推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.

Musee des Tissus et des Arts Decoratif

本日営業: 営業時間外
オンライン予約
トリップアドバイザーでの予約をおすすめする理由
  • ツアーの見どころ & 全行程
  • オンラインで簡単に予約
  • お得な料金をご案内
詳細について
176
すべての写真 (176 枚)
フル ビュー
Certificate of Excellence (エクセレンス認証)
旅行者の評価
  • とても良い44%
  • 良い36%
  • 普通16%
  • 悪い3%
  • とても悪い1%
詳細
本日休業
本日の営業時間: 営業時間外
時間帯をすべて表示
平均滞在期間:1-2 時間
このエリアの天気
提供 : Weather Underground
12
1
2
お問い合わせ
34 rue de la Charite | Sauf jours fériés, dimanches de Pâques et de Pentecôte., 69002, Lyon, France
Carnot - Gailleton
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト
+33 4 78 38 42 00
電話
掲載内容を修正する
翻訳:Google
リヨンと近隣エリアでおすすめの体験
$29.00
詳細
レビューを絞り込む
64件
旅行者の評価
28
20
12
3
1
旅行者のタイプ
投稿時期
言語日本語
その他の言語
28
20
12
3
1
旅行者の口コミを見る:
絞り込み日本語
一覧を更新中...
口コミ 64 件中 110
2018年10月27日に投稿しました

リヨンは絹織物で栄えた町であり、当然ながら織物と室内装飾の博物館があります。日本とのつながりも古くからあり、明治の初期には京都の西陣から織物職人たちがリヨンにやってきて、最新のジャカール式織機の技術を日本へ持って帰りました。その話は著名なのですが、このジャカール式織機の...さらに表示

訪問日:2018年5月
役に立った
2018年8月12日に投稿しました

刺繍の歴史を時系列で見ることができました。 機のレプリカと思われるものも展示してあり興味深かったです。 クレジットがフランス語しかないため、 識者と行かないとその辺りが大きく楽しめない要素になると思います。 部屋いっぱいに掲げられた、ジャガード織りのタペストリーは息...さらに表示

訪問日:2018年8月
役に立った
2018年8月1日に投稿しました モバイル経由

閉館1時間前に行ったので忙しい観覧でしたが、地味な建物ながら織物博物館も装飾博物館も素晴らしかったです。特に装飾博物館の家具の展示はどこかのお城か貴族の館を訪問した気分になりました。惜しむらくは英語の説明文があればもっと嬉しかった。

訪問日:2018年8月
役に立った
2017年12月24日に投稿しました

装飾やテキスタイル好きには嬉しい美術館です。 歴史を感じられる建物にはぎっしりと家具を始め、装飾品、食器、服などが展示されていました。 床はギシギシいいますがえ、それも含めて色々楽しめるのでオススメです。

訪問日:2017年12月
役に立った
2017年7月29日に投稿しました

テクスタイル美術館です。その名前の通り、タペストリーなどが展示されていますが、中世のドレスや日本風のものまでたくさんのものがあります。中世~近代頃の上流階級のサロンを再現したようなものもありました。単に生地や織物が展示されているわけではありません。おそらく訪れる人は多く...さらに表示

訪問日:2017年2月
役に立った
2016年4月14日に投稿しました

ここは織物と装飾芸術の二つの館で構成されていますが、特に織物のほうが非常に素晴らしく見逃せない内容だと思います。織物で表現しているとは思えないような絵画のような作品も多く展示されていますし、純粋な織物の数々も大変精密な作りで、驚嘆すべき美しさです。ヨーロッパにある織物美...さらに表示

訪問日:2016年3月
2  役に立った
2014年10月28日に投稿しました

織物の博物館と装飾芸術の博物館があり、同じ入場口から2棟を見て歩くことになります。織物は質量ともに幅広い地域の資料(絨毯から日本の着物まで)が展示されています。とりわけフランス帝政時代のドレスなど、絹産業を軸にリヨンがファッションをリードしていた時代があったことがしのば...さらに表示

訪問日:2014年7月
2  役に立った
2014年7月9日に投稿しました

いろいろな国で作られた、伝統的な織物や装飾について見ることができました。大きな絨毯などが、壁に吊るされるなどして、展示されています。また、陶器の展示もありました。さまざまな展示品を通して、世界の伝統的な装飾模様を知ることができて、興味深かったです。

訪問日:2013年8月
1  役に立った
2010年12月3日に投稿しました

 リヨンの伝統産業である絹織物の美術館で、規模は小さいですが一見に値します。  ここをぜひ、おすすめしたい理由は、実はここリヨンの絹織物は日本の伝統産業である西陣織と深いかかわりがあるから。  明治時代、ヨーロッパにさかんに視察団を派遣して文明開化を遂げた時代。東京への...さらに表示

3  役に立った
機械翻訳で日本語を表示できます(内容の参考程度にご利用ください)。 翻訳を表示しますか?
口コミを投稿:1 週間前

この2つの美術館は、異なる視点からフランスの歴史を学ぶことができます。繊維部分には、17世紀の大部分のコレクションがありますが、5世紀または6世紀の遺跡もあります。あなたは、後のルイス王の治世を見た人々の想像力を利用することができます。しかし、悲しいことに、あなたがフランス語を知らないならば、あなたの訪問は、他の言語の表記がないほど楽しいものではありません。これは、ミュージシャンが苦しくて古いものになります。装飾美術の部分も美しいコレクションを持っています。英語の看板がいくつかありますが、磁器、家具、銀などを見て楽しむことができます。博物館のスタッフはもっとよかったかもしれません。私たちが入ったとき、机の後ろの女性は誰かと私的な会話をしてくれて、私たちと話をしました。私たちのうちの1人は身体障害者で、2杖で歩いていますが、割引券を得るには身分証明書が必要でした。屈辱よりも優美があったはずです。どちらの博物館にもエレベーターはありませんので、歩行者の問題を抱えている人には適していません。

訪問日:2018年11月
口コミをさらに見る
周辺
周辺のホテル近隣のホテル197件を表示
オテル デネイ
39件の口コミ
0.17 km 先
アレクサンドラ
959件の口コミ
0.19 km 先
Le Lys Bleu
4件の口コミ
0.21 km 先
アヴィ レジデンス ベルクール
36件の口コミ
0.22 km 先
周辺のレストラン近隣のレストラン3,755件を表示
Le Poelon d'Or
710件の口コミ
0.06 km 先
CHEZ THOMAS
266件の口コミ
0.03 km 先
Petit Grain
129件の口コミ
0.03 km 先
BOUCHON Thomas
89件の口コミ
0.03 km 先
近隣の観光スポット近隣の観光ポイント611件を表示
Abbaye de Saint Martin d'Ainay
56件の口コミ
0.34 km 先
Place Carnot
13件の口コミ
0.31 km 先
Mobilboard Lyon Segway & Bike Tours
422件の口コミ
0.14 km 先
Q & A
Musee des Tissus et des Arts Decoratifのスタッフおよび以前の訪問者より、すぐに回答を得ましょう。
注意: 質問はQ&Aページで公開されます。
送信する
投稿ガイドライン