推奨しているブラウザをお使いではないようです。一部のブラウザなどでは、お使いの環境によって体裁が崩れたり、本サイトのデザインと異なった表示をしてしまうことがあります。
トリップアドバイザーを快適にご利用頂くために、以下のブラウザを推奨します。
Windows: Internet Explorer, Mozilla Firefox, Google Chrome. Mac: Safari.
最新の口コミ。 最安値。ホテルを予約するには最適なサイト。

Palace of Tears

エリア:
ミッテ
地図
衛星写真
地図の更新が中断されました。 ズームインして更新情報を確認します。
ズームをリセット
地図を更新しています...
周辺地域
周辺地域
行き方を確認
住所: Reichstagufer 17 | Mitte, 10117 Berlin, Germany
電話番号:
+49 30 467777911
サイト
本日
午前 10:00 - 午後 6:00
営業中
時間帯をすべて表示
営業時間:
火 - 金 午前 9:00 - 午後 7:00
土 - 日 午前 10:00 - 午後 6:00

トリップアドバイザー 口コミ投稿者のおすすめ

1,406 件の口コミをすべて表示する
訪問者の評価
  • 124
    とても良い
  • 62
    良い
  • 11
    普通
  • 2
    悪い
  • 0
    とても悪い
壁のあった頃の生活

壁崩壊のずっと前に地下鉄で西ベルリンからここFriedlichstr.に到着して地上に出た時の不安な気持ちがよみがえってきた。

2016/07/29に投稿しました
Nagomi
,
横浜
写真を投稿 口コミを書く

トリップアドバイザー コミュニティに寄せられた
1,406 件の口コミ

旅行者の評価
旅行者のタイプ
時期
言語
  • その他
絞り込み: 日本語
横浜
レベル の貢献メンバー
143件の口コミ
観光名所についての 64 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 67人が「役に立った」と評価
2016/07/29に投稿しました

壁崩壊のずっと前に地下鉄で西ベルリンからここFriedlichstr.に到着して地上に出た時の不安な気持ちがよみがえってきた。

役に立ちましたか?
ありがとう、Nagomi
川崎市, 神奈川県
レベル の貢献メンバー
107件の口コミ
観光名所についての 64 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 54人が「役に立った」と評価
2016/04/02に投稿しました

ここもドイツが東西に分断されていた当時の国境の様子を後世に伝えている。先生に引率された小学校の生徒も大勢来ており、生きた社会科の勉強をしている。 ドイツは過去の歴史を隠さないし、国家予算を投じて維持管理を行い無料で誰にも無料で開放しているところが素晴らしい。

役に立ちましたか?
ありがとう、Kunibert_j
レベル の貢献メンバー
333件の口コミ
観光名所についての 115 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 107人が「役に立った」と評価
2016/03/22に投稿しました

Sバーン、フリードリヒストラッセ駅のすぐ横にあります。通称「涙の宮殿」です。西側の人が東へ入るためのパスポートコントロールの再現や、壁ができた当時の東と西を、それぞれの視点で映し出している貴重なニュース映像などもあります。 英語が得意な人は大丈夫ですが、苦手な人は現地に住んでいる日本人ガイドさんに案内をお願いすることをオススメします。理解が何倍も深まります。

役に立ちましたか?
ありがとう、みねじろう
埼玉県
レベル の貢献メンバー
28件の口コミ
観光名所についての 21 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 10人が「役に立った」と評価
2015/08/16に投稿しました

フリードリヒシュトラーセ駅の北側に、かつての東西ベルリンの出入国ポイントが保存されている。それがこの「涙の宮殿」である。日本人の間ではあまり知られてないが、ここはベルリンを訪れたら是非行って見てもらいたい。展示は無料だが、手荷物はロッカーに預ける事になっている。写真撮影可だがフラッシュ禁止。展示は見応えあり、ドイツ人は涙をこらえられない場所である。

役に立ちましたか?
ありがとう、KIMSAN338
東京都
レベル の貢献メンバー
361件の口コミ
観光名所についての 184 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 238人が「役に立った」と評価
2015/07/25に投稿しました

ベルリン観光では、過去の再認識を避けては通れません。 ドイツは過去の過ちをしっかり受け止めて、再度起こさないように戒めているのが素晴らしいと思います。この博物館も、歴史を学ぶ上で非常に勉強になります。 お勧めです。

役に立ちましたか?
1 ありがとう、Bonheur01
関東地方
レベル の貢献メンバー
55件の口コミ
観光名所についての 19 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 31人が「役に立った」と評価
2015/02/26に投稿しました

歴史を勉強するには良い場所だと思います。英語の解説しかありませんが、だいたい意味は分かりました。ただし、観光旅行にしては気分は重くなります。

役に立ちましたか?
ありがとう、penta-san
横浜市, 神奈川県
レベル の貢献メンバー
600件の口コミ
観光名所についての 364 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 231人が「役に立った」と評価
2014/11/30に投稿しました

無料の施設ですが、見どころがたくさんあり、また歴史的に重要なものが保存されており、一見の価値はあると思います。ここをみると、戦争の悲惨さが伝わってきました。是非見てほしいと思いました。

役に立ちましたか?
ありがとう、うーちょりん
ベルリン, ドイツ
レベル の貢献メンバー
36件の口コミ
観光名所についての 13 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 14人が「役に立った」と評価
2014/11/13に投稿しました

昔、東西が分断されていた時代、西の人たちはここでパスポートにビザをもらい東の人に会うための電車に乗ることができた場所。 当時のビザ発行場所もそのまま展示されており、無料で入れるためぜひ立ち寄ってほしい。

役に立ちましたか?
ありがとう、lyra0722
福島市, 福島県
レベル の貢献メンバー
808件の口コミ
観光名所についての 255 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 287人が「役に立った」と評価
2014/09/10に投稿しました

ナチス時代の遺品、軍服、看板、道路標識などみるべきものが多いです。ベルリン(あるいはドイツ一般)はFree of chargeが多いというよりいたるところにこのような施設があります。さらにショッピングモール(ポツダムプラッツ)の中にも 戦争を忘れさせないモニュメントが一般公開されていますからショッピングと観光が一度に? 楽しめてしまいます... その他 

役に立ちましたか?
ありがとう、kikuc007
大阪市, 大阪府
レベル の貢献メンバー
1,393件の口コミ
観光名所についての 1,297 件の口コミ
common_n_attraction_reviews_1bd8 160人が「役に立った」と評価
2014/06/15に投稿しました

駅から近く、ガラス張りの建物です。トポグラフィー・オブ・テラーと同様に、こちらもまた無料の施設です。無料とはいえ、十分な情報量もあり、見ごたえがあります。考えさせられところも多く、思いが伝わってきます。ぜひにとおすすめします。

役に立ちましたか?
ありがとう、まるん

Palace of Tearsに行った事がある方は、ぜひ口コミを投稿してください。

ANA の矢印
口コミを書く 写真・動画を追加する

これは貴施設のトリップアドバイザー掲載ページですか?

この施設を所有または管理していますか? 貴施設を無料でご登録いただくと、口コミへの返信や貴施設のプロフィールの更新などが可能になり、活用の幅がぐんと広がります。

貴施設を登録する

Q & A

以下は、以前の訪問者が尋ねた内容で、Palace of Tearsの代表者および他の訪問者からの回答もあります。
6 件の質問
質問する
不明点がある場合は、 Palace of Tears のスタッフおよび過去の訪問者に尋ねてみましょう。
投稿ガイドライン
よくある質問:
  • 乳幼児もチケットを購入する必要がありますか?
  • 公共交通機関を利用する場合の行き方を教えてください。
  • 現地にレストランまたはカフェがありますか?

ミッテでの宿泊

周辺地域のプロフィール
ミッテ
ベルリンの中心部ミッテには、ブランデンブルク門、アレクサンダー広場、ムゼウムスインゼルといった観光名所が勢ぞろい。中心地にあるため、ベルリンで最も生活費の高いエリアです。街で最古の遺物を見つけられる場所でありながら、著しい変化の跡も見て取ることができます。ギャングがアレクサンダー広場とハッケシャー マルクトの間の貧困街を牛耳っていたのは昔の話。今ではお洒落なブランド服や最新の人気グルメを探したり、あちこちにある工芸品店に出入りしたりする各国からの観光客で賑わっています。かつては裏庭の納屋や馬小屋だった場所もグラフィック デザイナーが使用中。それでも、昔の名残はいまだに感じられます。時折見かける集合住宅はかつての面影。目を凝らせば、アートギャラリーと展覧会が軒を連ねているアウグスト通りで、1920年代の古いダンスホールを見つけることができるでしょう。そこでは、クラシックなダンスの仕方を教えてくれます。
この周辺地域をチェックする