推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
Google
プロヴァンスとその周辺で人気のツアー & アクティビティ
¥1,853
詳細
フル ビュー
所在地
問い合わせ
19 Chemin des Collettes フランス
このエリアをチェック
ニース・セグウェイツアー
セグウェイツアー
ニース・セグウェイツアー
(310)
ニースは、フレンチリビエラの活気に満ちたカラフルな街です。美しいワインディングレーンが17世紀に遡ります。海辺の街中に観光スポットが広がっており、ニースの主要観光スポットすべてを網羅しているため、厄介な日になる可能性があります。この風光明媚で楽しさいっぱいのセグウェイツアーでは、汗を流すことなく、プロムナードデザングレやキャッスルヒルなどの必見の見所を散策できます。
¥3,706(大人1名あたり)
51件口コミ1Q&A
評価
  • 17
  • 23
  • 3
  • 3
  • 5
旅行者のタイプ
投稿時期
言語
  • その他
絞込み条件
  • 絞り込み
  • 日本語
+1
ルノワールがリウマチ療養に頻繁に訪れていたカーニュシュルメール。Musee Renoirは、かつてのルノワールの家とアトリエ。この場所に家を建てることを決意させたオリーブの木々、地中海、宿泊した旧市街が大きく見晴らしの良い窓から見渡せる。絶景!!アトリエにつくと、キュレーターがそっとフィルムをつけてくれた。そこには、今と変わらないこのアトリエの車椅子に、包帯で固定した手で筆を握るルノワールの姿が。弟子や家族に囲まれて豊かに暮らした晩年のルノワールの姿は、砂糖菓子のようにふんわり甘い絵が生まれるのに納得できるものだった。
続きを読む
+1
カーニュ・シュル・メールの郊外にあり、落ち着いた気分を味わえます。館から海が見渡せる一方で、庭からはグリマルディ城も臨めます。樹齢100年以上というオリーブの木も庭に多数。お住まいになられた時からの年月の経過を感じさせられます。
続きを読む
シーズンオフに行ったので、見学者は私一人でした。が、お昼休みの30分前に行ったので、駆け足での見学となりました。庭から臨める鷲ノ巣のオードカーニュの景色がとても美しいです。
続きを読む
1919年に78歳で亡くなるまでの12年間を過ごしたルノワールの終の棲家です。オリーブの木が茂る丘の上、地中海と中世の鷲の巣村オー・ド・カーニュの街が見渡せる高台に建ち、明るく清潔な邸内から幸せな日常風景が連想できました。2階の大アトリエにはキャンパスやイーゼル、絵の具箱やパレット、車椅子やカウチソファなどが当時のまま置かれ、リウマチで握れなくなった絵筆を手に縛りつけて描き続けた彼の執念と情熱も感じられます。
続きを読む
+1
 10月下旬、半日ツアーの1つとして訪れました。カーニュ・シュルメールの市街地を見下ろすレ・コレットの丘にあります。  ルノワールが家族と伴に1908年から亡くなる1919年まで関節リュウマチに侵されながら住み、旺盛に絵画作成を行った場所です。藤田嗣治やモディリアニ、シスレーが訪ねてきたという所として知っていました。(特にモディリアニは敬愛するルノワールから酷評され、ショックを受けたと言われたそうです。)
続きを読む
前へ
ルノワール美術館に関するよくある質問