・ロシェルと北アメリカの関係を強調しています。プレゼンテーションはとても整理されています。アメリカやカナダから来た人には特別な関心が必要です。

2018年7月16日に投稿しました モバイル経由

ラ・ロシェルの奴隷貿易への関与の探求は敏感に扱われている。博物館はかなりの年齢の印象的な建物です - ちょうどこれの例として曲がった階段に注意してください - しかし、訪問の価値がある。 オーディオガイドは無料で非常に詳細なので、私は1つを取得することをお勧めします。各部屋は新世界の探査のさまざまな側面をカバーしています。

2018年6月20日に投稿しました

写真の写真、家具、フランスとスレーブ取引の話をする好奇心など、多くの興味深いアイテムが含まれています。 展覧会では、北米の不自然な人たちにも焦点を当てました。

2018年6月2日に投稿しました

これは非常に良い驚きでした。その元の所有者がアメリカでの取引で裕福な商人だったので、建物自体が興味深いからです。この博物館は新しい世界の素晴らしい作品を展示しています。大西洋のこの側面からは、商品の貿易(そして時には人々)がどのように扱われたかについて、良い視点(特にアメリカ人の訪問者から)を得ることができます。

2018年5月18日に投稿しました

私たちはすでにBeaux Art Museumを訪れていましたが、これは他には知らなかったことが多い非常に面白い助手たちと100%優れていました。実際、新世界博物館の机の上にいる女性たちはとても親切で親切でした。しかし、彼らの同僚たちは、私たちを部屋から部屋まで追って潜行犯のように扱い、ビーバーの毛皮で外に出ていないか、ドアの裏にあるお土産としてフックを取り外したり、絵画。私が水筒から一口飲んだとき、私は落ち着き、床に水をこぼしてしまったので飲んでいないと言いました。それはすばらしい博物館であり、正直なところ、奴隷貿易全体の都市への関与を認めています。この2つを再割り当てしたり、Beaux Artsの無邪気な訪問者(私は71歳で悲しいことに無害です!)で一流のキュレーターと一日を過ごすことができれば、この優秀な博物館を安心して楽しむことができます。

2018年4月27日に投稿しました

博物館は、フランスとカナダと西インド諸島の両国との関係について、奴隷貿易とカナダ初の国家に相当量の金額を記載しています。展示品はよく研究され、魅力的に紹介されています。博物館の建物はラ・ロシェルの商人の家で、その富はハイチの奴隷農場から来ていたので、家自体は物語の一部です。

2018年1月21日に投稿しました

我々は€7の入場料を無料で提供しています。無料のオーディオガイドが付いていて、この素敵な古い家を見渡すように出発しました。私にとってのハイライトは、1900年代の初めまでインディアンの主に黒と白の写真で、肖像画に本当の無邪気さがあったのと同じくらい魅力的でした。 一方、バラク・オバマにはうっかりとしていて、文脈から外れている部屋が1つあります。 博物館としては大丈夫ですが、リベットではありません。

2017年11月6日に投稿しました

奴隷貿易におけるフランスの役割の歴史、主にカリブ派の砂糖農園でのフランスの所有者の生活への奴隷の関与、そしてそのような商業形態の終結に向けたタイムラインは、いくつかの部屋にはっきりと示されていた。しかし、博物館はもっと多くを提供しています。 。 。 Edward S. Curtisのネイティブ・ノース・アメリカ人の肖像画が私にとって驚くべき驚きであることがわかりました。作品は詳細で礼儀正しく、暖かいです。このコレクションは、2019年8月までのみ、この博物館に展示されます。

2017年8月25日に投稿しました モバイル経由

この博物館は、ラ・ロシェルにある堂々たるシャトーにあり、奴隷貿易におけるフランスの関与の歴史をよく表しています。英語のオーディオガイドは、すべてのフランスの情報ボードを翻訳することができない人に利用可能であり、不可欠です。悲しいことに、オーディオ番号は部屋番号ほど普及しておらず、対応していません。部屋の装飾と壁画の時計の素晴らしいコレクションです。彼らの職人技は見逃せません。

2017年7月2日に投稿しました モバイル経由

ここに - この博物館にはエキサイティングなを与えている今日は新世界、奴隷貿易にラロシェルの一部であったところ扇が訪れました。 絵画や芸術品と、素晴らしく表示されている - 私たちは、約 1 時間半です。 スタッフはとてもよかったです

口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル50件を表示
イビス ラ ロシュル ヴィエーユ ヴィル
634件の口コミ
0.03 km 先
ホテル ドパリ
180件の口コミ
0.07 km 先
ホテル フランソワ プルミエール
606件の口コミ
0.08 km 先
ホテル ド ラ パエ
282件の口コミ
0.08 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン581件を表示
Le Jardin du Marche
209件の口コミ
0.06 km 先
Delicacy
29件の口コミ
0.12 km 先
Les Delices de la Rochelle
27件の口コミ
0.08 km 先
D'jolly
149件の口コミ
0.15 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント180件を表示
Le Bunker de La Rochelle
697件の口コミ
0.17 km 先
Marché du Centre Ville
242件の口コミ
0.14 km 先
Le 16/19 - Comédie La Rochelle
86件の口コミ
0.28 km 先
Cathedrale St-Louis (La)
198件の口コミ
0.18 km 先
Q & A
New World Museum (Musee du Nouveau-Monde)のスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン